上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋愛ラボ(4)

まんがホーム・まんがタイムスペシャルの2誌にて連載中の4コマ漫画の単行本、4冊目。今年の1月に2巻、7月に3巻が発売されているので、何と年内に3冊刊行されたことになります。4コマでこれは凄いな……
藤崎女子中学校という名のお嬢様学校が舞台。そこで繰り広げられる、こちらの想像を斜め上をいく生徒会メンバー(主に生徒会長のマキ。表紙・左)の恋愛研究の様子を面白くかつ可愛く描いた作品です。

試読はこちらで。

主に藤女生徒会、その外に持ち出されたとしても藤女の内部でほぼ完結していた恋愛研究。そのため、藤女生徒会メンバーに対してリコ(表紙・右)が成り行きでついてしまった「かつてモテモテだった」という嘘がバレる可能性は非常に低めでした(サヨという子には感付かれていましたが)。
そんな安穏とした状況に、リコを以前から知る男子達(表紙中央の2人。ベストを着ているのがナギ、眼鏡がヤン)がマキと出会うという展開によって風穴を開けたのが、前巻の終盤。
そして今巻では、リコ・ナギ・ヤンが通っている塾にマキも入ることになり、リコの嘘がバレる可能性がぐっと高まってしまうわけです。

また、新聞同好会との協力体制ができ上がり、藤女に通うお嬢様達の恋愛相談にその研究成果をもってこっそりと応えるという、藤女生徒会の恋愛研究の一環のための準備も着々と進められることで、このままでは内輪の嘘ではすまなくなってしまうとの不安もリコを襲います。
早く真実を話さなきゃ、と焦り悩みながらもなかなか言い出せないでいるリコ。その嘘が明らかになった時、マキは、藤女生徒会の他のメンバーは今まで通りに接してくれるのか。居心地の良い空間、関係が壊れてしまわないか……自分で招いてしまった状況ではありますが、それでもリコが不憫でたまらん。

そして色々とあり、本当のことを知ったマキが、それでもリコとの関係性を維持していく(むしろ、同じ初心者の目線で恋愛を研究できることをマキは喜んでいたりします)ことをハッキリと告げるシーンはホロッときてしまいました。リコはもっとマキを、マキと過ごしてきた時間を信用してしまえば良かったんだよなあ。
ちなみにマキが真実に気付いたのは、意外な人物の発言からでした。思わぬところに伏兵がいたものです。というか最初はそのキャラの存在すら覚えてなかった(←×

さて、この巻での見所はやはりナギがリコをかばうシーンでしょう。リコがモテモテだったとの嘘を信じていたマキに対し、モブキャラに毛が生えた程度の男子が「藤女ってホントに世間知らずなんだなー」とかほざく、もといのたまうシーンでのナギの態度はカッコイイ。
衆人環視の中で、自分が以前リコに惚れていて更には告白したという事実(しかも、リコはそのことをすっかり忘れています)を堂々とバラし、マキのいう「リコがモテていた」というのも決して嘘ではないよ、とフォローできる彼にはもう惚れてしまいそうです。リコがどういう振り方をしたのか分からないんでアレですが(告白されたのを覚えてないということは、もしかしたらきちんとナギの意思が伝わってなかっただけの可能性もありますし)、普通に告白を断ったんだとしたら、リコは見る目ないですよマジで。

こんな感じでリコも吹っ切れたことですし、次巻以降の展開もホントに楽しみです。来年も、2冊ぐらい出ると嬉しいなあ。

以下、エノ(僕の脳内ではメインヒロイン)についてのメモ。

・塾でリコがとったアンケートでは、黒髪ストレートロングが男子に人気だそうですが、エノの「ふわふわ砂糖菓子」な髪を間近で見れば彼らの考えも変わるに違いありません。

・サヨとの友情を育み始めた時期のエピソードは、やっぱり2人の結びつきの強さの根を感じさせるなあ。あと、小学生時代のエノも可愛いんだよなあ。

・サヨの無職兄貴はやっぱりダメダメでした。「どう考えても兄様はM系だったのにな!」なんて妹に向かって言い出すそのイカレっぷりがどう考えてもありえないよ!

・今巻では全体的に漂う微妙な小物っぽさ。生真面目かつ正義感が強い部分があるので、場面によってはそう見えてしまうのも仕方ないんでしょう。そこがエノのいいところさ。



宮原るりさんのサイトはこちら→"ヘッポコロジー"

関連:『恋愛ラボ』感想(2)(3)
『みそララ』感想(2)(3)
宮原るりさんサイン会(09/01/10)
スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
Aチャンネル(1)

まんがタイムきららキャラットにて連載中の4コマ漫画が単行本化。
時にはパンツを穿き忘れちゃうくらいの天然娘るん、そんなるんにベッタリな無愛想ちびっ子後輩のトオル(表紙)、スタイル抜群で関西弁と色々な武器を持ちながら妙に弱気になりがちなユー子、ツッコミ担当で常識人なんだけど暑さ寒さの前ではすっかり役立たずなナギ。そんな4人の女の子のハイスクールライフを描いている作品です。

試読はこちらで。
また、マグマニ内の"きらら情報局!!"に、本作の出張版である『Mチャンネル』という作品が掲載されています。雰囲気を掴むにはもってこいなので、気になる方はこちらも併せてご覧になって下さい。

とにかく、るんの天然っぷりがヤバイ。特に寝起きは本当にダメダメです。もう天然とかいうレベルをとっくに通り越して、頭のネジが数本抜け落ちてる感じ。何処かから電波を受信してそれに従って動いてるとかいわれても、僕は納得します。
上にも書いたようにパンツを穿き忘れて登校したり、外にいるトオルに身を乗り出して手を振り返している内に教室の窓から落ちそうになったり(そのシーンは試し読みページで読めます)、雪が降ると聞けばシロップを学校に持ち込んだり……と枚挙に暇がありません。
極めつけは、風見鶏にまつわるエピソード。これはその間の取り方だとかるんの表情だとかが非常に秀逸な4コマだと思うので、是非実際に読んでいただきたいんですが、掻い摘んで説明してしまうと以下のようなものです。
寝起きのためいつも以上に頭がぼんやりしたままのるんが登校していると、ひたすら同じ場所で回り続ける鳥の姿が目に入ってきます。「あの鳥さんちょっとおかしい… どうしたんだろう」と心配する心優しい彼女。ですが、実はその鳥は……まあアレです、既に書きましたが風見鶏にまつわる話なわけで、オチはそういうアレです。何といいますか、おかしいのは貴女(の頭)ですよ、お嬢さんなんて感じに笑顔になれる(?)エピソードだと思いました。

そんな具合で1人にしておくと危なっかしくてたまらんるんですが、その可愛さと人当たりの良さのためか、割と人気があります。そうなってくると、るんを食い物にしようとする人間が出てくるかもしれないし、そこまで露骨な悪意に晒されなかったとしても、彼女の身に何か起こるんでないかと不安になってしまうのは、まあ人情でしょう。
トオルがるんにベッタリな理由には、お姉さんのようにるんを慕う気持ちやら何やらがあるんだと思いますが、自分がるんを守らなくちゃ、みたいな意思も割と大きいんじゃないかなあ。

そうそう、トオルに関して個人的に面白かったのが、1人だけ「後輩」なことだったりします。
誰よりもるんのことを心配して、ナイト的役割も買って出ている彼女ではありますが、学年が違うせいで、いつでも傍に控えているというわけにはいかないんですね。だから休み時間や放課後に、時には威嚇のためバットをぶんぶん振りながらるんの元へ駆けてくる。これはもどかしい。
また、トオルとるんの付き合いが最も長いように描かれているわけですが、それもトオルが「後輩」であることを強く感じさせる要素になっているんじゃないでしょうか。
単行本巻頭に収録されているカラーページによると、トオルは長年るんと一緒にいたはずなのに、自身が高校に合格するまで、るんの高校での友人であるユー子・ナギのことを知りませんでした。ずっと一緒にいたはずなのに、実は一緒ではなかった、自分の知らないところでるんにも色々な付き合いがあった。るんだってまだ高校生なんだから、それ程行動範囲は広くないにも関わらず、トオルがどうしてそれを知らずにいたのかといえば、ただただほんの少しの年齢の違いがそこにあったから……というわけです。
トオルは結構嫉妬深いというか、独占欲が強いというか、るんが動物に目を奪われているのもちょっとヤダ、みたいなところがある子なので、これも相当もどかしいだろうなあ。

とまあ色々書いてますが、実は最も好きなのはユー子です。
有事の際の慌て様が大げさだったり、ちょっとしたことで凹んだり、言動が微妙にズレてたり、と彼女自身の性質も僕の心を惹き付けます。その上、トオルには殴られるわ、るんにはホットケーキの生地をぶっかけられるわ、ととにかく受難の日々が続く環境もまた彼女の魅力に磨きをかけていて、もう僕は彼女の虜なわけですよ。
とにかく彼女を応援せずにはいられない。だけど適度にイジられてほしい。難しいところだなあ。

そんな感じで、るんの電波っぷりやら魅力的な女の子達のやり取りやらが楽しい作品ですよ。オススメ。
……ナギについては、どなたか他のレビューサイトの方が触れてくれることを期待して、これにて終了。

黒田bbさんのサイトはこちら→"bb連絡所"
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
『ささめきこと』の番外編が掲載されているということだったので、"コミックフラッパー"(2010年1月号)を購入してきました。
番外編(そのEx)に登場するキャラクターは、映画研究部に所属している2人の2年生女子、一之谷綾奈と老松のどか。純夏達の1つ上の先輩にあたるわけですね。

脚本作りが上手く行かなかったり何だりで悩む綾奈と、その脚本がコンペを通り映画研究部で撮影する新作に選ばれたりでとんとん拍子なのどか。綾奈はそんなのどかに対してある種のコンプレックスを抱いているわけですが、当ののどかはそれに気付いているのかいないのか……といった感じのお話です。

百合らしさがやや控えめな分、魅力的な青春グラフィティに仕上がっているように思いました。純夏達の物語に区切りがついたら、こんな感じで色々なキャラにきちっと焦点を当てた、梅枝高校における群像劇を読んでみたいなあ。
ちなみに、ちょこちょこと本編のキャラが登場しているため(というか、汐が腕を吊っているため)、いつ頃の話かってのが何となく分かるようになっています。

関連:『ささめきこと』感想(3)(4)(5)



そういえば、フラッパー賞受賞作の『古本の君』(/佐藤宏海)という漫画が良かったです。
匂いに人一倍敏感な高校生・犬丸くんが古本屋で見つけた『蒲団』の文庫本(このチョイスの時点でちょっとエロイ)には、妙に彼を惹きつける残り香が。その匂いが気になって気になってたまらない彼は、その日は一睡もできない程に本の売り手に焦がれてしまいます。そして翌日から、その本と香りの持ち主である"古本の君"が誰であるかを探ろうとするわけですが……といった感じの、コメディ仕立ての青春モノです。

絵も漫画も割とシンプルで読み易い上に話も面白かったので、早く次の作品も読みたいところ。
佐藤宏海さんのブログはこちら→"パールブログ"



で、タイトルにある通り"Kiss"(2010年第1号)も購入しました。正直な話、女性向けコミック誌の付近をうろちょろするのは辛かった。立ち読みしていた女子高生を避けるように本棚をイジっていたので、もう完全に不審者状態だったことでしょう。

お目当ては、つばなさんの新作『見かけの二重星』。表紙にはSF(少し不思議な)新シリーズなんて書いてあったので何となく予想はしてましたが、今のところは『第七女子会彷徨』から百合っぽさを除いただけなので、そちらのファンなら楽しめるんじゃないでしょうか。男性キャラの出番が多くなりそうなのも、ちょっと違うといえば違うかな。

話としては非常にシンプル。
物質転送機なるものの実験(の失敗)によって、姿形から記憶まで全てが一緒な「もう1人の自分」が生まれてしまった女子高生・綾子が主人公のSFコメディってところでしょうか。
最初はその事実を隠そうとしていた彼女達ですが、結局すぐに両親に事情を打ち明けて2人一緒に生活するというのはちょっと面白かった。『第七女子会彷徨』の金やんと高木さんにもいえることですが、根が割とお気楽なんですよね。
そんなにウジウジしないというか……金やんと高木さんは2人揃うことでそういった「強さ」を保っている(ように見える)わけですが、本作の綾子は同じ悩みを抱えることができる「自分」がすぐ傍にいることが、精神的な「強さ」に繋がっているのかもしれません。

ところでタイトルにもなっている「見かけの二重星」ですが、これは「ごく接近して2つの星が並んでいる一対の星」の内、「偶然同じ方向にあるため見かけ上かさなって見えるだけの」ものを指すんだそうです(こちら("星みに いこてば"様)を参考にさせていただきました)。
2人の綾子は実際に重力で結びついて互いにその周りを公転している「連星」ではなく、あくまで見かけ上重なっているだけである「見かけの二重星」……だとすると、ぱっと見では分からないような距離が彼女達の間にはあるのかもしれません。今後、2人の差異みたいなものも出てきたりするのかな。
とにかく次の掲載(4/10発売の第8号に載るそうです)が楽しみです。

関連:『第七女子会彷徨』感想(1)
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
蝉時雨の中、朝食をとる村雨家の面々。まだ夏休みだというのに、何故か制服を着ている純夏……というシーンで始まる第12話『雨を見たかい』の感想。

今回はアニメオリジナルのシナリオだったわけですが、女子部にキョリちゃん蒼井さん、更には朱宮くんまで登場しており、主要キャラ勢揃いでした。図書委員の先輩・千津香まで出てきます。
アニメ『ささめきこと』における、キャラの性格やら関係性やらの総括といった感じでしょうか。話自体はストーリーの展開に絡むこともないようなもので(放課後の学校で、宝探し……みたいな感じです)、見逃しても特に不都合があるものではありませんでしたが、個人的には結構好きです。
女子部・キョリちゃん・蒼井さんが上手い具合に1つのグループっぽくなってるとでもいいますか、女子達の一体感は原作よりも上なんじゃないかなあ、と思わせる作りでした。

歯が痛くてやる気が出ないので、以下は箇条書き。

・カレーパンに冷却ジェルシートを貼って、"冷やしカレーパン"とか言い出すキョリちゃんが可愛い。今話では出番もそれなりにあって、キョリちゃんファンの方には喜ばしいことだったんじゃないでしょうか。

・汐のハンカチを借り受けた純夏の行動が相変わらずキモイ。匂い嗅ぎ過ぎだろ(ノ∀`)

・純夏達が小川(っぽい場所)に入っていくシーンでは、ブルマに黄色い長靴という、ややマニアックな出で立ちが見られました。ぐりぐり踏んでいただきたい。ところで、何故に純夏はソックスを脱いでいなかったのかしら。

・ちなみに↑のシーンでは、びしょびしょに濡れた女子部とキョリちゃんの体操服姿が拝めます。妙に作画に気合が入ってて笑った。

関連:『ささめきこと』感想(3)(4)(5)
アニメ版『ささめきこと』感想第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話
テーマ:ささめきこと
ジャンル:アニメ・コミック
表紙は『くおんの森』。モリ様が表紙に載るのは09年4月号以来ですかね。来月には2巻が出るみたいなんで、楽しみ。

・『大正野球娘。』/伊藤伸平(原作:神楽坂淳)

学生寮の広いお風呂に、月映姉妹(巴・静)を除いたメンバーが集合。彼女達の入浴シーンから、今話は始まります。
ただ1人殿方からの交際の申し込みを断ったことがない小梅(他のお嬢様方は、やっぱりそれなりにモテるようです。まあ当たり前か)を生温かく見守るメンバー達の表情が、何ともイヤらしくて素敵。
そしてそのイヤらしさを払拭して余りある、湯船に浸かった上級生組の後ろで髪を洗いあっている胡蝶と鏡子の可愛らしさがよいよい。

さて、晶子が途中でバテてしまった時のことを考え、月映姉妹はこっそりと投球練習(巴が投手)を始めていたわけですが、今話ではひょんなことから小梅もそれに交じることになります。その際、あえてどういった球を投げるかを教えずにピッチングを始める巴はホントにドSだな……「ケガでもさせたらどうするんですか」と諭す静に対しての「カサブタをむかせてもらうわ」という返答はもうわけが分からなかった(笑
ところで前話では、巴の投球は非常に捕り辛い(運動神経に優れる静が苦戦していた程)ということしか描かれていませんでしたが、今回その投法や理屈が判明します。この辺りは原作ではあまり描写されてなかった気がするので、補完にはもってこいのエピソードですね。

関連:『大正野球娘。』感想(1)(2)(3)



・『第七女子会彷徨』/つばな

あらゆる物体の動きが止まってしまった世界でたった1人、どうしてかうろちょろ(彼女の無軌道さを表すには、こういう言葉がぴったりでないかと思います)動き回ることができる高木さん。

彼女が色々と悪戯をして廻る様を見るのが、今話最大の楽しみなんじゃないかと思います。勿論、どうして何もかもが動かなくなってしまったのか、そんな中で高木さんだけがフリーダムなのは何故か、という疑問もそれに対する解答も気になるところではありますが、それはさておきやっぱり高木さんに目は釘付けなわけです。
話しかけても反応しない金やんの顔をはたいてみたり、名残惜しげにその場を去ったと思ったら、他人の眼鏡を勝手に持ってきて金やんにかけさせてみたり、金やんのリボンを解いて自分の髪をまとめるのに使ってみたり(この時の高木さんのビジュアルがなかなかイイ)、それでもって自分の行動に何の反応も示さない世界に悩んで、最終的にやっぱり金やんに抱きついて助けを求めてみたり……この子、ホントに金やん好きだな!

とまあ、全体を通して台詞がないにも関わらず、高木さんがいかに金やんにべったりでアホの子なのか、そして可愛いのかがよく分かるエピソードなので、彼女のファンの方にはオススメ。

そういえば柱のコメントによると、今月発売の"Kiss"につばなさんの新作が載るそうです。連載なのかな。

関連:『第七女子会彷徨』感想(1)



・『晴晴劇場』/山坂健

インチキ(?)予知能力少女・岬の単純さ、ポジティブさが好印象。予知能力を疑われると、勢いに任せて「じゃっじゃあ今から私の力を証明してあげる!」なんて言った挙句に適当かつバレバレな嘘を吐くそのアホっぽさもいい。更には三輪車にはねられる姿も何ともキュートでイイんですねー。
今回は相方(ツッコミというかお守というか……)のユウちゃんと一緒に出ずっぱりでしたが、作品全体で見ると出番が少ないのがもったいないなあ。

ちなみに来月は単行本作業のため休載だそう。で、単行本は2月発売ということで、待ち遠しいです。サイズはやっぱり『ひなぎく純真女学園』と同じA5サイズがいいなあ。



この他にも『響子と父さん』最終話なんかも載っています。『ネムルバカ』のルカそっくりな、響子さんの妹・春香も最後にきて(電話で)登場。来年3月には単行本になるそうなので、こちらも楽しみ。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。