上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先生はお兄ちゃん。(3)

最新のまんがタイムジャンボにて最終回を迎えた4コマ漫画の単行本。後日談も交えて一応最終回まで収録されていますが、あと3月分(?)続くラブリーでの連載は掲載されないそう。
ちっちゃな女子高生・桜木まゆ(表紙)と、彼女に夢中なあまりその担任教師にまでなってしまった兄・眞一(表紙・左下に人形として登場)の生活を描いた作品です。

試読はこちらでどうぞ。試し読みのボタンをダブルクリックしないとダメかもしれません。

兄がひたすらまゆにまとわりついて、それによってまゆや他の人が振り回される様子を見て楽しむ、というのが基本的な読み方でしょうか。兄のまゆへの溺愛ぶりは、2人と関わる誰もが知っていることなので、ちょっぴり迷惑だったりした時も大抵は苦笑いで済ましてくれます。
そんなキャラクター達や、殴ったり何だりするけども実は兄のことをしっかり見ていて、彼の恋の行方にやきもきしたりもするまゆ、まゆのことが愛しくて心配でたまらない兄、誰よりも近くで桜木兄妹を見守っている、兄の友人である月子先生(表紙・まゆの掌の上の人形・右端)……何気ない優しさに満ちた作品なんですよね。

今巻は最終巻ということで、これまでとはやや趣が異なる点もあります。それが、まゆの初恋(多分。自分を突き動かしている恋愛感情の正体に気付いていなかったので……)や、兄と月子先生の恋模様。
実をいうと、月子先生ファンである僕としては後者の方が気になってたわけです。2人ともお互いを悪友といった形で捉えてないだろうし、そんなにきっちりとした形では恋愛のエピソードは描かれないかなあ、なんてことを2巻の感想記事に書いてたんですが、嬉しいことにその予想は完全に裏切られた形に。今巻のカバーをめくってみたところ、予想以上に関係が進んでてびっくりでした。
どうでもいいことですが、友達という関係を壊したくないからこそ……ってシチュはイイですよね。まさか月子先生の方にこそ、そういう思いがあったとは。

で、そんなストーリーとは全く関係ないところで最後まで(それこそカバー裏まで)笑わせてくれたのが、まゆの友人(通称:友人A)。ついに作中では名乗りを上げられず……そしてカバー裏では、モブみたいなキャラですら自己紹介をしてるにも関わらず、彼女の名前は吹き出しに隠れて見えませんでした(見える文字から推測すると、「手塚」なのかも)。おお、何と哀れな友人A……



テンヤさんのサイトはこちら→"テン屋"

関連:『先生はお兄ちゃん。』感想(2)
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
キラキラ☆アキラ(2)

まんがタイムファミリーにて連載中の4コマ漫画の単行本、2冊目です。
同じマンションの上下階に住むアキラ(表紙・中央)と幼馴染の桃太郎、そしてその友人達の過ごす、キラキラと光るハイスクールライフが描かれています。

試読はこちらで。

アキラと桃太郎はとにかく仲良し。家を出て、階段を下りて……なんて手間を省くためなのか、上階に住んでいるアキラは、桃太郎の部屋のベランダへ縄梯子を使って移動してきちゃいますし、桃太郎もアキラのためにいつでも窓の鍵を開けているといった具合です。勿論、アキラが自室に帰るときも縄梯子を上っていくわけで、桃太郎にしてみれば何とも素敵なアングルが(ry
この設定、二人のキャラクターにぴったりなのです。いつでも気軽に遊べる間柄ではあるんですが、桃太郎はそのぷよぷよした体格のせいで、縄梯子を上って移動するってのはよくよく考えると難しい。なもんで、いつもアキラが遊びに来る形になるわけです。
そういった部分が、お気楽でアグレッシブな上に、2人が年頃の男女であることをいまいち意識していないアキラ(桃太郎のベッドに潜り込んだり、それで2人揃って寝坊したときにはクラスメイトに「桃ちゃんのおフトンぬくぬくで起きられなくって…」なんて発言しちゃったりします)と、彼女に比べるとそういうことが気になったりするし、アキラのことを「女の子」として捉えて複雑な想いに駆られたり、他にも色々と悩みがちな桃太郎、2人のらしさと重なる気がするんですよね。

今巻では、桃太郎が無神経な一言でアキラを傷付けてしまったり、そこからの仲直りで外から見ても更に「イイ感じ」になったり……と、何だかんだで着実に恋仲への距離も縮まっているんであろう2人の、前巻にも増して甘々で、少し酸っぱくて、人によってはこそばゆさを感じさせる姿が堪能できます。

そんな順調な2人に比べると、その周りの友人達の恋模様は何とも困難なものです。
アキラに片思いしている脳天気でポジティブな青島くん、そんな彼に片恋状態で引っ込み思案な牧さん(表紙・左)、そして桃太郎の兄に憧れを抱き始めた坂口さん(表紙・右)……上手く行きそうな子がいない!
その恋が成就する可能性がまだありそうなのは、牧さんでしょうか。アキラと桃太郎がきちんとくっ付いて、青島くんが失恋(というか、アキラは彼を振り向かないことに気付いて)したところに、牧さんが頑張って当たって(砕けて←×)……といったところかな。

男性に対する免疫がなく、Xmasに桃太郎の家で行われるパーティーに参加するだけでも「Xmasに男のコのうち!」なんてドッキドキな牧さん。そんな彼女にいつでも素直な言葉を投げかけて、心を暖かくさせてくれる青島くん。だけど彼の視線の先にはいつでもアキラがいて……それでも、慣れないながらも懸命にアプローチをかける牧さんが非常に可愛くてたまらんので、上手くいってほしいような気もしますが……どうなるかなあ。

こんな感じの、とても甘酸っぱい4コマ漫画です。絵も可愛らしいし、恋愛以外の話もなかなか面白いので、個人的にはオススメ。



遅くなってしまいましたが、『キラキラ☆アキラ』2巻の感想です。1巻についての記事が上手く書き直せなかったので後回しにしてたんですが、これ以上時間が経ってしまうのも何だかなあ、ということで。あとアレ、年賀状企画で描いていただいた牧さんがあまりにも可愛過ぎたので、ついカッとなって……的なものもある。

曙はるさんのサイトはこちら→"白玉庵"
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
タイトル通りの記事です。ブログを開設した当初は色々な漫画の感想を書こうと思ってたんですが、1年とちょっとが過ぎた現在では4コマのそれが多くなっていたので(重厚なストーリーや凝った設定が売りの漫画の感想が上手く書けないことに気付いて、コメディものを取り上げることが多くなったからかな)、それなら去年読んだ4コマの中で個人的に好きなものをまとめておくかな、という感じ。
決して、某企画に投票したいなあと思ってたのに締切日時を勘違いしてたとか、そういうんじゃないんだからねっ(棒読み

気分次第で順位は変わりそうだし、50音順で。
タイトルをクリックすると、各作品の感想記事に飛びます。

『うちの姉様』(1)/野広実由

頭はいいし、スタイルだってかなりのモノだし、顔だって結構可愛い。だけどとことんマイペースなせいで、ただの変な人にしか見えなくなっちゃう東大生・涼音の言動をヲチするのが楽しい。
片思いが度を越して、涼音のストーカーみたくなってるツンデレ男子・遠野くんのおかげで、人とコミュニケーションを取ることの難しさ、だけどそれゆえの楽しさみたいなものも感じることができました。

『Aチャンネル』(1)/黒田bb

パンツを穿き忘れちゃう天然娘とか、スタイル抜群で関西弁な弱気少女とかが可愛い。会話なんかのやり取りだけではなく、個々の性質そのものでも笑わせてくれる少女達のお話。

『おちけん』/川島よしお

落語と4コマの、各々のオチが上手く絡み合った時のインパクトが素晴らしかったなあ。
また、表紙を飾っている茶子にまつわる「物語」の進展が落語を媒介にして綴られていく部分は読み応え抜群。ちょっとホロリとしてしまいました。

『キラキラ☆アキラ』(2)/曙はる

幼馴染のアキラと桃太郎、2人の恋仲になりそうでなかなか進まない甘酸っぱい関係が堪能できます。2人の友人である牧さんが可愛いんだなー。

『キルミーベイベー』(1)/カヅホ

殺し屋の少女・ソーニャと、そんなソーニャに関節を外されたり何だりしながらもちょっかいを出し続ける少女・やすなのじゃれ合いを描いた作品。仕事に出かける時のソーニャのまとう雰囲気が、やすなと共に過ごす学校生活との断絶を感じさせてちょっと切なくなることもあります。

『先生はお兄ちゃん。(2)』/テンヤ

兄が担任教師になってしまった、小さな高校生の妹が主人公。異常なまでに妹を愛する(ちょっとキモイ)お兄ちゃんは傍から見ている分には楽しい……かもしれません。

『全力委員長』(1)/のしお

委員長、それはクラスのトップ。委員長、それは権力の象徴……なんて具合に、完全にイカレた委員長観を持った委員長と、それに振り回される副委員長や先生の関係性が面白い。こんな委員長がいたら、ついつい応援しちゃってただろうなあ。

『そんな2人のMyホーム』(2)/樹るう

有能大和撫子な舞さんと、そんな舞さんを溺愛する父・輝のドタバタしつつも楽しげな生活が描かれているんですが、舞さんの幼馴染にして初恋の相手・ヒロちゃんの登場によって、そこに潜んだ歪さが露見し始めました。ストーリーものとしても、割と読ませる4コマだと思います。

『中央モノローグ線』/小坂俊史

「中央線文化圏」(中野~武蔵境)に住む8人の女性達のモノローグで綴られる作品。中央線や、その沿線に広がる町に愛着のある人ならハマりやすいんじゃないかと思います。

『はるみねーしょん』(1)/大沖

ちょっと胡散臭い宇宙人・はるみとその友人達の会話が楽しい作品です。東方同人界隈でも有名なやべえ、すげえ……これでピンときたら買いですよ!

『ひなぎく純真女学園』(2)/ふくやまけいこ

純真な乙女の学び舎たるひなぎく女学園を舞台に描かれる、少女達の過ごすふわふわとした日々。柔らかそうな彼女達が可愛くてたまらんのです。
アミとユイ、2人の百合的な関係の今後がとにかく気になるなあ。

『PONG PONG PONG!』(1)/リサリサ

タヌ耳タヌ尻尾でちょっとおバカな女神様、ばんざーい!幼女にも化けれるんですよ(っていうか耳や尻尾を隠そうとすると、それにしか化けれないんですよ)、ばんざーい!

『毎週火曜はチューズデイ!』 /ÖYSTER

誰が誰だか分からない、ダジャレ好きなチューズ(ネズミ達)が繰り広げる楽しみとスリルに満ちた日々。個人的には非常に波長が合ったというか何というか……多分、去年読んだ中では1番笑った4コマです。

『魔法少女☆皇れおん(仮)』/桜みさき

女装系魔法少女(……少年?まあどっちでもいいんですよ、可愛けりゃ。いやむしろ、生えてる方が興奮することもあるよね)をめぐる物語。

『ゆゆ式』(1)/三上小又

(可愛い)女の子3人組の何でもない会話って、見てるだけでこんなに幸せになれるもんなのかしら、って気持ちになれました。間の取り方とか、彼女達のちょっとした動作とかがステキです。

・『恋愛ラボ』(2)(3)(4)/宮原るり

今年は何と3冊刊行。現在、まんがタイム系の漫画で最も波に乗っている作品ではないでしょうか。中学生お嬢様達の笑える恋愛研究をメインに据えながらも、温かみに溢れた友情なんかもきちっと描かれていて、お得感が凄い。



こんな感じです。
一応、感想を書くなり何なりして取り上げた作品の中から選びましたので、記事を書き損ねたり敢えて触れなかったものの中にもオススメはあります。『キラキラ☆アキラ』『サクラ町さいず』『タマさん』の各最新巻とか……(1月6日に追記:『キラキラ☆アキラ』の感想を書いたので、更新しています。16本ピックアップとか、ホント中途半端だ)
まあ色々挙げ出したらキリがないので、こういう形を取りました。感想を書いてる作品は、ある程度の差はあれどどれも好きですしね。
さあ、今年も適度に更新頑張ろー。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
駅のホームで、純夏が墓参りを兼ねて田舎に帰るとの連絡を汐に入れているシーンからスタートする第13話(最終話)『CALLING YOU』。今まではここでOPが流れてたんですが、今回はカットされてました。

電話をかけると言いながらも、圏外だったり携帯が水に浸かったりのせいで連絡ができない純夏と、彼女からの着信をただただ待ち続けている汐。
舞台が梅枝高校から離れているために、女子部の面々を始めとしたサブキャラ達は登場しません。最終回としては少し寂しいところもありますが、その分これは純夏と汐のラブストーリーなんだよな、ということをしっかりと意識させるものだったので、これはこれで。

今日は朝早いので、以下は箇条書き。

・車中で叔母さんに色々と話しかけられても、上の空な純夏。その場で携帯のチェックを始めちゃうし、清香という女の子(純夏の従妹。純夏を慕う、中学生ぐらいの女の子。この子の方言がまた可愛いんですな。地元の人と喋る時の語尾が「~じゃ」ってのは推せる! 原作よりも出番多いです)と会話しながらも携帯をちらちら見てるしで、ちょっとアレな子っぽくなっちゃってましたね。

・洗顔時に前髪をヘアバンドで止めている純夏が、アニマスの伊織に見えた。どうでもいいですね。

・汐に連絡をとれない純夏と、純夏からの連絡が来ずにやきもきする汐。作中でも色々と演出に用いられていた夕焼けとOPソング『悲しいほど青く』をバックに、今まで描かれてきた高校入学からの2人の思い出が回想として挿入されているシーンは秀逸。ちょっとほろっときました。

・テル(純夏の従弟。どうも純夏に淡い恋心を抱いてそうな感じ。彼女の目の前でイイとこを見せようと色々するんですが、それが大人の目から見ると何の意味もないところが子供らしく微笑ましい)のせいで純夏の携帯は水浸しになってしまうわけですが、それをあまり責め立てずに苦笑で済ます純夏。これはテルが彼女に惚れるのも分かります。成年コミックならこの後は(ry

こんな感じでしょうか。最終話を見て気が抜けてしまったので、そんなに長く書く気力がありません。久々に、リアルタイムで(微妙にズレはありますが)アニメを全話見たなあ。
笑いが抑えられていて、ややしんみりさせられる場面が多かった分、13話の時点での「百合っぽさ」は原作よりも強く出てたんじゃないでしょうか。序盤から中盤はコメディ色が強い原作か、第1話の空気をある程度残したまま進むアニメか、好みが分かれるところだとは思いますが(実際には、そんなに差もないのかもしれません)、原作のしっとりした部分を活かしたいいアニメになっていたように思います。原作の1ファンとしては、非常に満足でした。これはDVD欲しくなるな……何とか金銭を工面せねば。

関連:『ささめきこと』感想(3)(4)(5)
アニメ版『ささめきこと』感想第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話


テーマ:ささめきこと
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。