上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第4話『4+1』は、純夏の家に住み込みで働いている家政婦の野江さんが、掃除をしようと入った純夏の部屋で、前話のキスシーンで使われたお面を見つけるところからスタート。
というわけで、野江さん初登場です。漫画では第5話からの登場なので、思ったよりやや早め。なかなかお茶目で可愛いんですよねー。

今回は純夏と汐に、朋絵達がコンタクトを図ってくるお話でした。
「女子の女子による女子のための部活」である「女子部」を作ろうなんて話題を振ってくる朋絵。「高校生なら部活だろう!?」と妙に熱血な感じのアホっぽさが好ましい。
アニメ版では彼女の演説に併せて、庭園で白い日傘をくるくる回しながら談笑していたり、小さなシャンデリアやピアノといった優美な調度が整った室内でお茶を楽しんだりする少女達の姿がイメージ映像として流れていて、彼女の中では「女子部」ってこんな具合に妄想されてるんだなあ、なんてのが分かって面白かったです。

で、朋絵の満ち溢れんばかりのやる気以外の見所は、やっぱり朱宮くんの告白シーン集でしょうか。
告白といっても純夏に対してのものではなく、「女子部」を作るために汐好みの女の子をゲットしようと目論む純夏に強要されて、女装した状態で学校の美少女達に手当たり次第……といった具合のものです。
性別を偽って読者モデルとして活躍しているだけあって、なかなかの演技派な朱宮くん可愛いよ朱宮くん。スカートとオーバーニーソの間の絶対領域(って言葉はまだ現役なのか?)が眩しいです。変態と罵られながら突き飛ばされて倒れてしまうシーンでは、アングルを変えればスカートの中見えそうだなあ、見たかったなあ、なんて思わせる程に輝いていました。DVD版では是非……(←×

以下は何となく気になったこと。
・アニメ版では純夏が空手道場に姿を現さなかったことについて、「今日は来ないのか」なんて彼女のお父さんが寂しそうにしてますが、漫画では門下生(1人はアニメでも漫画でも目立つ、凄い顎の持ち主)がわざわざ道場の外に出て「今日は来ないのかなー」と残念がってる姿が見られます。道場の男子陣に純夏って結構慕われてるのかな、やっぱり何だかんだで可愛いんだろうな、なんて勝手に考えてたりしたシーンなので、微妙に変わってたのは残念。

・朋絵とみやこに「女子部」入部を誘われた蒼井さんが、朋絵に抱き付くみやこを見て逃げ出しながら叫んだのが「破廉恥よ」。この潔癖症なところが彼女の魅力ですね。原作で非常に好きなキャラだったんですが、ホントに出番に恵まれなかったなあ……

・ここまでのコメディパートを見ていて思ったんですが、どうも時々間延びしてる感が否めません。音楽や背景、台詞の間の取り方で非常に落ち着いた雰囲気が出ていて素直に感動する部分も多いんですが、さほどシリアスでないシーンでも同じような作りになっているのに、ちょっぴり違和感。少なくとも原作2巻ぐらいまではけらけら笑いながら読める萌え百合ものだったんで、そういった気の抜けたゆるい面も見せてほしいなあ。1クールなんで、純夏と汐の仲が深刻さを増していく辺りまでは行かないだろうし、それでも何の問題もないんじゃなかろうか。

関連:『ささめきこと』(3)感想(4)感想(5)感想
アニメ版『ささめきこと』第1話感想第2話感想第3話感想
スポンサーサイト
テーマ:ささめきこと
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。