上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sweep!!(1)

コミックバーズにて連載中の女子高生×カーリング漫画が、単行本化。
温泉街としての賑わいが遠い面影となりつつある見並町に生まれ育った女子高生、里子はひょんなことからカーリングに挑むことになって……といった感じで始まる作品です。

主な登場人物紹介と第1話の一部がバーズの公式ページで読めますので、どうぞ。

主人公である里子が、なかなか魅力的。
近所のご老人と仲良く、「かき氷無料券」を賭けての囲碁勝負……なんて女子高生はなかなかいないと思うんですが、そんな姿が割としっくりくるのが彼女の面白いところです。
座布団にちょこんと正座して納まり、せんべいを頬張り茶をすすり、一人称は「わし」で、吹き出しの外で漏らす笑い声は「フォフォフォフォ」。実年齢は相当なモノで、いわゆるロリババアなんですなんて言われても一瞬信じてしまいそうな空気を纏っているんですね。

とはいえ、彼女にも年齢相応の若い悩みのようなモノがある様子。
高校卒業後、東京に出るとか地元に残るとかそんな話を楽しげにしているまつりと亜由美から一歩引いて、「これから夏休みなのに この気持ちは何じゃろ?」と胸中で呟くシーンにしろ、そのことで2人に置いていかれるような気分を味わっていることにしろ、自分だけが空っぽなんじゃないか、ここから進めないんじゃないか、といった感覚が彼女の中で澱のようになっているんじゃないかな、と感じさせるんですね。

そんな彼女の前に突如として現れたのが、「カーリング」。見並町と紀田町の境目に噴出した源泉の所有権が一体どちらの町にあるのかを、カーリングで勝負して決めることになったので、源泉発掘者である里子には見並町代表になってほしいと頼まれます。
ある意味では自らの手で手繰り寄せた、もしかしたら"充実した夏休み"を手に入れられるかもしれない、見知らぬ競技との出逢い。心に居座るもやもやを吹き飛ばし、まつりや亜由美との間に感じてしまった距離を縮めるために、里子はカーリングに挑むことになるのです。

さてこの里子、ご老人に可愛がられているところからもその一端が窺えますが、誰にも分け隔てなく接することができる子です。スルッと人の心の中に入り込んで、居場所を作ってしまうタイプ。
そんな老若男女問わずに仲良くなれる彼女だからこそ、カーリングなんていうマイナーな競技に人を巻き込んでも違和感がないんだろうな。(他にも目当てがあるにはありますが)まつりと亜由美にしろ、里子としか親交がなかった英子にしろ、里子がそこにいたからこそ交わって、共にカーリングに臨むことになったわけです。

年寄りくさいかと思いきや、無意識的な部分には青春時代特有の焦燥感みたいなものも持ち併せている里子が、何か漠然としたものを手に入れるために新しい世界にぶつかっていくというその構図を見てると、たまらなくワクワクしてきます。
青く瑞々しい学生生活や、熱さを秘めたスポーツを描いている作品が好きだっていうのもあるんですが、それより何より里子の魅力に僕も虜になってしまったからこんなに入れ込んでるんだろうなあ。

とまあこんな具合に、カーリングに出逢うまでの過程がちょっと不自然ではありますが(笑)、それを補って余りある今後への期待感があります。試合が始まったらどうなるんだろう、楽しみだなあ。



小橋ちず先生のサイトはこちら→"まぼろし"
スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
表紙は『ねこむすめ道草日記』。虎っぽいコスに身を包んだ黒菜が可愛らしくてよいよい。パンツっぽいものが見えてるのが気になります。
そういえば3巻についての記事を書き損ねてるんですが、感想も何も黒菜達の可愛さとエロスとほのぼのとした空気感を楽しめばいいよ、いつも通りだよ……ぐらいしかいえないので、このままな気がします。

・『ねこむすめ道草日記』/いけ(#22『蜘蛛が街に出て道草』)

タイトル通り、女郎蜘蛛が街に出かけるお話。

そんな彼女のお買い物のパートナー(というか、着せ替え人形みたいな扱いですが)は二口女の"クッチー"。某ヲタクサークル漫画に出てくる空気読めない男を想起させる名前ですが、アレとは似ても似つかぬ可愛い眼鏡っ娘です。
このクッチー、登場シーンではたい焼きを口に頬張りつつ、頭に付いた口で喋っているんですが、その折に女郎蜘蛛と交わす会話がエロイ。上の口とか下の口とか……女の子が人前で言うもんじゃありません><
そういえば彼女は初登場にして下着姿まで披露してくれるんですが、割とむっちりしてるような気がします。胸も豊かな感じですし、やっぱり食欲旺盛なだけあるなあ。

ところでクッチーは女郎蜘蛛のことを「お嬢」と呼んでるんですが、どんな関係なのかしらん。

関連:『ねこむすめ道草日記』感想(2)



・『大正野球娘。』/伊藤伸平(原作:神楽坂淳)(#19)

練習試合の相手である志葉中学野球部の面々との顔合わせに向かう、娘。達(公式のアオリでもそう表記されてるし、今後はこう書こう)。扉絵では、彼女達の洋装姿が拝めます(お揃いの白いワンピース。裾の辺りに、各々のキャラクターをイメージしたのであろう花のデザインが配されています。例えば小梅なら梅の花、晶子なら桜の花といった具合です。そんな中、胡蝶のものだけ蝶が模されているのが印象的)。
この扉絵、娘。達を写真に収めたという形で描かれているんですが、洋装嫌いであることを公言しているたまちゃんの余裕のなさが笑えてしまいました。1人だけ妙に肩に力が入ってて……ああもう可愛いなあ。普段とは違い、髪を下ろしてるのもイイ。
ちなみに乃枝さんは、髪をアップにしてるためか何処かのマダムみたいになってます。これはこれで。

本編では、新聞部に所属する尾張記子(キャッチフレーズは「終わりを記す者」)という女の子が登場。アニメオリジナルキャラの逆輸入ですね。コミック版では月映姉妹とは何の関係もない様子なので、幾らか設定が変わっているようです。
この記子、清楚な感じでまとめた今話の娘。面々に比べるとやや野暮ったい感じがして(ぴょんぴょん飛び出した枝毛だとか)、やや毛色の違う魅力があります。今後も話に絡んできそうなので、活躍に期待したいな。

ところでこの記子が「円太郎バス」の揺れの酷さに酔ってしまうシーンがあるんですが、へたり込む彼女の三つ編みが地面に着かないよう、乃枝さんが持っていてあげたりして、何となくその気遣いに惚れ直しりしました。どうでもいいですね。

関連:『大正野球娘。』感想(1)(2)(3)

以下、関係ないようでちょっとある話。

帝都たこ焼き娘。』第2話が更新されています(今後、リュウの感想を書く時にちょっと触れよう。こちらは原作の流れに沿っているので、原作を読んでいる方ならスッと世界に入れるんじゃないかと思います。キャラ描写が面白いのでオススメですよ)。
ここでエスコートされてばかりいる新宿云々という巴の台詞があるんですが、その付き添ってくれる男性というのが、伊藤コミック版で今回巴との初顔合わせを済ませた志葉中学の柳なのです(よねやまコミック版ではキザっぽさが増してますね)。伊藤コミック版でも巴が彼のことを「面白そうな人だわ」なんて少し気にかけている感じに描かれていたりして、何気に活躍が多いんだよなー。

ところでこの『帝都たこ焼き娘。』に、乃枝さんの従姉妹である長滝紅葉が登場。めちゃくちゃ性格キツそうでいいよいいよー。よねやま先生の絵はキャラクターの性格がはっきりと絵に出ているというか、キツい子はパッと見で分かるんですよね。乃枝さんと同じ顔なのに、笑顔1つとっても全然違う感じがする。
それはさておき、今後の彼女の言動とそれに食ってかかる乃枝さんの活躍が楽しみです。



・『第七女子会彷徨』/つばな(#20『魔術師』)

デジタル天国の住人である坪井さんが扉絵を飾っています。
というわけで、今話の主役は坪井さん。あくまでデータ化されて生かされているだけの彼女ですが、学校内に設置された装置のおかげで一応登校して授業を受けたり何だりはできるようになっています。

しかしそうはいっても彼女が現世に干渉できるのは学校内だけですし、やっぱり暇で暇で仕方ないわけです。時々遊びに来てくれる金やんと高木さんも、動物の姿をしていたり何故か急須だったりで(デジタル天国はインターネットの世界ですので、自由に姿を変えられます)、どうも遊んでいるという感覚は薄い。そんなこんなで暇を持て余している坪井さんを、何者かによるデジタル天国へのクラッキングというハプニングが襲います。
彼女もその犠牲になりそうになったのを、間一髪救ったのは何と飯島くん。学校では無愛想、坪井さんが話しかけるとリモコンでその声量を調節しちゃうような彼が何故……といった感じで話は進みます。「渋い」ロケットパンチを選択する辺り、デジタル天国における「飯島くん」にちょっとオジサン世代的なものを感じさせる。

とまあ、普段とはあまりにも違う姿の飯島くんに、ついつい赤面してしまう坪井さんが可愛らしいエピソードでした。

関連:『第七女子会彷徨』感想(1)



・『木造迷宮』/アサミ・マート(#24『帰郷』)

突然の雨に降られながらも、ついにお屋敷に辿り着いたヤイさん。ですが、無人となったお屋敷の門は固く閉ざされ、立入禁止の札まで貼られています。
庇の下で雨宿りをするヤイさんの脳裏に浮かび上がる、この旅行で出会った、かつてお屋敷で共に働いていた女中達の現在の姿。色々と想うところがあるのでしょう、この時のしんみりとするヤイさんが寂しげでイイんですね。これがあるから、その後コーイチと楽しげに喋る姿が一層輝くわけです。

話の本筋とは関係ないんですが、コーイチに貰ったよそ行きのゲタが濡れちゃうからって、それを脱いで雨の中を走るヤイさんには心打たれました。

関連:『木造迷宮』感想(2)



今月のリュウには、石黒正数先生の漫画家生活10周年記念『ネムルバカ』1.5巻なる別冊付録が付いてきます。
単行本には未収録だったという番外篇『サブマリン』(鯨井先輩が所属していたバンド"ピートモス"のメンバーを扱ったエピソード)、石黒先生の仕事を手伝っていたというツナミノユウ先生やつばな先生、アワーズでお馴染みの大石まさる先生や水上悟志先生等ゲストによるイラストや漫画が掲載されているので、気になる方は是非チェックしてみて下さい。

更に来月のリュウには、『ネムルバカ』番外篇2なるものが載るそうですよ。誰に焦点が当たるのかな。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
神のみぞ知るセカイ(7)

週刊少年サンデーにて連載中の、「ギャルゲーを現実世界に当てはめて攻略してみよう」漫画『神のみぞ知るセカイ』の第7巻が発売しました。これと『ハヤテのごとく!!』だけ、他のサンデーコミックスより店頭に並ぶのが2日早かったみたい(土曜日には販売開始)ですね。小学館の萌えヲタに対する本気が窺える……ような気がする。

主要キャラの紹介に加えて、既刊の試読ページもある公式サイトはこちら

今巻に登場するヒロインは、桂馬の幼馴染である鮎川天理ただ1人。前巻とは異なり、インターバル的な話は挿入されていません。ついでに桂馬によるヒロイン攻略も行われません。
天理を巡るエピソードは、有体にいってしまえば設定話なんですね。桂馬は、天理の内に潜んでいる"女神"ディアナによって、『神のみ』の根幹となる話を知らされる、という……
女性の心のスキマに忍び込む"駆け魂"を新悪魔(エルシィやハクア達)達が封印した際に協力していたのがディアナ達天界の人間であること、ディアナが天理の内に入り込んでいるのには桂馬も一枚噛んでいたこと、桂馬は幼い頃に"駆け魂"に出会っていたこと等々。

今まで小出しされてきた世界観に、きちっとした背骨が出来た感じでしょうか。桂馬にしろエルシィにしろ、ただひたすら"駆け魂"を捕獲することに奮闘してきたわけですが、その"駆け魂"が人間界に逃走してしまったことの背後には、地獄に起こっているであろう何らかの異変があった、と。
そこを見据えて行動を起こしているディアナ(と天理)が近くにいる以上、桂馬達が取る行動の意味合いも少し変わってくるんじゃないでしょうか。

個人的に気になったのは、幼少時の天理の中に"駆け魂"が入れなかったということ。
「話しかけられるのも怖い」なんてことを桂馬に喋っていた小さい頃の天理ですが、別にそれが心のスキマになっていなかったというだけの話なのか、それとも既に、アクシデントに見舞われても冷静さを失わず、ゲームに没頭することで現実とのある種の断絶を成功させていた「強い(天理には、確固たる自分を持って振る舞っている様子がそう見えたんでしょうか)」桂馬に恋慕を抱き、そんな彼と一緒にいたことによって、そのスキマは(一時的に?)埋まっていたということなのか。
そんなの関係なくて、幼女には(大きさ的な意味で)入れないとかだったら興奮する(←×

どうでもいいチェックポイントとしては、過去編の麻里さんは髪の毛を下してて若奥様っぽくてイイなあ、とか褐色肌で巨乳だとかノーラさんはエロイなあ、とかその辺りでしょうか。ゲーマーズで配布している特典ペーパーがノーラさんなので、そこで買うといいですよ!

若木民喜先生のブログはこちら→"HoneyDipped"

関連:『神のみぞ知るセカイ』感想(2)(3)(4)(5)(6)
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
ボクとワタシの変愛事情(1)

WEBコミックハイ!(こちらで第1話と最新話が読めます)にて連載中の漫画の単行本。
売れっ子バンドのボーカル・ジン(表紙・右)とパン屋で働くタマ(表紙・左)の2人が織り成す、何ともヘンテコな恋愛事情が描かれている作品です。

物語は、所属するバンドがブレイクしたことで忙しくなってきたジンが、タマに別れを告げる場面からスタート。会う時間も十分に取れないだろうし、タマを縛りたくないという彼の言葉に対して、自分が重荷になっても仕方ない、とタマはそれをあっさり承諾します。
ここだけ切り取ると、2人の関係はとてもドライもののように目に映るんですが、本当のところ2人とも心の底では別れたくなんてないわけです。それでもいいから傍にいてと言ってほしかったジンに、「うん」なんて返答をするんじゃなかったと後悔するタマ。
こんな形ですれ違い始めた2人は、いつまで経っても思うようにいかなくて……

と、簡単なあらすじだけ書くとちょっと切ないラブストーリーっぽくなってしまいますが、実は全くそんなことはありません。いや、本人達にとってはこれ以上ないぐらいに悲劇的なのかもしれないけれど、こちらの目から見ると完全にコメディなんですよね。

そのコミカルな空気は、多分にジンの行動に起因します。
合鍵を返しにいくだけなんて嘯きつつタマの部屋を訪れ、あまつさえ合鍵で中に入ろうとしてしまったり、タマとの関係にけじめをつけるんだなんて言い訳をしながら彼女のバイト先付近の喫茶店に張り込んでみたり、タマが他の男性(タマに好意を寄せる青年・穂高くん)と車で出かけるのを見かけるとママチャリでストーキングしたり……これだけタマのことで頭がいっぱいなら、とっととヨリを戻せばいいのにと思わないでもないんですが、そうはジンの思い込みで突っ走ってしまう性格が許しません。
上に書いたストーキング行為の途中、タマが穂高くんに告白されると「ちょっと待て!」なんて具合に乱入した挙句の果てに、タマと穂高くんとがイイ仲だと勝手に思い込んで、幸せになってくれ……なんて身を引こうとするそのアホっぷりには感動すら覚えます。忙しいヤツだ。

そんな彼自身は、自らの境遇を悲劇のヒーローのようなものとして捉えていそうな素振りを見せていて、そこがまた滑稽なんですね。いやいや、君はどう考えても悲喜劇の主役にふさわしいキャラクターだと思うよ、ご苦労様と声をかけてあげたい気分になります。

ちなみに、単行本に収録されているエピソードの続きが、WEBコミックハイ!で読める最新話になります。単行本を買えばすぐに連載に追い付けますよ。



天野シロさんのブログはこちら→"あまのシロ"
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
恋愛遊星

コミックアライブに、連作シリーズとして掲載されていた漫画の単行本。
異星人とのコンタクトから数十年が経過した地球を舞台に、SFの要素を含んだラブストーリーが描かれています。

異星人と地球人の様々な恋愛模様が、とにかく心に沁みる。
作中に登場する異星人は、どの種族もが特異体質なり何なりを有しています。彼らの生活がその種族だけで完結していれば普遍的なものとして捉えられるであろう特異性、そしてそのドラマ性が、彼らと地球人との交わりによって際立つ様が描かれているわけですが、そのどれもが悲恋を呼びかねない代物。
例えば、「キルキリリ人」と呼ばれる種族固有の体質は「引き継ぐ」こと。一生の内に8回の人格交代をし、その度に記憶の整理が行われるという体質なのです。

第1話では、人生において2度目の「引き継ぎ」を間近に控えた少女(表紙)と、1度目の「引き継ぎ」以降の数年間をその傍で過ごしてきた少年との別れと出逢いの物語が描かれています。
外見は何も変化しないのに、次に会話を交わす時には別人格。しかも、共に経験してきたことも確たる形では憶えていない。死別とはまた違う切なさがそこにはありました。

ただ、僕の心を惹き付けたのはその切ない面そのものではありません。むしろ、それを乗り越えた部分にある恋の純粋さが持つ力強さとでもいいましょうか。「引き継ぎ」を終えた後の少女が、少年と初めて顔を合わせた時に胸中で発した「なんで微笑んでしまうんだろう」「なんで胸が熱くなるんだろう」というモノローグこそが、それです。
記憶喪失になったり転生を経ても、その感情だけは残っている、蘇る……なんていう展開は決して珍しいものではありませんが(ちなみに、丁寧に描写されていればそういうのも大好物です)、ここで描かれているのはそこに一味加えたものになっています。それを表しているのが、作中に登場する別の「キルキリリ人」の「記憶が全てリセットされるわけじゃない 本人の意志によるところが大きいけど」という台詞。
「引き継ぐ」前に、自分で残す記憶を選べるわけではないけれど、強く思えば、そうあるように願えば、大切な記憶や感情は残る可能性もある。そのことが説明された上での、少女の上記のモノローグなわけです。一緒に歩んできた時間こそが、想いを形作っている。読んでいて、涙ぐんでしまいました。

ちなみにこの作品、必ずしも異星人と地球人とのカップルが主役になるわけではありません。彼らの、一筋縄ではいかない恋愛の影響を受けながら進展していく、地球人の少年少女の恋模様も描かれていたりします。心情移入という観点からいうと、そういったエピソードの方が入れ込み易いかもしれません。

他にも面白いのが、随所に散りばめられた細かいガジェットやら物語同士のリンクやら。中でも、「この耳は昔話ではトステ人の祖先と同じらしいのです!」(第5話より)という台詞は、第1話から順に読んでいる読者にはその後に起こる事態を予想させ不安を抱かせるという意味で、非常にインパクト大。
1つ1つのエピソードは独立していますが、最初から通して読んでこそ、その魅力が最大限に発揮されるんじゃないかと思います。



基本的にコメディ、ラブコメの感想を中心に書いてる当ブログですが、SF要素のあるラブストーリーというのがとてもツボったので取り上げてみました。

倉橋ユウスさんのサイトはこちら→"倉橋ユウス部屋"
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。