上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神のみぞ知るセカイ(6)

週刊少年サンデーにて連載中の恋愛攻略漫画『神のみぞ知るセカイ』の第6巻が発売になりました。メタ的な世界観、設定について思索を巡らすもよし、細かいパロディやガジェットにわくわくするもよし。色々な楽しみ方ができる作品だと思います。

主要キャラの紹介に加え、既刊の試読ページもある公式サイトはこちら

今巻に登場するヒロインは、中等部の水泳部に所属する生駒みなみ1人。他はインターバル的なものやら、桂馬以外の"バディー"雪枝さん(ハクアと組んでいます)が登場するエピソードやらで埋まっています。

インターバルでは、既に桂馬によって攻略されたヒロインである小阪ちひろ、高原歩美の2人に、エルシィと寺田京を加えた舞島学園高校2-B女子バンドの雄姿が拝めます。
心のスキマを埋めたちひろは元気にやってるんだなあ、と彼女が好きな僕としては嬉しい限り。しかしまあ、やはり桂馬によって攻略済みであるアイドル・中川かのんに触発されて、「もっとキラキラしたい!」だとか「やるなら、もっと真剣にやろう!」なんて言葉を口にするなんて、個別エピソードであんなに無気力な姿を見せていた彼女とはもう別人だよなあ。

みなみについてのエピソードは、終始彼女の視線から進む作りになっていて新鮮でした。
桂馬の出番がやや少なめなんですが、その分みなみの心情描写は普段に比べてより丁寧になされていて、ヒロインが桂馬に心動かされ、そして恋愛感情が形成されていくその1つ1つの瞬間がよく分かって面白かったです。

彼女のエピソードの詳細は単行本で確認していただくとして、以下にちょこっと表紙の話でも。
彼女の攻略は七夕祭りが終わり、それまでの喧騒が嘘のようにひっそりと静まってしまった頃、鳥居の前で佳境に入るわけですが、その鳥居が今巻の表紙の背景になっています。で、この表紙のデザインから受ける印象は、ちょっと今までのそれとは異なる感じがしたんですよね。これまでの表紙の背景はどれも非現実的な空間だったわけですが、この鳥居は作中に確かに実在するものなので、その差異からくる違和感とでもいいますか。

リアルにおけるヒロインを、ゲーム内のヒロインと同様に、攻略する側の人間(「落とし神」)という、ある意味では上(または枠組の外)からの視点で見つめていた桂馬が、ヒロインと同じ立ち位置にまで下りてきた様子が描かれている……とかそんな風に考えるのが、割と素直なのかな。
印象的だったのが、表紙をめくるとそこに桂馬の姿は見えなくなってしまうことでした。鳥居はそのままの形で残っているのに、桂馬はいない。リアルのヒロインと同じ視点に立った神様は、再びリアルの外へとお帰りになってしまったんでしょうか。そう考えると、みなみ編終了時の「みなみは終わって次に進みますが、桂馬は・・・。」という若木先生のコメント(こちらのエントリ)が、何とも寂しいものに感じてしまう僕です。

若木民喜先生のブログはこちら→"HoneyDipped"

関連:『神のみぞ知るセカイ』(2)感想(3)感想(4)感想(5)感想
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
山崎アケミこと朱宮くん大活躍の第2話、『かわいいひとたち』が放送されました。公式サイトはこちら

導入は、"ALIVE"というファッション誌のグラビアの撮影風景。ちょっと音量が絞られてますが、「山崎さん、お願いしまーす」なんて声が聞こえます、多分。
ふと気になったんですが、この"ALIVE"の現場では朱宮くんが男性だってことはバレてないのかな。原作5巻の巻頭ではカメラマンに「アケミちゃん」と呼ばれてるんで、多分女性として通ってるんだと思いますが……隠し通せてなければ、それはそれでドラマが生まれそうだ。

さて、原作では話の冒頭から汐が"ALIVE"を持っていてカワイイカワイイと叫んでるんですが、アニメでは彼女がその雑誌の表紙を飾る「山崎アケミ」に目を奪われるシーンも描かれています。あの一瞬で好みのカワイイ子を見つけ出すんだから、汐の目ざとさは相当のもんだなあ。

で、アニメ版でも汐は雑誌を教室に持って騒ぐわけですが、表紙や中の見出しや記事がちょこちょこと変わっていますね。原作で表紙に見えた「シンプル服着回しチェック」や「夏前ダイエット」などの文字は姿を消して、アニメでは「TOKYOおしゃれ~」や「ドキドキ~(画質のせいで読めませんでした)式相性占い」といったものになっています。アニメ版"ALIVE"は原作のそれと比べると、幾分か対象年齢層が下なのか、表紙も可愛らしい感じ。……ホントは女性向けファッション誌なんて触ったこともなく、購読者の年齢層なんてのも知らないんで、適当なこと言ってます。
ちなみにこの雑誌の裏表紙の広告、何処かで見たことあるなあと思ったら、Perfumeのピノのヤツでした(こんなの)。

そして話は進んで、純夏の男らしいダッシュとはあまりにも対照的な、朱宮くんの可愛過ぎる女の子走り(腕の振りとかが完璧でした)やら、こっ恥ずかしい告白シーンやら……彼の「男の娘」っぷりが堪能できる作りになっていて、満足満足。
特に、女性用下着(?)のままベッドに横になるシーンは、色が付くとこんなにもエロティックになるのか……ともう垂涎ものでした。DVDでもう少し画質が良くなってたり多少手が加えられてたりすれば、確実に購入します。そうでなくても多分買う。

そういえばこの朱宮くん、一部の百合好きな方には百合世界をぶち壊しにする要素のように捉えられて大層嫌われているみたいなんですが、共学校というノーマルな舞台において「「女の子を好きになる女の子」を好きになる女装少年」である彼こそが、この『ささめきこと』のノーマルでない世界観の象徴のようにも考えられますし、彼が少年であるにも関わらず、純夏には決して得らない「カワイイ」ビジュアルと内面性を持っているということが、他の何よりも純夏が女の子として「カワイクない」こと、そして汐の恋愛対象に入り込むことができていないということを読み手(視聴者)に感じさせて、これから汐と純夏の関係はとんとん拍子には進まないんだろうな、と思わせる結構重要な役回りを担っているわけで、まあ何が言いたいかというと、もっと優しい目で朱宮くんを見てやってよ……みたいなお話。

以下、他に気になった点を箇条書き。
・純夏の所持している服が地味なシャツやパンツばかり(しかもどれも寒色系)。これは酷いセンスだ……僕に匹敵します。
・一念発起して"ALIVE"の中身を見に書店へ赴いた純夏が、完全に不審者。立ち読みしてた女の子達が怖がって帰ってしまったのには笑った。
・純夏の背の高さを目立たせるために、本棚の高い場所にある本を蒼井さんに取ってあげるシーンがあるんですが、彼女が手に取ろうとしていた本が『若きウェルテルの悩み』……え、蒼井さんってこんな本読むの? 原作ではほんの少しだけ活躍して、それ以降はすっかり影が薄くなってしまった彼女に肉付けがされているのが、結構嬉しい。

関連:『ささめきこと』(3)感想(4)感想(5)感想
アニメ版『ささめきこと』第1話感想
テーマ:ささめきこと
ジャンル:アニメ・コミック
ほほかベーカリー(2)

まんがタウンで連載中の4コマ漫画の単行本、2冊目。
とある町のとあるパン屋"ベーカリーさかい"を舞台に、ナホナ国からやってきたホホカ(表紙・金髪少女)を始めとした、個性的な店員達の日々の生活を描いた作品です。

ホホカマジ可愛い

まるでホホカマジなんてキャラがいるみたいな小見出しだ……ってのはどうでもいいですね。
ヒロインのホホカは、金髪碧眼というまさに一般的なイメージの「西洋人」なわけですが、その中身は日本人とあまり変わりません。日本語は流暢に喋るし、初詣には着物姿で参加します(しかも1人で着付けまでこなしてる様子)。
更に日本の文化だってある程度理解、尊重してくれている上に、ちょっとぽけぽけとしたところもあってビジュアルも可愛い金髪娘……となると、人気が出ないわけがないですね。そんなこんなで、ホホカは"ベーカリーさかい"の看板娘として活躍しています。

そんなホホカも所々では日本の文化や言葉を誤って覚えていたりして、その辺りの勘違いを活用したネタが散見されます。ただこの手のネタは「面白い」というよりも、ホホカの魅力を引き立てる種類のものの方が多いような気がします。生半可という言葉を、生の「はんか」という食べ物のことで焼き「はんか」もあるもんだと思い込んでたりする彼女に、つい惹き付けられてしまうんですよね。
外国の子だからコミュニケーションが取り辛いかと思うと日本語が堪能で、文化まで勉強しているしっかりした子かと思っていると意外に天然キャラでわけの分からん勘違いをしてたりもする……言うなれば2つのギャップを意図せずに駆使して男性客を惑わすホホカは、ホントに魅力的。彼女には常連客のファンまで付いているわけですが、こんな子がいたら僕も通い詰めてしまうかもしれません。

脇を固める女性キャラ

さて、"ベーカリーさかい"には他にも魅力的な女性がいたりします。これはもう店自体を推さざるを得ない。

まず、表紙にも登場している眼鏡っ娘の凛ちゃん。眼鏡と髪留めが控え目な感じで、可愛らしい制服に加え黒タイツ着用ということで、ビジュアル面ではホホカに引けを取りません(個人的には)。この凛ちゃん、器用さがウリで赤面症の女の子……なはずなんですが、この2巻では後者の特徴ばかりが目立っています。
何故なら常連男性客2人組の内の1人、相原くんとの仲が微妙に進展しそうなエピソードがそこここに配置されていて、その緊張っぷりがクローズアップされることが多いためです。ちょっと甘い感じでいいよいいよー、とニヤニヤさせてくれます。

そして僕のお気に入りである、無責任店長・キョーコさん。店長であるにも関わらずパンを焼いたりするのは夫に任せっきり、仕事中でもウトウトしてたりテレビに見入ってたりとマイペース、鼻炎スプレーを喉に入れる……まあ最後のはよく分かりませんが、自由な大人の女性です。
ビジュアル面でも、やや地味ながら癖っ毛と太眉という、じゃじゃ馬っぽさを感じさせる組み合わせが魅力的。今巻には彼女がストレートパーマをかけるエピソードが掲載されているんですが、前髪がパッツン状態になってそれはそれでツンっぽさが増してるし、黒髪ロングは艶やかだしで、キョーコさんファンとしてはオイシかったです。

胡散臭い人外キャラ達

この『ほほかベーカリー』の(セミ)レギュラーは、実は"ベーカリーさかい"の面々や常連客の他にもいたりします。

それが、白ネコとトラねこのコンビ。
この2匹のちょっと斜に構えた態度だとか、割と純粋なところだとか(ホホカの占いで、「あなたは魚が好きで…お昼寝が好きですね?」と言い当てられて、驚いてしまったりします)が何ともいえない憎めない感じを醸し出していて、面白い。
本当に猫なのか疑いたくなるようなビジュアル(ボマーンさんのサイト"ボマ!-Born to be Mild-"参照)も、そういったキャラクター性にピッタリな気がします。

それに加えて今巻からは、ホホカの夢に出てくる「パンの神様」なるキャラもセミレギュラー化したんですが、この神様のふざけた格好とありがたみのない発言が素晴らしくツボでした。
第一声が「安くて大きいパンが 良いパンじゃ!!」(p.37)って(笑



そういえば上記の「パンの神様」の発言の後に、「神様っていうか 学生の発想だ!!」という台詞が入るんですが、そこのツッコミのようでツッコミでなく、だけど集中線も相俟ってか読み手を強引に納得させる勢いのある4コマ目が非常に好み。よくよく考えてみると何てことない流れでも、その力強さで面白く見えてしまうんですよね。キャラの表情とか会話のテンポとか、その辺りの描写に長けてるんだろうなあ、なんて思わせます。
こういう手法はÖYSTERさんの作品にも時々見られる気がするんだけど、誰かもっと上手く説明してくれんかしら。

ボマーンさんのサイトはこちら→"ボマ!-Born to be Mild-"

関連:『ヒントでみんと!』(2)感想
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
みそララ(3)

まんがタイムにて連載中の4コマ漫画の単行本、3冊目。
デザイン会社・マース企画の新人ライター"麦みそ"こと麦田美苑、デザイナーの米原梨絵、営業の粟屋真琴の"穀物トリオ"が時には空回りながらも仕事に励む姿を描いている作品です。

試読はこちらでどうぞ。

ライターとしての経験を少しずつ積み、色々と回り道をしながらも仕事をきちんとこなせるようになっていく美苑。
何か困ったことがあると、営業担当チーフである大島さんに頼ろうとする癖が完全には抜けていないようですが、若者向け情報誌の記事のために街頭取材をするエピソードでは、一緒に幾つか仕事をしてきたカメラマンの沢岡さんと2人だけで試行錯誤して仕事を完遂します。
入社直後にこなしてたものに比べると明らかに仕事の難易度は上がってるんですが、そんなことを感じさせないのは美苑も成長してるからなんだろうなあ。それに加えて、彼女の力量と仕事の難しさとが丁度いい具合に釣り合うようにという、大島さんの気遣いがあったりもするのかもしれません。

ところでその街頭取材のエピソードでは、美苑のライターとしての成長に加え、元々高かったコミュ能力にも磨きがかかってきたように感じさせるシーンもちょこちょこありました。
取材相手を男女問わず上手くコントロールしたり、梨絵と真琴が様子を見にきた際には、2人の性格を利用した台詞で見事に丸めこんで協力させたり……ライターは取材相手から話題を引き出す能力に長けてないとダメでしょうから、そういう点から見ると美苑はライターに向いてるんだな、と思います。

といった感じで美苑の活躍が光る3巻前半ですが、後半では"穀物トリオ"残りの2人も「プロとして」の仕事をこなしている姿が描かれています。
美苑だけでなく、梨絵も真琴も着実にそれぞれの目指す一人前の社会人へと近付いている様子が、手に取るように分かるのが何だか嬉しい。1巻より2巻、2巻より3巻……と、"穀物トリオ"のささやかながらも確実な変化を楽しめるのが、この『みそララ』最大の魅力なんではないでしょうか。勿論、彼女達の仲の良さや、キャラクターを活かした笑いも見所の1つではありますが。

そういえば今巻では、棚橋さんの妹夫婦(妹といっても勿論、この作品とリンクしている『恋愛ラボ』に出てくるスズのことではありません。彼女のお姉さん、ヒロという女性です)が登場。S気質なヒロ(攻撃道具がハリセンなのが、棚橋一家らしい)にM気質なその夫、と非常に理想的なカップルなんじゃないでしょうか。ちなみに夫の方はMな上に変態です。

宮原るりさんのサイトはこちら→"ヘッポコロジー"

関連:『みそララ』(2)感想
『恋愛ラボ』(2)感想(3)感想
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
というわけで、待望のアニメ版『ささめきこと』放送開始です。
台風でローが休講になることを祈って、第1話はリアルタイムで視聴してみました。体力的な問題もあるし、さすがに来週からは録画になっちゃうけど仕方ないか。

原作よりも力のある「掴み」

アニメ版第1話は、茜色に染まる教室での朋絵とみやこのキスシーンからスタート。原作では第3話の『ファーストキス』というエピソード冒頭に該当するシーンですね。
初っ端から原作と違ったので、いきなりオリジナル展開、または幾つかのエピソードを絡めて進めるのかなと思ったんですが、OPを挟んでからは原作第1話に沿った話作りになっていました。
となると単純に、視聴者に対して「これはガチ百合ものですよ」というメッセージを伝えるためのシーン選びなのかな。夕方の学校、教室に誰もいなくなった放課後……というだけでシチュエーションとしてはオイシイですし、女の子同士のキスによる導入ってだけでそれなりにインパクトもあるので、面白い始まり方なんじゃないでしょうか。

ここでは、朋絵とみやこのキスを見かけてしまった純夏が驚きのあまり廊下に座り込んだところに汐もへたり込み、汐の手が純夏の手に重なり、それを受けて純夏が複雑な表情を作る……という、原作にはないシーンが秀逸だと思いました。原作では2人がこっそり覗き見して顔を赤らめるだけで終わってしまうんですが、彼女達が衝撃を受けていつつも気持ち悪がったりはしていないこと、純夏が汐への想いを秘めていることを言外に感じさせるもので、音楽も相俟って心に沁み入るんですよ。

で、続くOPは落ち着いた雰囲気で割と好みです。一緒に流れるアニメも爽やかな感じで、そんなに生々しい百合ものではないですよ、とアピールしてるような。ただギャグっぽい部分が全く見られないので、コメディ分多めの回があったりした場合にはちょっとだけ違和感があるかもしれませんね。

丁寧なキャラ描写

それ以降は上にも書きましたが、原作第1話から大きくは外れずに描かれています。差異がはっきりと感じられるのは、朱宮くんが登場していることぐらいでしょうか。

世界史の教材の準備のため、クラス委員長である純夏と副委員長である朱宮くんが2人っきりになるシーンがあるんですが、そこで朱宮くんがうっすらと頬を染めつつ純夏に何かを話しかけようとしているので、彼は純夏に好意を抱いてるんだなあ、と何となくですが分かる作りになっています。
それに加えて純夏の鋭い蹴りも披露されるので、彼女の「カワイクない」面もこの時点で既に描写されてたりして、結構細かいところからキャラ描写を積み重ねていってくれるんじゃないかなあ、と個人的には期待しています。

キャラ描写といえば、アニメになってキョリちゃんが面白く、そして非常に可愛くなった気がします。コメディパートでその真価を発揮する彼女ですが、漫画よりも細かい動きが見られるようになった分、その辺りで笑いを誘うといいますか。
汐がカワイイ女の子が好きと聞いて、「例えば私なんかは?」と茶化す感じに尋ねるシーンがあるんですが、その一連のキョリちゃんの動作がアホの子っぽくてとっても推せるんですよ。シリアスな場面が続く際には朱宮くんと共に一服の清涼剤として活躍してくれる彼女、原作では最近影が薄いので、アニメ版では活躍を増やしてくれることを祈っています。

他に個人的にグッときたのが、純夏が振られた汐と下校するシーン。ここで2人は、最初はただ繋いでいた手を解き、その内ゆっくりと指を絡めて手を握り合うんですが、この一連の動作がゆったりと描かれていて何かエロさすら感じさせました。



そういえば、純夏達の担任の先生(何気に美人です)の出番がちょこちょこ増えてたり、蒼井さんが図書室に本を借りにきてたり、と細かい部分にも差異がありますので、2度見る時なんかは原作単行本を片手に見ると面白いかもしれませんね。

関連:『ささめきこと』(3)感想(4)感想(5)感想
テーマ:ささめきこと
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。