上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆゆ式(2)

まんがタイムきららにて連載中の4コマ漫画の単行本、待望の2冊目です。
ゆとりに溢れた女の子3人組の日常生活を描いた作品で、個人的にはとても好き。なんですが、どうにも感想とか書き辛い……というのは1巻の感想記事でも言ったな。まあそういうことです。

試読はこちらで。

巻頭のカラーページが特にお気に入り。
ダジャレがスベってしまった後に恥ずかしそうに赤面しながら、「なんつって」なんて誤魔化そうとするゆずこが何とも可愛いんですな。スベってから「なんつって」までの、すっかり会話がなくなってしまった空間も、別に居心地悪いということもなさそうで何だか羨ましい。そのままずーっとぼんやりしてるだけでも気持ち良さげ。まあこの3人が(特にゆずこ)いつまでも黙ったままなんて無理そうですが。
「なんつって」の後、それまでの空気がスパッと立ち切られていて尚且つ、「なんつって」以前と同様にお喋りが再開してしまうのも、3人が作る空気ならではなんじゃないかなあ。誰かがちょっとアレな発言した後って、そのスベリを無視してしまったり、少し間を置いて会話を始めても、元の空気を醸成するまでに微妙に時間がかかったり……といった状況になることもあるかと思うんです(もしかしたら人とのコミュニケーション能力の低さに定評のある僕だけかもしれませんが)。だけどこのシーンではそんなこともなく、ゆずこの残念っぷりを受け止め、それをネタに昇華していく彼女達の一体感みたいなものがそこに感じられるんですよね。
更には「なんつってっつっちゃった」を巡るやり取りも、もうたまりません。もうニヤニヤが止まらなくて大変です。

上に書いたことを簡潔にまとめてしまうと、性格もビジュアルも全部ひっくるめて「可愛い」女の子達が、仲良く楽しげにお喋りしてるのを外野から眺めてるのって幸せだよね、というお話です。
そういえばこの手の4コマ漫画に対しての「4コマである意味が無い」という発言がたまに聞こえてきますが、愛らしい彼女達のキャッキャウフフ(百合的なものに限らず)を楽しむのに、4コマ以上に適した形式ってなかなか無いんじゃないかと思うんですよね。
コマ割が一定だからこそ、基本的には各々のコマの持つ特殊性や時間の流れを気にしなくてすむし、ページの随所の描き込みに意味を見出せなくても問題ないし(狭いコマの中に色々な遊びを配置してる作品もありますが、まあそれは少数に止まるんでないかと)、大ゴマが無いんで少ないページ数でも密度の高いお喋りを楽しめるし。
起承転結がどうたらという趣旨での発言だとしたら、別にいわゆる萌え4コマ(の定義がどういうものなのかよく分からないけど)以外にも、色々な先人がオチなし4コマを描いてるんだし気にすんなよ、と思わんでもない。いしいひさいち先生とか、時々ホントにわけ分からんものを新聞なんかに載せてましたし……とここまで書いたはいいけど、全然『ゆゆ式』に関係ないこと言ってますね。関係ないついでに、この手の話題(をもっと発展させて、真面目に考察しているもの)は、大手4コマブロガーさんや批評をやってる方が面白いこと書いてたりするんで、探してみると楽しいですよ。

閑話休題。
今巻には、唯に興味を持ちつつも、ゆずこや縁がちょっと苦手なためになかなか接触できない相川さんや、そんな相川さんの友人である岡ちーの出番がちょこちょこと。唯と会話をしていても、ゆずこ達が駆け寄ってきたら逃げ出してしまう相川さんの容赦なさは笑えてきます。
ただ個人的には、そんな相川さんよりも岡ちーの方が好きかな。相川さんが唯に興味を持ってちょくちょく話しかける様子を見て、唯に「ウチの相川をあんまとんなよ……」なんて念を送ってたり(多分、さすがに口に出してはいないとは思います)、クリスマスは「相川らと出かけるんだ」とわざわざ教えたりと、相川さんのことが好きなんだなあというのがよく分かる、そのシンプルな行動が可愛らしい。
また、彼女のそんな言動を見ていると、『ゆゆ式』の世界には当たり前だけどゆずこ達以外にも仲良しグループがちゃんとあって、日々を面白おかしく過ごしているというその事実がはっきりと感じられて、何だか嬉しくなってきてしまうのです。

そうそう、試読でも分かるように、僅かながら百合っぽいイチャイチャもあったりするので、そういった要素が好きな方にも割とオススメです。主に唯が受けだよ!



三上小又さんのサイトはこちら→"こまたのいえ"

関連:『ゆゆ式』感想(1)

スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
Aチャンネル(1)

まんがタイムきららキャラットにて連載中の4コマ漫画が単行本化。
時にはパンツを穿き忘れちゃうくらいの天然娘るん、そんなるんにベッタリな無愛想ちびっ子後輩のトオル(表紙)、スタイル抜群で関西弁と色々な武器を持ちながら妙に弱気になりがちなユー子、ツッコミ担当で常識人なんだけど暑さ寒さの前ではすっかり役立たずなナギ。そんな4人の女の子のハイスクールライフを描いている作品です。

試読はこちらで。
また、マグマニ内の"きらら情報局!!"に、本作の出張版である『Mチャンネル』という作品が掲載されています。雰囲気を掴むにはもってこいなので、気になる方はこちらも併せてご覧になって下さい。

とにかく、るんの天然っぷりがヤバイ。特に寝起きは本当にダメダメです。もう天然とかいうレベルをとっくに通り越して、頭のネジが数本抜け落ちてる感じ。何処かから電波を受信してそれに従って動いてるとかいわれても、僕は納得します。
上にも書いたようにパンツを穿き忘れて登校したり、外にいるトオルに身を乗り出して手を振り返している内に教室の窓から落ちそうになったり(そのシーンは試し読みページで読めます)、雪が降ると聞けばシロップを学校に持ち込んだり……と枚挙に暇がありません。
極めつけは、風見鶏にまつわるエピソード。これはその間の取り方だとかるんの表情だとかが非常に秀逸な4コマだと思うので、是非実際に読んでいただきたいんですが、掻い摘んで説明してしまうと以下のようなものです。
寝起きのためいつも以上に頭がぼんやりしたままのるんが登校していると、ひたすら同じ場所で回り続ける鳥の姿が目に入ってきます。「あの鳥さんちょっとおかしい… どうしたんだろう」と心配する心優しい彼女。ですが、実はその鳥は……まあアレです、既に書きましたが風見鶏にまつわる話なわけで、オチはそういうアレです。何といいますか、おかしいのは貴女(の頭)ですよ、お嬢さんなんて感じに笑顔になれる(?)エピソードだと思いました。

そんな具合で1人にしておくと危なっかしくてたまらんるんですが、その可愛さと人当たりの良さのためか、割と人気があります。そうなってくると、るんを食い物にしようとする人間が出てくるかもしれないし、そこまで露骨な悪意に晒されなかったとしても、彼女の身に何か起こるんでないかと不安になってしまうのは、まあ人情でしょう。
トオルがるんにベッタリな理由には、お姉さんのようにるんを慕う気持ちやら何やらがあるんだと思いますが、自分がるんを守らなくちゃ、みたいな意思も割と大きいんじゃないかなあ。

そうそう、トオルに関して個人的に面白かったのが、1人だけ「後輩」なことだったりします。
誰よりもるんのことを心配して、ナイト的役割も買って出ている彼女ではありますが、学年が違うせいで、いつでも傍に控えているというわけにはいかないんですね。だから休み時間や放課後に、時には威嚇のためバットをぶんぶん振りながらるんの元へ駆けてくる。これはもどかしい。
また、トオルとるんの付き合いが最も長いように描かれているわけですが、それもトオルが「後輩」であることを強く感じさせる要素になっているんじゃないでしょうか。
単行本巻頭に収録されているカラーページによると、トオルは長年るんと一緒にいたはずなのに、自身が高校に合格するまで、るんの高校での友人であるユー子・ナギのことを知りませんでした。ずっと一緒にいたはずなのに、実は一緒ではなかった、自分の知らないところでるんにも色々な付き合いがあった。るんだってまだ高校生なんだから、それ程行動範囲は広くないにも関わらず、トオルがどうしてそれを知らずにいたのかといえば、ただただほんの少しの年齢の違いがそこにあったから……というわけです。
トオルは結構嫉妬深いというか、独占欲が強いというか、るんが動物に目を奪われているのもちょっとヤダ、みたいなところがある子なので、これも相当もどかしいだろうなあ。

とまあ色々書いてますが、実は最も好きなのはユー子です。
有事の際の慌て様が大げさだったり、ちょっとしたことで凹んだり、言動が微妙にズレてたり、と彼女自身の性質も僕の心を惹き付けます。その上、トオルには殴られるわ、るんにはホットケーキの生地をぶっかけられるわ、ととにかく受難の日々が続く環境もまた彼女の魅力に磨きをかけていて、もう僕は彼女の虜なわけですよ。
とにかく彼女を応援せずにはいられない。だけど適度にイジられてほしい。難しいところだなあ。

そんな感じで、るんの電波っぷりやら魅力的な女の子達のやり取りやらが楽しい作品ですよ。オススメ。
……ナギについては、どなたか他のレビューサイトの方が触れてくれることを期待して、これにて終了。

黒田bbさんのサイトはこちら→"bb連絡所"
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
一年生になっちゃったら(5)

まんがタイムきららフォワードにて連載されている漫画の単行本。
交通事故に遭う→変態科学者の目に留まる→幼女に改造される……ということで、いきなり小学1年生の女子になってしまった高校生男子・高遠伊織(幼女としては「いおり」と表記されています。表紙・右)の過ごす、エロネタに溢れた2度目の小学生ライフを描いた作品です。

試読はこちらでどうぞ。

いわゆるTS(性転換)コメディです。基本的には笑いとエロが意識されてる作品だと思いますので、社会的な性差とかそういったものは考える必要がありません。勿論そういったジェンダーなり何なりについて考えさせる作品も面白いとは思うんですが、最近頭を働かすことが億劫になってきた僕には、こういう作品のが楽だなあ。

それにしてもいおりは羨ましい。
いおりの中身は高2男子のままではありますが、彼の視線・視点は物理的には小学生女子のそれ。なもんで、小学生女子のブルマ姿なり下着姿なりを、何の障害もなく堪能できるわけです。ただ、彼(女)自身はそのありがたみをイマイチ理解できていないようで、くそっ、その視界だけ僕と交換しろ……なんて言いたくなることも多々あります。

更にこのいおり、高校生時代に想いを寄せていて、現在は居候している草薙家のみくるさん以外の女性には目もくれないので、そこも勿体ない。
今巻に収録されているエピソード内に、大人達の(股の)間をすり抜けてエスカレーターを逆走していくシーンがあるんですが、そこに出てくる大人ってのがスカートを穿いた若い女性なわけです。これはまあお約束ですよね。で、我らがいおり君はそこで上に目をやる素振りも見せずに突っ切っていく……ちょっと待てよ!
ところでどうでもいいことなんですが、このシーンで女性2人が穿いてる下着が妙に派手というか性的というか、そんな感じです。着用してる意味があんまりなさそうだし、露出狂に違いない(←×

さて、今巻では話にちょっとした展開がありました。ひょんなことから、草薙家が人が住める状態でなくなってしまったために、いおりは実母と妹の家に居候先を移すことになったのです。
そこでは今まで以上に「家族」とのイベントが起こるわけですが、そんな中でもいおりにとって難関そうなのが、実母との入浴。実際にそういうシーンも描かれているんですが、その時のいおりの表情のイヤそうなことイヤそうなこと。高2男子が母親と風呂に入るってのは確かにキツイだろうなあ……これが成年コミックならご褒美、というか立派なシチュエーションなんですけどね。

というわけで、今後も続くであろういおりのエロ混じりの受難に期待しつつ、〆です。

大井昌和さんのブログはこちら→"大井昌和の報告"

関連:『一年生になっちゃったら』感想(3)(4)
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
PONG PONG PONG!(1)

まんがタイムきららで連載中の4コマ漫画が単行本化。
何の取り柄もない高校生・祐太(表紙・右)の前に、「女の子にモテたい」との彼の願いを叶えんがために突如として現れたのは、タヌ(キ)耳とふっくらとした尻尾を備えた、無乳で無能な女神様……といった感じの作品です。

試読はこちらでどうぞ。

タヌ耳女神のリコ(狸子。表紙・左)は、ちょっぴり無能な神様見習い。
そもそもお稲荷様の化身だなんて言いつつ登場してきたにも関わらず、耳も尻尾も見事に狸のそれって時点で胡散臭さが尋常でない彼女なわけですが、神様としての能力もその怪しさに見合った微妙なものばかり。静電気を発生させられるだとか、幾ら食べても全然太らないだとか……それ、何の役に立つの?唯一、動物との会話が可能なことは神様らしいといえばらしいけれど、それを活かしている場面はほぼ皆無です。

そんなリコですが、祐太と同級生のマユが新聞部(仮)として活動する際に役割がなかったりすると凹んだり(その寂しげな表情にはきゅんきゅんしちゃいます)、稀に人に頼られると満面の笑みでびょんびょん尻尾を振ってみせたりと、その無能っぷりを補って余りある愛らしさを持ってるんですよね。
というよりむしろ、歴とした神様見習いなのに何ともダメダメだというそのギャップが、アホの子としての魅力を引き出しているのかもしれません。役に立たなくっても、ついつい身近に置いておこうかな……なんて考えさせちゃうわけなんですよ。
また、アホの子らしい後先考えない言動もイイ。同好会申請が上手く行くかどうかで祐太達が不安げにしているのを受けての、「力で脅してくればいいんじゃな」なんてモップ片手に飛び出す姿には笑わせてもらいました。行動力だけはあるから困る(笑

さて、このリコの魅力は上記のような点に止まりません。
幾ら食べても太らないという点で想像がつくかと思いますが、リコは無類の大食らい。だからといって、たくさんご飯を食べる女性って妙にエロいですよね……とかそういう話ではなく、お菓子や好物の稲荷寿司(タヌキのくせに)を目の前にしてよだれをだらだらと垂らすその姿が、小動物的な可愛さに溢れているのです。
作中でも言われていますが、まさに「餌付け」されてたりするわけです。そこにはもう神様見習いの威厳も何もなく、ただペット感覚で愛でたくなるタヌ耳娘がいるだけなんですよね。

リコのことばかり書いてたら、他のキャラについて触れる気力がなくなってしまったんですが、彼(女)らも個人的には好き。
特に祐太のビジュアルがこう、本当に平凡な感じだったりするんで(女性を乳で見分けたりする、そのアレなところを矯正するだけではまだ「モテ男」にはなれないだろうなあ)、その辺りの絶妙なキャラデザなんかには感心すると同時にほんの少しシンパシーを感じたりもします。いや、祐太に比べても僕はもうちょい下ではありますが……それでも、イケメンよりは感情移入できる。

とまあ、リコは可愛いしキャラ達のやり取りは笑えるしで、結構オススメです。

リサリサさんのサイトはこちら→"よりみち"
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
魔法少女☆皇れおん(仮)

まんがタイムきららMAXにて連載されていた4コマ漫画が単行本化。
変態で科学者な母親・皇みちるの手によって、くしゃみをすることで魔法少女に変身するようになってしまった、ショートヘアの似合う可愛い(男子)高校生・皇れおんの日々を描いている作品です。

試読はこちらで。

今月は、未だに『魔法少女チキチキ』のそれしか漫画感想を書いていないので、奇しくも魔法少女モノの感想エントリが続くことになりましたが、まあこちらは魔法少女といっても女装魔法少女(字面だけ見るともうわけ分かりませんね)なので、かなり趣は異なるかもしれません。

上に書いたようにこの作品の主人公は、くしゃみをすると(途中から感情が高揚するだけでも)魔法少女へと変身してしまうれおん。
ちなみに魔法少女といっても、反重力とかで体を浮かしたりする以外には何もできなかったりします。いわゆる魔法少女モノの世界ならば、一流魔法少女(魔女?)を目指すへっぽこ魔法少女としての奮闘、なんて話がメインになっていくんでしょうが、れおんは特に頑張りません。
それもそのはず、この作品の舞台は至って普通の世界。なので、魔法も魔法少女も実在していないのです。れおんの反重力とやらも、あくまでみちるによって開発された科学技術でして、要するにれおんはいつでも何処でも魔法少女の衣裳に変身できる、ただの女装少年なんですね。

意図せぬ着替えが頻発するとなると、れおんは日常生活を送るのにも支障をきたしそうですが、実際のところはそうでもありません。
まずそのキュートな外見のため、どんな格好をしててもただの可愛い女の子にしか見られず、間違っても変態がいるぞ!なんて事態にはならないわけです。驚かれるとしても、せいぜいはその変身速度ぐらい。
また、最初は外でくしゃみをしないように気をつけていたれおんも、ころころ変わる衣裳にどんどん順応していって、最終的には女装したままでも全く気にせず街中を歩き回るようになってしまうのです。

それはそれでどうよと思わないでもないんですが、むしろれおんは女装した自分を人に見てもらうという快感を覚えてしまったのかもしれません。
そう考えると、鼻炎持ち(花粉症も患っているようです)であるにも関わらず、マスクも何もせずに生活していることの説明もつく……ような気がします。くしゃみで変身してしまうことを理解してるのに、学校でも街中でも素顔を晒しているってのも、何だか不自然ですし。
また、感情の高ぶりによっても変身すようになってからある程度経った頃、くしゃみで魔法少女化してしまうことを忘れてたなんてエピソードもあるんですが、本当に女装した状態で生活することに不快感を持ってるなら、そういった重要なことは覚えてるんじゃないかなあ、と思うのです。
まあこの見解は、僕の願望がかなり強く出てる嫌いがあるので、れおんきゅんはその辺りの女子なんかよりよっぽど純粋なんだ、天使なんだ、だからあんなに可愛いんだ!なんて方はあまり気にしないで下さい。

色々と書きましたが、基本的にはひたすられおんを愛でる感じで読めばいい、そんな作品なんだと思います。
誰よりも魔法少女コスがピッタリなれおん、巫女さん姿だってバッチリ決まってるれおん、細い四肢のおかげで裸エプロンでも全く違和感のないれおん、スク水を着た時はちょっとおっぱい出っ張ってるように見えるれおん、だけどやっぱり、幼馴染のささめ(彼女の説明をすっかり忘れてました)に頼らずとも何でもできるようになりたかったりする辺りは男の子なれおん……
ちなみに、ささめに頼らずとも~なれおんは、物語の終盤まで登場しません。それまでのれおんは、女性的な側面もかなり見受けられる非常に中性的な主人公兼ヒロインのままです。女性の持つある種のキツさみたいなものを持っていなくて、だけど男性のようにガサツであったり触り心地の悪そうなところもない、そんな感じでしょうか。
まあ難しいことは抜きにして、彼のキュートな活躍を楽しみたいところです。

桜みさきさんのサイトはこちら→"桜伝説"
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。