上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
晴晴劇場(1)

COMICリュウにて連載中の4コマ漫画が単行本化。
一風変わった女子高生達が過ごす、ゆるーいスクールライフが描かれているコメディ作品です。

表紙を飾っているのは、春日晴。田舎から都会の学校に転校してきた、元気いっぱいな女の子です。
通学路にある川で鯉を捕まえてきちゃうとか、鞄の中にはブーメランを始めとする玩具が大量に入ってるとか、田舎暮らしが長かったからそういう行動に出るというわけでもなく、ただ単にアホの子なんでしょう。
といっても表紙に載っている4コマを読むだけでも分かりますが、人に注意されたりすればきちんと謝ることはできますし、いつも一緒にいる円に迷惑をかけた(と晴が判断できた)時には涙目になってオロオロしたり……と、面倒事を起こしたりもするけれど、どこか憎めない感じ。田舎育ちゆえの訛りも、そこに資してるのかも。
とにかくパワフルなので、守ってあげたいなんて感情は育ちませんが、知らず知らずの内に「またこの子はわけのわからんことして……」みたいな目線で(生温かく)見ててあげたくはなります。小さい子供へのそれに近いのかな。

途中までは大人しい常識人といった立ち位置だったにも関わらず、晴との付き合いの中で少しずつバカっぽくなってきてしまった遠山円(表紙の4コマで晴と喋っている子)の晴を見る目も、上に書いたのと同じような感じなんじゃないかと思います。
自然に囲まれて育った晴のために森林公園へのピクニックを計画したり、お金がないという晴に「おこづかい千円アップしたから♪」なんてアイスを複数個おごってあげたりと、どこかお姉さん風を吹かせつつ晴に接する円が、何とも愛らしい。普通の子なら、お小遣いが1000円増えたぐらいで、遠慮とか知らなそうな晴にそういった話を持ちかけようとは考えませんよ、多分。
そんなこんなで、晴にとっては頼れるお姉さんキャラな円(実際には極度の運動音痴だったり、ちょっど抜けてたりするんですが)。晴には「妹だけどお姉ちゃん(晴の談によると)」っぽいしっかりした妹がいるらしく、その妹に円がやや似てたりするそうで、晴も円によく懐いてるんですよね。そんな彼女達の、姉妹っぽい側面もある友達関係が好きです。

晴と円以外のキャラクターも、なかなか魅力的。
以前リュウの感想を書いた時に触れたインチキ(?)予知能力少女・岬も勿論ですが、容姿端麗かつ成績優秀かつお嬢様な織原舞子なんかも、僕は結構好きです。
いつでもクールなので、ツッコミキャラ的なポジションに収まりつつある彼女なんですが、何故か晴と対面すると一気に精神が低年齢化したり、何気に執念深いところなんかも見せてくれたりと、話が進むごとに魅力が増していくんですよね。
ちなみに背表紙にはツンデレって書いてあるけど、別にデレてはいない気がします。何かと晴達と一緒にいることが多くなったけど、晴とはライバルみたいな……いや、ライバルというとカッコよすぎるか。

さて、女の子達のゆるーいやり取りが描かれている本作品ですが、きらら系の同じような作品(一くくりにはできませんが、当ブログが取り上げてるような学園ものとか)とは少し雰囲気が違うように思う人もいるかもしれません。少なくとも僕はそうでした。
画風の問題なのかな。女の子の絵そのものは「可愛い!」って感じではないんですよね(勿論、動いたり喋ったりすれば可愛いんですが)。非常にアッサリしてるし、デフォルメもあまり用いられないし。まあよく分からん。
ちなみにこの漫画は一応4コマの形をとってはいますが、4コマで完結していないこともよくあります。結構適当な感じが作品の雰囲気に合ってていいかなあと思うんですが、まあそういうのが嫌いだって方もいますので、その辺りはご注意を。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
おいでませり(2)

ヤングキングアワーズで連載中の漫画の単行本、2冊目。
宇宙の航路が開かれ、元来の文化と異星の文化がそれぞれ幾分か形を残しつつ自然に混在している街、だいだい町を舞台に描かれる、「頑張らない」女性・セリさんの物語。

だいだい町の文化や、セリさんがどういった女性なのかということが主に描かれていたのが前巻。今巻では、そこから一歩進んで、だいだい町以外の世界観や、セリさんの持つ特殊な背景なんかが明らかにされています。

さて、そんな具合に話を展開させるために登場したのが、調停者ジャジャム様です。獣少女です。ケモ耳みたいなワンポイントではなく、指も4本だし牙や尻尾も生えてるし……ということで、一部の人にはウケが良さそう。
通常空間では支障のある星域の住民達(単純に、人間と一緒に暮らすにはちょっと……とかそういった問題なのかな。見た目が人間離れした生物ばかりが描かれていたように思います。ちなみに、二次元人とか四次元人とかが登場)用の港として使われている、世界樹が作り出した異世界である"反四乗界"において、異星人間に生じる色々なイザコザを調停するとっても偉い人。
数ヶ星の公用語、法律、慣習等に通じており、"反四乗界"には彼女が下す明瞭な判断を仰ぐ異星人達がたくさんいるんだそうです。

そんなジャジャム様がセリさんとどう関わってくるのかといいますと、何とジャジャム様の公務をこなす身代わりとしてセリさんに白羽の矢が立てられてしまうのです。
だいだい町での普段の生活を見ている限り、セリさんをそういった重大な任務に抜擢する理由は何らなさそうな気がしますが、そこはどうやらジャジャム様自身がきちんと資質を選定している様子。とにかく短期間で知識を詰め込んで、(偽物の)ジャジャム様として立たされるわけなので、脳の記憶容量とかそういう点が重要なのかな。
ちなみにこのジャジャム様の代理には、セリさんの叔父もかつて選ばれたことがあるそう。ジャジャム様がセリさんに目を付けたきっかけはそこにあるんでしょう。

その叔父と同一人物なのかそれとも別の誰かなのかは分かりませんが、夢幻回廊駅(ムゲンステーション)なる空間(セリさんの夢の中に現れた、螺旋状の道。様々なトンネルがそこにはあり、それを潜る度に化石を掘っている大学士やら、音や色で事物を感じ取る異星人やらが現れます。「選択肢は歳と共に閉じてゆく」というジャジャム様の台詞を考えると、セリさんの前に広がっている可能性、進み得る進路の1つ1つが人の形をとって現れているのかな。ムゲンが無限にもかかっていれば素敵)にセリさんが連れて行かれた際には、セリさんの伯父に頼まれたようなことをジャジャム様が仰ってます。セリさんもジャジャム様に依頼したのが誰なのか感付いていたことを考えると、セリさんとその親族は異星やら異世界やらに近しい場所に立っているのかもしれません。
その夢幻回廊にはセリさんを「おねーちゃ…」と呼んでいる、宇宙服っぽいものに身を包んだ女性も姿を見せていたりするので、今後の本格的な登場に期待。セリさんを現在の「夏休み」状態から引き摺りだそうと躍起になりそうな感じなので、トラブルメイカーたり得るんじゃないでしょうか。

そういえば、アマショクちゃん(表紙)やクラスメイトの水着も拝めるので、大石まさる先生の描く女の子が好きだ!って方にはとても嬉しい1冊だったんじゃないでしょうか。個人的には、アマショクちゃんのクラスメイトの眼鏡っ娘(ぽっちゃり)がとても気になりました。



2巻発売を記念して、有隣堂横浜駅西口コミック王国でサイン会が行われるそうです。興味のある方は是非……と思ってたんですが、記事を書くのに手間取ってたせいか、もう整理券の配布は終了してしまったようですね。僕もこっそり参加するんで、気力があれば画像とちょっとしたメモ程度は載せようかな。

大石まさる先生のサイトはこちら→"大石工画店"

関連:『おいでませり』感想(1)
『水惑星年代記 月娘』感想
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
ちょー!えど幕末伝

まんがタイムジャンボで連載されていた作品が単行本化。
江戸幕府による統治が400年続いたifの世界で、ペリーや龍馬がもし女の子だったら……といった感じの、コメディ仕立ての4コマ漫画です。

試読はこちらで。このダブルクリックしないと飛べない仕様は、どうにかならんのかしら。

鎖国の時代が400年以上続く、とある島国が舞台。
色々と技術は発達してるんだけども、思想や制度は旧体制のものを引きずっている社会がコミカルに描かれています。風刺とかそういうのではなく、本当にただ単純に面白く。
随所に見られる固有名詞がまた単純なんですが、下らなくてイイんですよね。"えど急ハンズ"だとか"えど空の木塔"だとか……まんまじゃねえか(笑

ただ単に笑えるだけでなく、ifな世界ならではの、想像を掻き立てる作りがしっかり楽しめるのもこの作品の魅力なんじゃないかと思います。
例えば幕府と藩の関係性は保たれたままなせいか、地域の格差が著しく、携帯電話やパソコンといった道具が普通に登場する一方で、文化の中心地である"えど"から遠く離れた地の人間の中には、未だに携帯から発される電磁波だとか写真撮影への恐怖が残っていたりもして、確かにこういう事態もあり得るのかもなあ、なんて笑いながらも唸らされたりするわけです。
そういう意味では、作中の所々に現れる「現実世界との差異」が生まれた原因や、そこに至った流れなんかに思索を巡らせるのもなかなか楽しかったりします。妄想好きな方にはこのゆるーい世界観はオススメ。

と書いてはみましたが、この作品最大の魅力は可愛いキャラなので、そういった脳内補完には興味ないよって方にもオススメです。
歴史上の人物の一般的なイメージを基にして大胆に女の子化しながらも、その原型を微かに残してはいるのが親しみを持ちやすい理由なのかな。坂本リョーコは異国や外界のことに興味津々で、土方トシコはややキツイ性格ながらも部下をまとめ上げる器量の持ち主で……
これでもか!ってぐらいにステロタイプな方言も、のんびりとした世界観にマッチしていて、何だか愛らしく思えてきたりします。まあ西郷さんは「もす」「もす」言い過ぎですが(笑

個人的には、完全に家出少女的な扱いの坂本リョーコが好み。
ウェービーな髪型といい、故郷の姉が大好きなところといい、「それっぽい」感じが非常にグッドです。その一方で"メリケン"から密輸してる商品がスイーツだったりする辺り、女の子らしくて可愛いんですね。

そんなこんなで、1冊で終わってしまうには勿体ないなあ、と感じさせる作品でした。



みずなともみ先生のサイトはこちら→"OMOTORO ROOM"
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
めいぐる(2)

やたらと高圧的かつ暴力的なメイド・天馬乃恋と、幸か不幸かそのご主人様になることになった重度のヲタ少年・植木山路の、妄想とバイオレンスに彩られた生活を描いた作品です。

山路のお父さんが雇ったメイドなはずなのに、いつの間にか家庭内のヒエラルキーの頂点に君臨している乃恋。そんな彼女が山路に対して繰り出す、多彩な技が作品の魅力の1つ。
打撃あり関節あり武器使用あり……ギャグ漫画で、ここまで戦闘に特化したメイドはあんまり見ない気がします。まあ僕が知らないだけな可能性も高い。

この乃恋、とにかく山路に容赦しません。直接的な暴力は勿論のこと、山路が大切にしている所有物も躊躇せずに売却したり破壊したり……残虐非道な女の子です。彼女には踏まれたいとかあんまり思わないですね。
さて、料理洗濯はお手の物、掃除だって裁縫だってこなしてしまい、外には多数のファンを抱えるまさに完璧なはずのメイドさんたる乃恋。そんな乃恋が山路と対面すると、彼の変人ぶり、並外れた耐久性や回復力の前についつい攻撃的になってしまうというその関係性は魅力的。ちょっとしたきっかけで恋情になったりとか、絶対にないとは言い切れないんじゃないかなあ。作中でも、山路の言動に照れて頬を赤らめたりしてますし。

で、そんな乃恋のご主人様たる山路は、重度の『魔女っ子メイドもえみちゃん』(という作中アニメ)ヲタ。部屋には無数のグッズが並び、大量のフィギュアへのお出かけの挨拶やお悩み相談(という名の一人遊び)を欠かさない彼の、もえみちゃんに対する愛情は本物といえるでしょう。
そんな山路なので、乃恋に対しての要求もある意味高レベル。可愛げが足りないだの何だのと、鬱陶しいことこの上ありません……多少は同意できなくもないけど。

ちなみにこの作品で目を引くのは、もえみちゃんグッズの数々。個人的には、腰に手を当てたポーズのもえみちゃんの腋から通した箸がお気に入り。この発想はなかったなあ、と笑ってたわけですが……現実もそう変わらない領域まで迫っていたわけです。こういうの考える人って凄いですよね。



久々の更新。定期試験が終わった途端、色々と気力が萎えた上に、文章が頭の中でまとまらなくなってしまいました。これは困った。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。