上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一緒にかえろう(1)

まんがタイムファミリーにて連載中の4コマ漫画が単行本化。
ちょっとガサツな女の子・時沢春は、小学4年生の時に出会った近藤詩緒に一目惚れ。詞緒が引っ越してしまった後も文通を続けていたところ、詞緒がまた春の近所に住まいを移すという手紙が届きます。どんな男の子になったのかな、と6年ぶりに再会してみると、何と詞緒は胸の大きな女の子だった……といった具合に始まるお話。一言しておくと、詞緒が女の子になっちゃった!というTSものではありません。

試読はこちらで。

少しずつ形を変えていく、少年少女の友情・恋愛模様

詞緒は口下手だったり泣き虫だったりする上に、転校が多かったせいか人間関係の形成に関しては非常に不器用。春が通う高校に転校してきた当初は、春以外のクラスメイトに対してはポーカーフェイスを保って、「キツイ」イメージを持たせてしまうような女の子なのです。
そんな彼女ですが、春に励まされ、春の幼馴染である真名にも守られ、伊藤(クラスの男子)に他のクラスメイトとの橋渡しをしてもらい……と、色々な人の好意や偶然の助けを得て少しずつ前進し始めます。1巻終盤に訪れる春との喧嘩の際、自宅に引きこもっていただけでは事態は好転しないと一念発起して学校へと向かう彼女の姿に、序盤とは明らかに違うある種の強さが見出せ、何となくホッとしてしまったのは僕だけでは無いと思いたい。

一方、そんな詞緒の支えとなり彼女を引っ張っていた春も、詞緒との友情を育んでいく中で、少しずつその心情を変容させていきます。その様子がよく分かるのが、上でも触れた2人の喧嘩。正確には喧嘩というか、春が一方的に詞緒に対してそのワガママをぶつけてしまうというエピソードなんですが……事の発端を客観的に見ると、伊藤と詞緒がやや仲良くなった悪くないシーンなので、ここでの春は自分勝手にも思えます。
ですが、その感情の爆発が突然のものなために目立ってしまう違和感とワガママっぷりを置いておいて、よくよく考えてみると、詞緒が周囲に溶け込み始めていく様子を横でずっと見ていた春は、嬉しさだけでなく相当な寂しさも感じていたはずなんですよね。となると、春の胸に蓄積されていた想いは相当なものだったろうし、そこで抑え切れなかった激情を詞緒にぶつけてしまったのも仕方無いのかなあと思わないでも無い。
最初は春以外に頼るどころかきちんと喋ることができる相手すらいなかった詞緒が、ほんのちょっとしたことで泣き出してしまった詞緒が、そして6年間ずっと2人だけの関係を作ってきた特別な相手であるはずの詞緒が……なんて具合に春の胸中を想像してみると、あんまり悪く書けないんですな。

勿論僕なんかより春のことをよく分かってる詞緒はその辺りの事情をきちんと察し、そんな状態を作り出してしまった要因が自分の依存にあったことを反省する姿を見せてくれます。そこに、2人の関係性はやっぱり特別なものなんだと感じさせるものが確かにある気がしました。
春から詞緒への、詞緒から春への「一緒にかえろう」という温かで切実な気持ちに溢れた1巻終盤は個人的にはかなり読み応えがあったなあ。

ところで、この作品の面白さは春と詞緒の関係性だけでなく、それを中心にして広がっている人間模様にもあるように思います。なもんで、小見出しを上のようにしたわけです。
詞緒の本当の笑顔が見たくて悩む少女・真名。
詞緒に惚れ、何度も後退しつつもじっくりと距離を縮めているようにも見える少年・伊藤。
そんな伊藤を密かに思っているような様子を見せるのは、詞緒に誰よりも辛く当たろうとし、周囲に"イジワル"な子として捉えられている少女・杉山。
そして春に好意を寄せており、1巻ラストにはちょっと暴走気味の行動をとって次なるトラブルを生み出してしまった少年・葉月。
それぞれが皆、何とも不器用で、行き当たりばったりなところがあって、時には誰かを傷つける。いやはや、こうも愛しくなる面子が揃っている4コマは、個人的には久し振りです。なかなかお気楽に笑えるシーンがちょこちょこあったりするのも、彼らの日常生活に浸らせてくれる感じで嬉しい。



ちなみにこの作品、百合成分もほんのりと入っています。12日発売のつぼみにゲスト掲載されるそうなので、百合好きな方がそちらを見て『一緒にかえろう』の単行本に手を伸ばしてくれたらいいなあ。

矢直ちなみ先生のサイトはこちら→"雨告鳥"
スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
ひかるファンファーレ(2)

まんがタイムジャンボにて連載していた4コマ漫画の単行本。
とある高校の吹奏楽部を舞台に、ちっちゃな女子高生・ひかるが、不釣り合いな程に大きな楽器・チューバ片手に奮闘する様子が描かれている作品です。

試読はこちらで。

チューバと言う圧倒的な存在感を誇る楽器を、かなり小さな女の子であるひかる(彼女がその気になれば、チューバの陰にすっぽりと隠れる事だって出来ちゃうぐらいに大きさに差があるのです)が苦労して扱っている姿が、何だかちぐはぐでとても可愛らしい。
普段の不人気ぶりとは反対に、写真撮影の際には、一緒に写ると小顔に見えるから、肘置きになるから……なんて他の女の子達もチューバをちやほやするわけですが、普通の女子が小顔に写ったところで、小柄なひかると巨大なチューバの組み合わせの前には無力……なんて思わせる程に、チューバを抱えたひかるはキュートなんですね。

そんなひかるですが、彼女の魅力はその可愛らしさだけではありません。
チューバを上手く操れるように日々頑張ったり、その頑張りの中でチューバへの愛情を育んでいったり、とても努力家なんですよね。彼女のそのひた向きさは、僕にとっては馴染みの無いはずのチューバを、何となく身近なものであるかのように感じさせてくれます。読み進める内に、触れた事も無い無機質な巨大金管に愛着すら湧いてきてしまったのは不思議。
所々で、チューバの不便さやら何やらにも触れていて(例えば、その重さのせいで、女の子であるにも関わらずひかるが妙に力持ちになってしまって、そのことで軽く悩んだり……)、チューバが手放しで素晴らしいもののように描かれているわけではないので、ひかるはそんなチューバにどうして夢中になれるんだろう、なんて具合に興味がそそられるというのもあるのかもしれません。

さて、この作品は吹奏楽部そのものを描いた話でもあるので、そこには勿論チューバ以外の楽器を担当する生徒達がいます。その中でも特に出番が多く与えられていて、単行本のキャラ紹介表にも載っているのが以下の4人。

部のアイドル的存在、アルトサックス担当の結衣。そんな彼女はいわゆるちょい腹黒系キャラなんですが、ひかるとは結構仲良くやっていて、微笑ましいシーンもちらほら。

結衣をライバル視していて、田舎から彼女を追ってきたホルン担当の亮子。結衣が田舎では怪力で恐怖を撒き散らしていただとか、本当は腹黒い性格であるだとか、そういったことを知る彼女は、何かと結衣の優位に立とうとしますが、一枚上手な結衣には歯が立たず……ちょっと応援したくなる、なかなか可愛い子です。ちなみに自分では気付いていないみたいだけど、胸は結衣よりかなり大きめ。そうか、ホル(スタイ)ンってことかとか考えた僕は最低ですね(←×

モテたい願望が強めなお気楽娘、トランペット担当の真紀。吹奏楽部に入ったのも、ある種のステータスのためなんて発言をしちゃう彼女ですが、割とアホっぽいので憎めないキャラに仕上がってます。2巻ではやや出番が少なめ。

吹奏楽部の星、トロンボーン担当の黒田くん。ひかるが憧れる奏者の息子。卓越した実力の持ち主でありながら、どうして普通の高校の吹奏楽部に所属しているのか……という謎は今巻で明かされます。ムード演歌が好きだったり、花見に抹茶を点てる道具一色を持参してきたりと、渋い趣味が魅力的。

僕は音譜を読む事すら出来ない類の人間なので、以前は音楽を扱った作品には興味が無かったんですが、最近はこの『ひかるファンファーレ』を始め、僕の心をくすぐる漫画が出てきて、ちょっとその手のジャンルにも関心を持つようになってきました。まあさすがに、今更何かしら楽器に触ろうと言う気力はありませんが……



田川ちょこさんのブログはこちら→"CHOCOCHI"
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
アサヒ!~動物園に行こう~(1)

まんがタイム・タイムオリジナルの2誌で連載されている4コマ漫画の単行本。
動物園の飼育員を務めるあさひ(表紙の女性)と、彼女の飼育によって人語を操れるようになった動物達の毎日をコミカルに描いている作品です。

試読はこちらで。相も変わらず、「試し読み」のタブをダブルクリック必須?

動物園で産まれ、あさひに飼育されてきた動物は全部で4匹います。
誇り高い(?)ライオンの太郎に、食いしん坊ででっぷりと肥えているカバの次郎、甘えん坊なコアラの三郎、控えめなキリンの四郎。単行本に収録されている最初の話で、各々が育ての母であるあさひをどう呼んでいるかに端的に性格が表れている感じ。おふくろ、母ちゃん、ママ……ちなみにここでコマの狭さの問題かそれとも控えめな性格ゆえか、四郎だけ何も喋ってないんですが、彼はあさひをお母さんと呼んでいます。

この4匹とパンダの竹之助(彼はあさひに育てられたわけではないので、人語を扱えないように見えます。あさひとの意思疎通も、三郎を介してのものですし……)が主な登場動物。

そんな中でも僕が好きなのは、ライオンの太郎。誇り高き百獣の王であるはずが、まあ何とも情けない姿をたっぷりと見せてくれるのです。
例えば、檻の前を通った女の子達がコアラが可愛かったなんてはしゃいでいるのを見るだけで、「飯いらねぇ」といじけてしまうその姿は、とても百獣の王のそれには見えません。もっと強くあってもいいんじゃない?
なんて思っていると、あさひに「太郎の魅力は強くてかっこいいところよ」と慰められている最中にも、通りすがりの男の子達が「カブトムシどこ?」「強いカブトムシ」と尋ねてきたりするわけです。そんな状況を見ていると、彼が凹んでしまうのも無理はないか、と同情を禁じ得ません。確かにカブトムシも強くてかっこいいけども、目の前にそれよりスケールが大きいライオンがいるんだから、ちゃんと見て歓声を上げておあげよ少年達(p.4)。

ただ、同じ日本産まれということで親しみを感じてくれた女の子に「かわいくみえてきたー」なんて言われるだけで、喜びを隠し切れず頬をぽっと染めたりする単純かつ可愛いところがあるし(p.67)、更には花火の音にびっくりして何とも可愛らしい叫びを上げる小心者だったりもするので、やっぱり「強くてかっこいい」ライオンとして人気が出るのは難しいかな、と思わないでもないです。

動物以外では、あさひの友人である月子というキャラの出番が多め。
彼女は合コンが好きで、動物園帰りのあさひにお洒落させる暇を与えず連れて行こうとしたり、知り合った男性にフラれた時の保険として旅行のスケジュールをあさひに知らせておいたりと、何かとあさひを振り回します。そのあさましい姿は、割とシンプルな思考で親しみやすく描かれている動物達との対比で、人間の汚い姿を(ry
冗談はさておき、あさひもイケメン好きでかなり軽いところもあったりするので、通ずるものがあるのかな。何だかんだで仲が良さそうで微笑ましい……かもしれません。



途中まで書いてあったのに、仕上げるのをすっかり忘れていた感想記事でした。太郎以外の動物も何かと笑いを提供してくれます。割とオススメです。

吉田仲良先生のブログはこちら→"吉田仲良の備忘録"

ちなみに、livedoor デイリー4コマで吉田仲良先生の4コマが無料で楽しめます。気になっている方はそちらでチェックしてみてはいかがでしょうか。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
ヒツジの執事

まんがタイムジャンボにて連載されていた漫画の単行本。連載時の『子うさぎ月歴』というタイトルから、『ヒツジの執事』に変更されたよう。
月面にある巨大なお屋敷で働く羊の執事・サフォークさん(表紙)の多忙な日々を描いている作品です。改題後の方が手を伸ばしやすい(内容が何となく想像しやすい)タイトルと言えないこともないので、まあタイトル変更も仕方ないのかな。

試読はこちらにて。

サフォークさんは、業者の出入りのバイトをしていたところを先々代の主人に見出され、大学卒業後に執事として抜擢され3代にわたり仕えている身。月にある大学の中でも特に優秀な大学に通っていたらしく、非常に有能なのでお屋敷のあれこれを切り盛りしています。

さて、元のタイトル『子うさぎ月歴』からも分かるように、サフォークさん以外にも重要なキャラクター「小うさぎ」が登場します。
それが、お屋敷の当主であるミニ様。赤ん坊にして既に両親を事故で亡くしているという妙にシリアスな設定の持ち主ですが、お屋敷に勤めている優しさに溢れた人々に囲まれてすくすくと育っています、多分。

そんなミニ様はサフォークさんの羊毛が大好きで、ぐずっている時でも彼の毛に埋もれれば、それでピタッと泣き止んでしまいます。とはいえ幼少時から大量に毛を吸い込んでしまうとアレルギーになってしまうわけで、それを見た女中頭のミセスコリー(独身。サフォークさんの片恋の相手)が考えたのが、サフォークさんの毛をすっかりと刈ってしまうこと。その結果が単行本裏の4コマですね。
ある意味では裸一貫になったサフォークさんの寒そうな姿がツボに入ってちょっと笑ってしまいました。ちなみにそこには「中身もさることながら外見も… 高品質です」なんて書いてあります。高品質な中身……そういえば、ミセスコリーも彼女の下で働くメイドも犬なんですよね。肉質なんだろうなあ……

なんて具合に、心温まる(?)エピソードと共に描かれていく人間関係が楽しめる4コマ漫画でした。クスリと笑える点もちょこちょこありますし、サフォークさんとミセスコリーの繰り広げる、一歩間違えると食物連鎖関係になりそうなラブコメもなかなか面白い。
更にSFチックなガジェットもそこかしこに配置されていて、それを探すのもイイかも。個人的には、新人メイドの平木さんの初登場シーンには笑わせてもらいました。フラットウッズ・モンスター(オカルト好きなら誰もが知っている、3メートルのアレです)がメイドって、また何とも大らかなお屋敷だなあ。

ところでアンサイクロペディアの項目が面白いです("とまかれのにき"さん参照)。
単行本になるまで紆余曲折あったんですねえ。こういうこともあるから、4コマ誌は捨て辛いんですよね。僕なんかはほんの数冊しか購読してないんでまだマシですが、目ぼしいものを全部買ってる人なんかは大変そう。
ところで、『新釈ファンタジー絵巻』の2巻はいつになったら(ry
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
ちょー!えど幕末伝

まんがタイムジャンボで連載されていた作品が単行本化。
江戸幕府による統治が400年続いたifの世界で、ペリーや龍馬がもし女の子だったら……といった感じの、コメディ仕立ての4コマ漫画です。

試読はこちらで。このダブルクリックしないと飛べない仕様は、どうにかならんのかしら。

鎖国の時代が400年以上続く、とある島国が舞台。
色々と技術は発達してるんだけども、思想や制度は旧体制のものを引きずっている社会がコミカルに描かれています。風刺とかそういうのではなく、本当にただ単純に面白く。
随所に見られる固有名詞がまた単純なんですが、下らなくてイイんですよね。"えど急ハンズ"だとか"えど空の木塔"だとか……まんまじゃねえか(笑

ただ単に笑えるだけでなく、ifな世界ならではの、想像を掻き立てる作りがしっかり楽しめるのもこの作品の魅力なんじゃないかと思います。
例えば幕府と藩の関係性は保たれたままなせいか、地域の格差が著しく、携帯電話やパソコンといった道具が普通に登場する一方で、文化の中心地である"えど"から遠く離れた地の人間の中には、未だに携帯から発される電磁波だとか写真撮影への恐怖が残っていたりもして、確かにこういう事態もあり得るのかもなあ、なんて笑いながらも唸らされたりするわけです。
そういう意味では、作中の所々に現れる「現実世界との差異」が生まれた原因や、そこに至った流れなんかに思索を巡らせるのもなかなか楽しかったりします。妄想好きな方にはこのゆるーい世界観はオススメ。

と書いてはみましたが、この作品最大の魅力は可愛いキャラなので、そういった脳内補完には興味ないよって方にもオススメです。
歴史上の人物の一般的なイメージを基にして大胆に女の子化しながらも、その原型を微かに残してはいるのが親しみを持ちやすい理由なのかな。坂本リョーコは異国や外界のことに興味津々で、土方トシコはややキツイ性格ながらも部下をまとめ上げる器量の持ち主で……
これでもか!ってぐらいにステロタイプな方言も、のんびりとした世界観にマッチしていて、何だか愛らしく思えてきたりします。まあ西郷さんは「もす」「もす」言い過ぎですが(笑

個人的には、完全に家出少女的な扱いの坂本リョーコが好み。
ウェービーな髪型といい、故郷の姉が大好きなところといい、「それっぽい」感じが非常にグッドです。その一方で"メリケン"から密輸してる商品がスイーツだったりする辺り、女の子らしくて可愛いんですね。

そんなこんなで、1冊で終わってしまうには勿体ないなあ、と感じさせる作品でした。



みずなともみ先生のサイトはこちら→"OMOTORO ROOM"
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。