上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何かと突っ走ってしまう蒼井さん、過去にもその性格が災いして一緒に同人誌を作っていた子達と仲違いしてしまったことがあったのです……といった感じのシーンからスタートする、第9話『ひまわりの君』。感想をちょいちょいと書いておこう。

今話の見ものは、やはり純夏の都合などお構いなしに勝手に突き進んでいく蒼井さんの妄想。夏休みは純夏と同人誌を作り、お泊りし、海に行き、即売会に参加し……と妄想がどんどん広がっていきます。
オール百合ジャンル即売会「ゆりフェス」に一緒に同人誌を出そう、と純夏に話を持ちかけた時も、純夏の返答も待たずに、ひたすら1人で喋っているだけ。当の純夏が汐とボディランゲージでこっそり(傍目には全く隠れていないんですけども)連絡を取り合ってることにも気付かず、夢いっぱいといった表情の蒼井さんが哀れでどこか滑稽で、だからこそ可愛い。

で、エピソード終盤に近付くまで蒼井さんの暴走は止まりません。純夏が女子部の面々やきょりちゃんと、朋絵が提案した夏合宿について色々と楽しげに話しているのを横目にしながらも、「(同人誌を)いきなり完成させたのを見せてびっくりさせちゃおう」とか、純夏と過ごす楽しい夏休みを夢想することを止めない彼女を見ていると、そのお気楽さが羨ましくなります。と同時に、その後訪れる現実というか何というか、蒼井さんがそういったものによって失意のどん底に叩き落されるのが分かっているせいで、ちょっと胃が痛くなったりもしました。

純夏が同人誌制作に乗り気でなかった(そもそも憶えてすらいなかった)ことにショックを受けた蒼井さんが、帰り道で独りごちた「1人の夏休みなんて初めてじゃないし」は、本当に心に刺さります。挿入歌の切なげなメロディ、更にこの後の号泣シーンもまた応えるんだよなあ……

以下、いつものようにメモ書き。

・蒼井さんの実家は酒屋さんということで、ED映像にも酒瓶が登場します。銘柄は「咲走り」……ダブルミーニング?何とも蒼井さんにピッタリな名前です。

・蒼井さんを慰めるために、彼女の部屋を訪れる純夏。一緒に朋絵とみやこも部屋に入ってきているわけですが、汐だけは家の外でじっと佇んでいて、ついには夕焼けの中を1人で帰ってしまいます。彼女のお兄さんこそが、蒼井さんが敬愛する百合作家の正体であることがバレないよう、必要以上に親しくしないことを意識している汐なので、この行為は仕方ないことなのかな。2人にも仲良くなってほしいものです。まあ汐の側に、純夏が他の女の子に構っていることへの寂しさとかそういった感情が(無意識下にでも)あるとしたら、難しいのかもしれませんね。

関連:『ささめきこと』感想(3)(4)(5)
アニメ版『ささめきこと』感想第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話
スポンサーサイト
テーマ:ささめきこと
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。