上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おくさん(1)

月刊ヤングキングにて連載中の漫画が単行本化。
結婚6年目、32歳の「おくさん」が過ごす日々の様子を描いた作品です。

試読はこちらから。

一貫したストーリーだとかそういったものは一切ございません。
「おくさん」である恭子さんが「だーさん」(旦那のこと)を想いつつ家事をしたり、腹部に贅肉が乗っかり始めたことに危機感を覚えてスポーツクラブの無料体験に参加してみたり、そこで同年代の奥さん達と仲良くなったり……といった感じで、恭子さんののんびりな日常生活が描かれているだけです。

そんな漫画が面白いのか、と上の説明を読んだ方は思われるかもしれませんが、天然美人な恭子さんの姿を見てるだけでもなかなか楽しかったりするんですよね。
「いんたーねっと」を「こんぴゅーたーのやつ」だなんて具合にアバウトにしか理解してないのに知ってるフリをしてみたり、最新型洗濯機の使い方が分からず適当にボタンを押しまくってみたり、と機械音痴なところが可愛いのもイイ。
大井昌和さんの、テンポ良く進むギャグは健在です。この作品では、やや大人しめではありますが。

更にこの恭子さん、表紙からも分かるように物凄い乳の持ち主でして(B107という設定)、それやふくよかなお尻を活かしたちょっとえちぃネタもこの作品の魅力の1つだと思います。隣に住んでる女の子が、恭子さんの胸の谷間に手首突っ込んじゃったりするわけです。
結構無防備な恭子さんを見下ろすアングル、見上げるアングルの配分も丁度いい塩梅でして、直截的なネタが少ない分、安心して(何が安心なのか自分でもよく分かりませんが、それなりに年齢が高くなると、少年向けとはちと違うこういうあっさりしたエロコメの安定感に惹かれる、というのがあるのかもしれません)読める作りになっているんでないかな。

そうそう、大井昌和さんのエロいコメディといえば『一年生になっちゃったら』がありますが、そちらではちょっとばかり人を選ぶ、頭のネジが緩んだ感じのロリネタ(例えばぎょう虫検査ネタだとか)が盛り沢山なのに対して、この作品はとてもシンプルかつ一般的なネタを扱っているので、本棚に並んでいるのを人に見られてもまだ言い訳出来そうです。多分。

余談ですが、COMIC ZIN新宿店で大井昌和さんのサイン会が開かれるそうです。配布日の開店丁度ぐらいに足を運んでみたところ、並んでいたのが20人程だったので、多分まだ余ってると思われますので、興味のある方はお店に聞いてみてはいかがでしょう。

大井昌和さんのブログはこちら→"大井昌和の報告"

関連:『一年生になっちゃったら』(3)感想(4)感想
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
・『明日もひまわり荘!』/松田円

ひまわり荘の住人・誠一郎(誠が苗字)が登場。
明るい髪にこんがりと焼けた肌、派手なシャツにネックレス……と、見た目は非常にちゃらちゃらした彼ですが、考古学の先生(助手?)をしているらしく、女性の趣味も考古学(還暦を過ぎてからが好みだそうです)。
そのギャップが魅力的! ……だなんて思えるわけがない。彼は、僕の中ではただの変人としてカテゴライズされました。

ところでこの誠さん、謎に包まれたひまわり荘の管理人・はなさんの年齢を知っている様子。
みずきが彼の馴れ馴れしさに不安を覚えつつも、自分やはなさんはその興味の範疇にないから大丈夫ですね、と何気なく話を振ってみたところ、どうもはなさんは見た目程に若くはないようなニュアンスの返答をしてるんですね。
はなさん、凄い若作りしてる人なのかな……まあ2次元なので、それならそれでも一向に構わん。

来月から連載という形になるみたいです。どちらかといえば、『守られ騎士(ナイト)!』よりもこちらの方が好みだったので、良かったかな。



・『花咲だより』/高原けんじ

食欲の秋ということで、最近ちょっと肥えてきたお姉さん。何故か体重計に八つ当たりするその姿が素敵です。
ダイエットをするぞ、と意気込んでみたのはいいけれど、すぐに投げ出してしまうそのダメ人間っぷりが可愛いんですよねー。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
COMIC ZIN秋葉原店で開催された、西川魯介さんのサイン会に参加してきました。何でも初のサイン会だとか。
会場は店内の奥まった場所にある、小さなスペース。といっても、新宿店の倍以上あった(と思われる)ので、狭さは感じませんでした。前の方がサインしてもらっている様子も、普通に眺めることが出来ましたし。

↓がサイン。今回は『アシスタント伝奇ケイカ』のサイン会なので、ヒロインのケイカかたまえのどちらかを描いていただけるということでした。どちらの方がより好みということもなかったので、主役のケイカをリクエストしたわけですが、よくよく考えると西川魯介さんと言えば「眼鏡」な人(他にもオカルトだとかドイツだとかありますが、まあとりあえず)。それならば眼鏡っ娘であるたまえをチョイスした方が良かったかなあ、と今になってちょっぴり後悔しております。
どうでもいいことですが、西川魯介さんの描く女の子で最も好きなのは大姐Aです。

西川魯介サイン
何とこの画像、最初は僕の本名が剥き出しのままでした(←×)拍手コメで指摘して下さった方、本当にありがとうございます。個人情報どうこうってのを心配する程ではありませんが、自分の名前をわざわざ公表するとか恥ずかし過ぎるorz

ちなみにサイン会の男女比率は、言うまでもなく男性が多め。40番台中盤までで女性は1人のみだったみたいです。
COMIC ZINはスペースの関係か、新宿店・秋葉原店共にサイン会の待機列を形成しないので(店内にうろついている参加者を、「~番までの方どうぞ」とかそんな感じで、数人毎に区切って呼んでいるようです)、パッと見では分からなかったんですが、そこはそれ、この手のイベントに参加すると必ずどうでもいい質問しかしない僕ですから、その辺りのことをきちっと聞いてきましたよ。
編集者らしき方が、「ヤングアニマル嵐を買って読んでる女性なんていないんじゃないかな」みたいなことを仰ってましたが、そりゃそうですね。
はこいり良品(1)

まんがタイムにて連載中の4コマ漫画が単行本化。連載は4年以上続いているのに、これが初単行本です。少年誌なんかだと考えられませんね……
閑話休題。とある商店街の古本屋・木下古書店を主な舞台に、店主のしおりさん(表紙・黒髪)、その妹のマキ(表紙・茶髪)の日々の生活やら何やらを描いている作品です。

試読はこちらでどうぞ。

木下古書店の店主であるしおりさんが、何とも魅力的です。
小さい頃から大量の本に囲まれていて、読書家でもある彼女はなかなかの博識。落ち着いた知的な女性ってだけでも推せるわけですが、その知識を日常生活にしっかりと活かし、商店街の人にもそれをお裾分けしている辺り、如才がないというか、知識だけでなく知恵もある女性なんだなあ、と思わせるんですよね。
それでいて、「駄本も結構あるんだから、読書は気楽に」なんてアドバイスをマキにしたりする、ちょっと黒い部分も持ち合わせているのがたまりません。

しおりさんを取り巻く環境もまた、こちらを非常に和ませてくれるイイものだったりします。
商店街のおじさんおばさんは、一回り以上年下であろうしおりさんに愚痴るため店にやってくるし、本の相談を色々としている内に、しおりさんをカウンセラーのように仕立て上げてしまうし……信頼関係がそこにあるというか、商店街そのものが1つの親族みたいになってるんですよね。

そんな中で最も気になるのが、しおりさんに憧れている魚屋の倅・ケンジと、マキの関係。
2人は幼馴染で、連載当初はどちらも互いに特別な感情を抱いていないんですが、しおりさんや商店街の面々、クラスメイトに焚き付けられている内に、ケンジの方がマキに女性を感じ始めます。マキは今のところ、そういった恋愛に類するような感情は持ってないようですが、今後はどう転ぶか分かりません。
まあそんな感じで、青春だなあ……と温かい目で見たくなる2人なのです。

さて、この『はこいり良品』には、キャラ以外にも魅力的な点があります。
それが、所々に織り込まれた本全般に関しての、あるいは古本ならではの小ネタ。「あるある」なんて頷いてしまったり、ちょっとした知識を得られたりと、本そのものだけでなく、その周辺事情も好きな(といっても、マニアという程ではない)人間の心をさらっとくすぐる作りになっているんじゃないかな。
一般にはあまり知られていないであろうサン・ジョルディの日を商店街に流行させるエピソードだとか、古書店に売ったコレクションを買い戻しに来る人だとか、「セドリ」という単語だとか(作中では「古書店が他の古書店で買い本を仕入れること」って書かれてるんですが、一般的な使い方とはちょっと違うような気がしないでもない)……そういうの見るとニヤッとしちゃうんですよね。気持ち悪いですね。

こんな感じで、やや大人しめではありますがキャラものとしても読めるし、古書店や商店街の様子を描いたちょっとした職業ものとしての魅力もありますし、個人的には結構オススメな4コマです。

井上トモコさんのブログはこちら→"井上トモコ ヒトコト日記"
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
『恋愛ラボ』が新しく連載開始(といっても、休刊してしまったコミックエール!で掲載されていた、男子陣が登場する実践編がお引越ししただけ。まんがホームでの連載は相変わらずです)とのことだったので、手に取ってみました。すると松田円さんの作品がゲスト掲載されていたので、購入。

・『たまのこしかけ』/荻野眞弓

巻頭カラー。
たまこさんが成り行きでお見合いするという話なので、彼女の着物姿が堪能出来ます。何だか妙に色っぽくて、その……困る。

お見合いに乗り気でないたまこさんに対する係長の、女には期限があるんだから、女の人生を楽しんでほしいとの発言は何とも重みのあるものでした。女装美人がこういうこと口にすると、様になるなあ。
どうでもいいですが、現実には「女には期限がある」なんて口が裂けても言えませんね。いい年なのに肌を無駄に露出してる女性なんか見たら口走っちゃいそうなんで、気を付けないとなー。

関連:『たまのこしかけ』(1)感想

・『恋愛ラボ』/宮原るり

センターカラー。
リコとヤンの口喧嘩が今回の見所。ヤンの厭味ったらしい表情と口調は、かなりのものだと思います。直情的な上に、何だかんだで打たれ弱いリコじゃ勝てないなあ、これは。

関連:『恋愛ラボ』(2)感想(3)感想

・『トンネルの華子さん』/松田円

「明るい髪でボンキュッボンの派手美人」華子さんは、とある中学校の通学路にある古いトンネルに、夏になると現れる幽霊。彼女と出会うことでほんの少し変化する女子中学生・茜を主軸に置いて描かれているので、ある意味では一夏の経験と言えるような作りになっています。ちょっとしんみりと来る夏の終わりにピッタリの作品なんじゃないでしょうか。

・『おねがい、委員長!』/いけだじゅん

『スクぱ!』や『ごむまり』のいけだじゅんさんの作品。
黒髪三つ編み、八の字眉毛、ツリ目で委員長。これ、どんなご褒美だよ……ってぐらい可愛い見た目の女子学生(中か高か分からん)・瑞を巡るお話。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。