上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『見かけの二重星』第2話目当てで、Kissの最新号を買ってきました。『見かけの二重星』以外の作品も楽しく読めるものが多くてありがたいです。この雑誌に掲載されているとは知らずに、単行本を買っていた漫画もありました。

というわけで、短めに感想を。

・『見かけの二重星』/つばな(#2『二重登校』)

今回もセンターカラー。こうやって大きな画で見ると、綾子のビジュアルは金やんに近いですね。

中身は金やんに比べると少しばかり抜けてる感じ。今話ではサブタイトル通り、分裂してしまった2人の綾子が一緒に登校してしまったり、それを友人に突っ込まれた際に「コイツはにせものだ!!」なんて変なごまかし方をしてしまったりと、彼女のキャラクターがちょっとずつ掴めてくる展開が繰り広げられていました。ただ、作中で彼女が心配しているように、2人に分かれたことで注意力なんかも半分になってるんだとしたら、仕方が無いことなんだろうな。
ところで、本当に能力も分割されてしまうんだとしたら、人手が足りないという理由で自らも分裂した物質転送機の制作者の頭は残念なことになってしまうわけで、そうしたら研究とか上手く進まなそうで大変だなーとか思ったり思わなかったり。

そういえば少女漫画らしく(と言ってしまえる程、その手の漫画は読んでいませんが)、この作品には恋愛要素も絡んでくる様子。今話では、綾子が同じ放送部である道川先輩に淡い恋心を抱いていることが明らかになるわけです。道川先輩も綾子のことを意識しているようで、休日に映画観覧の誘いを口にしてみたりで、相思相愛っぽい感じ。
ここで問題になりそうなのが、もう1人の綾子はどうなるの?という点。デートの約束に舞い上がる綾子は道川先輩に「明日の私には秘密にしててもらえませんか?」なんて口止めまでして、もう片方の綾子にはこのことを伏せるわけですが、実際に出かけるに当たって上手く彼女を足止め出来るのかな。仮にそれに成功しても、道川先輩との関係が進展していけば、遅かれ早かれバレてしまうと思うんですよね。こういうのも三角関係といえば三角関係なんだろうか……恋のライバルは自分か。

話の本筋とはあまり関係ありませんが、綾子の友人の雪ちゃんがとても可愛らしい。
綾子が片方の綾子を指して(ややこしいですね)偽物だ、とわけの分からん発言をしているのを受けて、「これが話にきくオレオレ詐欺ってヤツなのっ!?」なんて更に輪をかけて間の抜けた台詞を口にする、ちょっと天然な感じの女の子です。
ややふっくらめした顔と、毛先が丸みを帯びたボブ(で合ってるのかな)の髪型、くりっとした瞳がとてもいい具合にマッチしていてビジュアル的にも推せるんですね。制服のネクタイをゆるめず、きちっとしているところも微妙に真面目そうで良い良い。カラーでの登場を祈ります。

更に本筋から離れますが、『第七女子会彷徨』の美球高校には制定の通学鞄らしきものがありますが、こちらではどうなのかな、というちょっとした疑問が湧きました。綾子と雪ちゃんの持っているものが違うんですよね。

この第2話を読んでいて、ふと藤子・F先生の『ふたりぼっち』で、恋愛であったり運動であったりでパラレルワールドを行き来出来るもう1人の自分と差別化を図っていくような展開があったことを思い出しました。
全集を購入する際の足しにしようとPERFECT版を売ってしまったので、タイトルが思い出せず難儀した……うぅ、今からでも買い戻したい……

関連:『第七女子会彷徨』感想(1)
スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
『ささめきこと』の番外編が掲載されているということだったので、"コミックフラッパー"(2010年1月号)を購入してきました。
番外編(そのEx)に登場するキャラクターは、映画研究部に所属している2人の2年生女子、一之谷綾奈と老松のどか。純夏達の1つ上の先輩にあたるわけですね。

脚本作りが上手く行かなかったり何だりで悩む綾奈と、その脚本がコンペを通り映画研究部で撮影する新作に選ばれたりでとんとん拍子なのどか。綾奈はそんなのどかに対してある種のコンプレックスを抱いているわけですが、当ののどかはそれに気付いているのかいないのか……といった感じのお話です。

百合らしさがやや控えめな分、魅力的な青春グラフィティに仕上がっているように思いました。純夏達の物語に区切りがついたら、こんな感じで色々なキャラにきちっと焦点を当てた、梅枝高校における群像劇を読んでみたいなあ。
ちなみに、ちょこちょこと本編のキャラが登場しているため(というか、汐が腕を吊っているため)、いつ頃の話かってのが何となく分かるようになっています。

関連:『ささめきこと』感想(3)(4)(5)



そういえば、フラッパー賞受賞作の『古本の君』(/佐藤宏海)という漫画が良かったです。
匂いに人一倍敏感な高校生・犬丸くんが古本屋で見つけた『蒲団』の文庫本(このチョイスの時点でちょっとエロイ)には、妙に彼を惹きつける残り香が。その匂いが気になって気になってたまらない彼は、その日は一睡もできない程に本の売り手に焦がれてしまいます。そして翌日から、その本と香りの持ち主である"古本の君"が誰であるかを探ろうとするわけですが……といった感じの、コメディ仕立ての青春モノです。

絵も漫画も割とシンプルで読み易い上に話も面白かったので、早く次の作品も読みたいところ。
佐藤宏海さんのブログはこちら→"パールブログ"



で、タイトルにある通り"Kiss"(2010年第1号)も購入しました。正直な話、女性向けコミック誌の付近をうろちょろするのは辛かった。立ち読みしていた女子高生を避けるように本棚をイジっていたので、もう完全に不審者状態だったことでしょう。

お目当ては、つばなさんの新作『見かけの二重星』。表紙にはSF(少し不思議な)新シリーズなんて書いてあったので何となく予想はしてましたが、今のところは『第七女子会彷徨』から百合っぽさを除いただけなので、そちらのファンなら楽しめるんじゃないでしょうか。男性キャラの出番が多くなりそうなのも、ちょっと違うといえば違うかな。

話としては非常にシンプル。
物質転送機なるものの実験(の失敗)によって、姿形から記憶まで全てが一緒な「もう1人の自分」が生まれてしまった女子高生・綾子が主人公のSFコメディってところでしょうか。
最初はその事実を隠そうとしていた彼女達ですが、結局すぐに両親に事情を打ち明けて2人一緒に生活するというのはちょっと面白かった。『第七女子会彷徨』の金やんと高木さんにもいえることですが、根が割とお気楽なんですよね。
そんなにウジウジしないというか……金やんと高木さんは2人揃うことでそういった「強さ」を保っている(ように見える)わけですが、本作の綾子は同じ悩みを抱えることができる「自分」がすぐ傍にいることが、精神的な「強さ」に繋がっているのかもしれません。

ところでタイトルにもなっている「見かけの二重星」ですが、これは「ごく接近して2つの星が並んでいる一対の星」の内、「偶然同じ方向にあるため見かけ上かさなって見えるだけの」ものを指すんだそうです(こちら("星みに いこてば"様)を参考にさせていただきました)。
2人の綾子は実際に重力で結びついて互いにその周りを公転している「連星」ではなく、あくまで見かけ上重なっているだけである「見かけの二重星」……だとすると、ぱっと見では分からないような距離が彼女達の間にはあるのかもしれません。今後、2人の差異みたいなものも出てきたりするのかな。
とにかく次の掲載(4/10発売の第8号に載るそうです)が楽しみです。

関連:『第七女子会彷徨』感想(1)
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。