上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先生はお兄ちゃん。(3)

最新のまんがタイムジャンボにて最終回を迎えた4コマ漫画の単行本。後日談も交えて一応最終回まで収録されていますが、あと3月分(?)続くラブリーでの連載は掲載されないそう。
ちっちゃな女子高生・桜木まゆ(表紙)と、彼女に夢中なあまりその担任教師にまでなってしまった兄・眞一(表紙・左下に人形として登場)の生活を描いた作品です。

試読はこちらでどうぞ。試し読みのボタンをダブルクリックしないとダメかもしれません。

兄がひたすらまゆにまとわりついて、それによってまゆや他の人が振り回される様子を見て楽しむ、というのが基本的な読み方でしょうか。兄のまゆへの溺愛ぶりは、2人と関わる誰もが知っていることなので、ちょっぴり迷惑だったりした時も大抵は苦笑いで済ましてくれます。
そんなキャラクター達や、殴ったり何だりするけども実は兄のことをしっかり見ていて、彼の恋の行方にやきもきしたりもするまゆ、まゆのことが愛しくて心配でたまらない兄、誰よりも近くで桜木兄妹を見守っている、兄の友人である月子先生(表紙・まゆの掌の上の人形・右端)……何気ない優しさに満ちた作品なんですよね。

今巻は最終巻ということで、これまでとはやや趣が異なる点もあります。それが、まゆの初恋(多分。自分を突き動かしている恋愛感情の正体に気付いていなかったので……)や、兄と月子先生の恋模様。
実をいうと、月子先生ファンである僕としては後者の方が気になってたわけです。2人ともお互いを悪友といった形で捉えてないだろうし、そんなにきっちりとした形では恋愛のエピソードは描かれないかなあ、なんてことを2巻の感想記事に書いてたんですが、嬉しいことにその予想は完全に裏切られた形に。今巻のカバーをめくってみたところ、予想以上に関係が進んでてびっくりでした。
どうでもいいことですが、友達という関係を壊したくないからこそ……ってシチュはイイですよね。まさか月子先生の方にこそ、そういう思いがあったとは。

で、そんなストーリーとは全く関係ないところで最後まで(それこそカバー裏まで)笑わせてくれたのが、まゆの友人(通称:友人A)。ついに作中では名乗りを上げられず……そしてカバー裏では、モブみたいなキャラですら自己紹介をしてるにも関わらず、彼女の名前は吹き出しに隠れて見えませんでした(見える文字から推測すると、「手塚」なのかも)。おお、何と哀れな友人A……



テンヤさんのサイトはこちら→"テン屋"

関連:『先生はお兄ちゃん。』感想(2)
スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。