上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ねこにゆーり(1)

まんがタイムきららMAXにて連載中の4コマ漫画が単行本化。
人間は嫌いだけど猫は大好きな少女・ゆーり(表紙)と、その幼馴染やクラスメイトの過ごす日常を描いている作品です。

試読はこちらで。

人間嫌いなゆーりだけど、彼女の周りにはいつも幼馴染のあっちゃん(少年)とセラ(少女)がいます。ゆーりも2人とは何ら問題なくコミュニケーションをとれるようで、割と楽しそうに過ごしている感じ。
彼女を中心に、ゆーりに恋心を抱いているあっちゃん、そんな2人にちょっかいを出しつつも応援してる(気がする)セラの関係性が何となく好きです。

ところで、他の人については名前すら覚えないゆーりが2人と上手くやっていける理由……というより、人間嫌いになってしまった理由は、どうやら彼女が2人と離れて他の町で過ごしていた空白の数年間にあるみたい。幼少時のゆーりは2人を引っ張って遊びに出かけたり、からかってくる同級生の男子を軽くあしらったりと明るい性格の女の子として描かれているので、その辺りの変化の原因は気になるところです。変にシリアスだったらどうしよう。

それ以外は特に話に進展もないので、まったりと読むには適しているように思います。デフォルメされた絵は可愛いし(特に、すぐに他のキャラの半分ぐらいまで頭身が縮むセラがお気に入りです。基本が猫口だし八重歯は動物的だしで、作中の猫よりも彼女の方がむしろ猫っぽくさえ感じることもあったりします)、なかなか成就しそうにないあっちゃんの恋は心をくすぐるし、個人的にはなかなか好きな漫画。
ちょこちょこと出てくるヲタネタも個人的にはツボなんですよね。コンバット越前の台詞だとか、巨乳で綺麗な先生(ゆーり達の担任)が淫乱ピンクって呼ばれてたりだとか……やっぱりピンク髪は淫乱だよなあ(←×

そういえば、ゆーりの苗字は榊といいます。でもって、無愛想で黒髪ロング(ゆーりの髪も多分、黒いですよね)で猫が好きなんだけど猫には嫌われてしまって、ちょっと寂しい思いをしてたりする……とまあ、同名の某キャラを彷彿とさせる設定だったりします。……やっぱり意識してるんですかね。

kodomo兎さんのサイトはこちら→"はれときどきゆき"
スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。