上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔法少女チキチキ(1)

コミックラッシュにて連載中の漫画が、単行本化。
ある日突然、普通(むしろ冴えない部類?)の大学生・相沢良行のアパートに、修行中の魔法少女を名乗るチキチキ(表紙)と相棒のプリプリ(表紙の犬)がやってくるところから話が始まる、魔法少女コメディです。
最近なら『大正野球娘。』(原作版)のイラスト、もっと前ですとPCゲーム『終末の過ごし方』の原画なんかで知られる小池定路さんの初単行本らしいですよ。

最新話の試読はこちらでどうぞ。

魔法少女モノではありますが、魔法が世間に認知されているような特殊世界観があるわけでも、魔法を使えることが周りにバレるとマズイなんてスリリングな設定があるわけでもありません。至って普通の日常生活の中に、ごく自然にチキチキと魔法の存在は組み込まれていきます。
その象徴ともいえるのが、魔法を人前で使っちゃいけないという決まりはないのか、との問いに対する「堂々とやれば意外と誰もなんとも思わないもんだぞ」という、チキチキの先輩・ビスコの返答だったように思います。そうかー、そういうもんなのかー……とまあ、壮大なドラマは決して生まれないであろうこの鷹揚な空気感こそが、この作品の魅力なんだと感じさせる台詞でした。
例えば『ドラえもん』のような、僕らが過ごしている現実世界と何も変わらない場所が舞台であるにも関わらず、超常現象が起こってもすぐにうやむやになってしまったり、誰も気にかけなかったりするタイプの「エブリデイ・マジック」なわけです。

そんなのんびりとした雰囲気の中で、適度にコミカルかつハートフルな展開が繰り広げられていくわけですが、これが全体的にシンプルに丸く優しい絵柄のキャラクター(顔のパーツの1つ1つが特に凝っていないとでもいいますか……鼻なんかはそもそも描かれていません。アッサリしてるんだけど、なかなか味があるんですよね)と相俟って、まあ何とも和みます。
個人的には、カレー屋を目指す少年・真一とチキチキの2人が主軸になる幾つかのエピソードが好み。真一の抱える色々な悩みや想いを、チキチキが知らず知らずの内に和らげていく様子はとても微笑ましい。

そういえばこの作品を読んで最初に面白いなと思ったのが、いわゆる「落ちもの」に該当しつつも微妙にテンプレからズレてるところ。
平凡な主人公の元に不思議で魅力的な異性が突然現れて、同居するといった点まではまさに「落ちもの」なんですが、チキチキと良行とは恋仲にはならないだろうし(外見上の年齢はかなり離れていますし、良行にはきちんと恋人がいる)、だからこそ恋愛面におけるチキチキのライバル的なキャラが良行の周りに出てきたりもしない(魔法少女自体はチキチキ以外にも登場しますが、普段何処でどう暮らしてるかは語られていません)。
ハーレムもドタバタもなく、魔法はあくまでガジェットの1つといった感じがなかなか新鮮です。単に僕がこの手の作品をあまり知らないだけで、実はよくあるタイプとかだったりしたらゴメンナサイ。

この『魔法少女チキチキ』の原型となったらしい漫画が、小池定路さんのサイトに掲載されています。チキチキに比べて更にページ数が少ない分、全体的に余韻が楽しみにくいかな。これはこれでドタバタ感が増していて面白いですけども。
それにしてもビブロスとか、また何とも懐かしい出版社名を見ました。『カラフルBee』は時々読んでたなあ。

小池定路さんのサイトはこちら→"シルバーロケッツ★"



どうでもいい話ですが、20日程漫画単行本の感想を書いていなかったせいで、すっかり文章がアウトプットできなくなっていました。この短さ、内容のエントリを書くのに2時間近くかかった! 恐ろしい程の劣化ぶりですね……
スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。