上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆゆ式(2)

まんがタイムきららにて連載中の4コマ漫画の単行本、待望の2冊目です。
ゆとりに溢れた女の子3人組の日常生活を描いた作品で、個人的にはとても好き。なんですが、どうにも感想とか書き辛い……というのは1巻の感想記事でも言ったな。まあそういうことです。

試読はこちらで。

巻頭のカラーページが特にお気に入り。
ダジャレがスベってしまった後に恥ずかしそうに赤面しながら、「なんつって」なんて誤魔化そうとするゆずこが何とも可愛いんですな。スベってから「なんつって」までの、すっかり会話がなくなってしまった空間も、別に居心地悪いということもなさそうで何だか羨ましい。そのままずーっとぼんやりしてるだけでも気持ち良さげ。まあこの3人が(特にゆずこ)いつまでも黙ったままなんて無理そうですが。
「なんつって」の後、それまでの空気がスパッと立ち切られていて尚且つ、「なんつって」以前と同様にお喋りが再開してしまうのも、3人が作る空気ならではなんじゃないかなあ。誰かがちょっとアレな発言した後って、そのスベリを無視してしまったり、少し間を置いて会話を始めても、元の空気を醸成するまでに微妙に時間がかかったり……といった状況になることもあるかと思うんです(もしかしたら人とのコミュニケーション能力の低さに定評のある僕だけかもしれませんが)。だけどこのシーンではそんなこともなく、ゆずこの残念っぷりを受け止め、それをネタに昇華していく彼女達の一体感みたいなものがそこに感じられるんですよね。
更には「なんつってっつっちゃった」を巡るやり取りも、もうたまりません。もうニヤニヤが止まらなくて大変です。

上に書いたことを簡潔にまとめてしまうと、性格もビジュアルも全部ひっくるめて「可愛い」女の子達が、仲良く楽しげにお喋りしてるのを外野から眺めてるのって幸せだよね、というお話です。
そういえばこの手の4コマ漫画に対しての「4コマである意味が無い」という発言がたまに聞こえてきますが、愛らしい彼女達のキャッキャウフフ(百合的なものに限らず)を楽しむのに、4コマ以上に適した形式ってなかなか無いんじゃないかと思うんですよね。
コマ割が一定だからこそ、基本的には各々のコマの持つ特殊性や時間の流れを気にしなくてすむし、ページの随所の描き込みに意味を見出せなくても問題ないし(狭いコマの中に色々な遊びを配置してる作品もありますが、まあそれは少数に止まるんでないかと)、大ゴマが無いんで少ないページ数でも密度の高いお喋りを楽しめるし。
起承転結がどうたらという趣旨での発言だとしたら、別にいわゆる萌え4コマ(の定義がどういうものなのかよく分からないけど)以外にも、色々な先人がオチなし4コマを描いてるんだし気にすんなよ、と思わんでもない。いしいひさいち先生とか、時々ホントにわけ分からんものを新聞なんかに載せてましたし……とここまで書いたはいいけど、全然『ゆゆ式』に関係ないこと言ってますね。関係ないついでに、この手の話題(をもっと発展させて、真面目に考察しているもの)は、大手4コマブロガーさんや批評をやってる方が面白いこと書いてたりするんで、探してみると楽しいですよ。

閑話休題。
今巻には、唯に興味を持ちつつも、ゆずこや縁がちょっと苦手なためになかなか接触できない相川さんや、そんな相川さんの友人である岡ちーの出番がちょこちょこと。唯と会話をしていても、ゆずこ達が駆け寄ってきたら逃げ出してしまう相川さんの容赦なさは笑えてきます。
ただ個人的には、そんな相川さんよりも岡ちーの方が好きかな。相川さんが唯に興味を持ってちょくちょく話しかける様子を見て、唯に「ウチの相川をあんまとんなよ……」なんて念を送ってたり(多分、さすがに口に出してはいないとは思います)、クリスマスは「相川らと出かけるんだ」とわざわざ教えたりと、相川さんのことが好きなんだなあというのがよく分かる、そのシンプルな行動が可愛らしい。
また、彼女のそんな言動を見ていると、『ゆゆ式』の世界には当たり前だけどゆずこ達以外にも仲良しグループがちゃんとあって、日々を面白おかしく過ごしているというその事実がはっきりと感じられて、何だか嬉しくなってきてしまうのです。

そうそう、試読でも分かるように、僅かながら百合っぽいイチャイチャもあったりするので、そういった要素が好きな方にも割とオススメです。主に唯が受けだよ!



三上小又さんのサイトはこちら→"こまたのいえ"

関連:『ゆゆ式』感想(1)

スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
・『ネムルバカ』/石黒正数(番外篇2『春香と父さん』)

表紙。妙に肌色が多くて、買う雑誌間違えたかと思ってびっくりした。

これを読む限りでは、「鯨井ルカ」と「岩崎春香」が同一人物ってことなのかな。作品の内容は、本編が好きな人なら楽しめるんじゃないでしょうか……と思ったんだけど、どちらかというと『響子と父さん』の方がイメージが近いかもしれませんね。父さんと春香のテンポ良いやり取りが面白い。



・『ねこむすめ道草日記』/いけ(#23『木魚捜査で道草』)

無くなった木魚の妖の捜査を依頼された、独楽・獅子丸の狛犬妖怪の姉弟がメインのお話。インバネスにハンチング帽という、探偵になりきったファッションの2人が可愛らしくて良し。

情報収集のために黒菜の元を訪れ、そこで寝不足と色々な災難に見舞われダウンしている黒菜の姿を見た独楽が、妙にあたふたして「元気のないお前なんてらしくないぞ ゆっくり休んで早く元気になれよ」なんて声をかけているシーンは何だか微笑ましかったです。やっぱり元気の溢れた黒菜が脳天気に笑ってないと、独楽としては張り合いが無いんでしょう。

関連:『ねこむすめ道草日記』感想(2)



・『くおんの森』/釣巻和(#16『渡しの栞Ⅱ』)

遊紙の母、文子は生前疎遠になっていた彼女の父・遊字に対して未だにわだかまりを持っているようなことが今まで描かれてきたわけですが、その理由が明らかになっていくのが今回のエピソード(後編)です。

この話では文子とモリ様が対面するわけですが、遊紙の前に姿を現す時と異なり、何故かモリ様は少年の姿。羊の執事さんが「見慣れぬ容姿で呼ばれましたなァ」なんてことを言ってるんで、モリ様の姿形というのは、呼び手(読み手かな)の「何か」に左右されるようです。

モリ様のいる空間「モリ」に、かつて理由を告げず去ってしまった母の背中を追うために訪れたという文子に、それを追いかけることは深追いになると忠告するモリ様の表情が印象的。いつも飄々としたモリ様が、こんなにも焦っているのは珍しい。

関連:『くおんの森』感想(1)



・『第七女子会彷徨』/つばな(#21『地球防衛軍』)

センターカラーです。制服の上着の色合いが出たのって、初めてかな?

タイトル通り、地球防衛軍が衝撃的な形で登場。見開きでのシーンはふきました(笑
とにかくインチキ臭い上に、色々と迷惑を振りまいている地球防衛軍の役立たずっぷりもさることながら、彼らの関わるアクシデントの中心に、やっぱり高木さんがいたことに笑みを隠せません。高木さんが何処かに隠遁するだけでも、七女の世界はだいぶ平和になるんじゃなかろうか。

そういえば、冒頭で清水くんが再登場。金やんと途中まで一緒に登校してるんですが、ちょっと頬を赤らめてるようなシーンがあったりして(吹き出し外で「デートだ!」なんて金やんが言ってるんで、それに反応してるのかな)、やっぱり清水くんは金やんのこと意識してるんだろうか、とラブコメ好きとしては気になります。
子供扱いするな、なんていいつつもやっぱり年相応の子供っぽさも残している清水くんに、友人兼ややお姉さん的立ち位置から接する金やん。これはこれで、割としっくりくる2人だと思うんですよね。

関連:『第七女子会彷徨』感想(1)



・『大正野球娘。』/伊藤伸平(原作:神楽坂淳)(#20)

扉絵には、乃枝さんとたまちゃんがアイドルっぽい衣装で登場。たまちゃんの澄ました表情が素敵です。ちなみに内容とは何ら関係ありませんでした……ちょっと期待しちゃったんだぜ。

練習試合の相手である志葉中学が、普段どのような練習をしているのかを写真に撮ってきてもらうよう記子に頼んでいたらしい乃枝さんが、新聞部を訪れるシーンからスタート。
前話との間に幾らか進展があったらしく、記子は乃枝さんのことを「乃枝っち」なんて呼ぶようになっています。口調もかなりくだけたものになっていて、普通の友人同士みたいな感じ。
そういえば今話では、記子の後輩の新聞部部員が登場します。塚原須磨子という、そばかすの女の子。ちなみにこの須磨子、原作では3巻に登場してくるわけで、役回りはだいぶ変わっていますね。志葉中学を偵察しに行った時の私服姿がキュート。

関連:『大正野球娘。』感想(1)(2)(3)



・『晴晴劇場』/山坂健

単行本発売記念ということで、巻中カラー。

文化祭の準備に追われる円や舞子。今回は2人の絡みが多めでしょうか。
彼女達を尻目に、晴や紗苗はワラ人形を壁に飾ったりしています。わけ分からん(笑)この2人は全く仕事を手伝っていないように見えるんですが、まあそれでも何とかなってしまうものなんでしょう。

予知少女・岬も登場していますし、キャラ勢揃いって感じでしょうか。相方のユウちゃんも次回は出てくるかな。

関連:『晴晴劇場』感想(1)



・『木造迷宮』/アサミ・マート(#25『コタツ』)

おつかいに行かないといけないと、なんて言いつつもコーイチに誘われるがままにコタツに入ってぬくぬくしてしまうヤイさんを愛でよう(ちょっと違うか)、というエピソード。
みかんを食べてとろんとなって、そのまま寝てしまうヤイさんが何とも可愛いんですな。彼女の柔らかそうな唇を見てぽーっとするコーイチの気持ちもよく分かります。

それにしても、コタツに入りなが眺める雪景色って羨ましいなあ。

関連:『木造迷宮』感想(2)
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
ら~マニア(1)

まんがぱれっとLiteにて連載中の4コマ漫画が、単行本化。
ラーメンブログとしてアクセス数トップを誇る「ら~マニア」の管理人、"ロッキー"こと黒木圭太の元に、塩ラーメンの精であるしお(表紙・青い髪)と豚骨ラーメンの精であるとんこつ(表紙・ピンクの髪)が突然やってくるところから物語は始まります。

どの味がラーメンの頂点に立つかを決定してもらうべくロッキーを訪問した3人の精が、何とも愛くるしい。
その毒舌のせいで、ブリっ子していてもその奥の黒さが見え見えだけど確かに可愛いとんこつに、「ら~マニア」マニアで妙に打たれ弱いクールビューティーなしお。犬猿の仲な2人の後を追ってロッキーに接触したところ、彼のダメっぷりにすっかり熱をあげてしまった鶏白湯ラーメンの精・パイたん(ちなみに彼女だけ、ロッキーの家に居候せずに外で働いています。どうでもいいけど巨乳キャラってことはやっぱり、このパイって胸にかけて(ry))。
ちょっと鬱陶しいこともあるけれど(とんこつが)、こんな子達に囲まれてラーメンを食べるのは何だかんだで楽しそうだなあ、と思わせます。

そんな彼女達の中心にいるロッキーもまた、一風変わった青年。
引きこもりの大学5年生、普段は人見知りが激しいせいでバイトもままならず……といった感じなのに、ラーメン絡みの話題になると途端に饒舌になって人とのコミュニケーションも何とも円滑になるわ、ラーメン屋に入れば肌はツヤツヤし始め、顔付きもすっかり変わってイケメンになるわ、と局地的には立派なリア充です。
にも関わらず、ラーメン屋でバイトを始めてみても皿は割るわ、麺を茹でる鍋の前では涎を垂らしてぼーっとしてるだけだわ、何とかなりそうな接客でも明らかに不要な知識を延々と客に向かって喋ってるわ(この辺りはヲタクならではといいますか。僕も人のことは笑えません)、リア充相手にはガクガクブルブルし始めるわ……とまあ、根っこのドジでダメな部分は抜けてなくて、何だか目が離せないんですよね。ちょいダメ男に惹かれるぱいたんの気持ちが、ほんの少し分かる……ような気もする。

ところでこの漫画に登場するしおやとんこつ、パイたん達はあくまでラーメンの精ですが、とんこつからは豚骨の匂いがするそうなので、ラーメンが萌え擬人化されたものでもあります。そうなってくると僕が気になるのは、彼女らって一体どの辺りまで「ラーメン」なのか、という点。
麺に相当する部分はあるのか、あるとすればそれは口にすることが可能なのかとか、お湯に浸けておくとスープが取れるのか、そうなってくるとそのスープって要は体えk(ry
……とまあ、あまり書き過ぎると変態っぽく捉えられそうなことばかりを考えてしまうわけです。これ以上何か書くとボロが出そうなので、終了ー。



こもわた遙華先生のサイトはこちら→"HIRUIKAHARIYAMA"
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
はじめてのあく(4)

週間少年サンデーにて連載中の、居候コメディ漫画の単行本ももう4冊目。
渡キョーコ(表紙・眼鏡っ娘)の家に居候として転がり込んだイトコの阿久野ジロー(表紙・雪玉を当てられてる学ランの少年)は、正義の味方によって壊滅させられた悪の組織"キルゼムオール"で科学者として活躍していた、常識を欠いた傍迷惑な少年。そんなジローと、彼に振り回されたりちょっと好意を持ってキュンとしちゃったりなキョーコの姿を描いた作品です。
そういえば表紙の季節は冬ですね。これで四季が出揃ったことになるのかな。次巻以降が楽しみです。

主なキャラ紹介、既刊の試読は公式ページでどうぞ。

今巻の前半では、3巻(感想書いたつもりが何故か記事が残ってない……)の終盤から引き続いて、里帰りするジローとそれに付き添うキョーコの2人旅の様子が描かれています。
その中でもやはり注目は、第28話『名古屋はええよ!』(どうでもいいけど、やっぱりこの後には"やっとかめ"と続くんですかね)ではないでしょうか。こっそりと付いてきているエーコの策略により、新幹線の切符を紛失したということで名古屋で途中下車するジロー達。これまたエーコの目論見通り、2人は名古屋を回り青春を満喫します。食事は何か1品を頼んで分け合って食べるとか、もうね……現状でも満足してるんですが、そういったシーンだけに焦点を当てたものを1話丸々読みたいなあ。

さて、このエピソードの最大の見所は何といってもお泊りです。
宿に着くなり蒲団に倒れ込んで寝てしまうジロー。それを見たキョーコは、「おフロ入ってこよーかなー!」なんてわざわざ口にして反応を確かめるわけです。シャワーを浴びてる最中にも、ジローが全くちょっかいを出してこないことにどこか不満気だったりして……おいおい、可愛いなあ。何だかんだいいながらも、シチュエーションが整ってしまった以上は何かしらイベントが起こるんじゃないか、なんて考えてしまうキョーコを見ていると和みます。

しかしそれに輪をかけて「可愛い」としか言いようがないのが、我らが主人公・ジローでしょう。シャワーを浴びそのまま就寝したキョーコの横で、実はジローはしっかり起きていたりするのです。心音の大きさで寝たふりがバレてしまうんじゃないか、なんて胸中でパニックを起こしながら。宿の同室に2人きり、しかも蒲団は隣り合わせという状況に耐え切れずに狸寝入りしてみたものの、キョーコもすっかり寝入ってしまい、どうしたらいいのか分からなくなってしまったってところでしょうか。
キョーコが無防備な寝顔を見せた時には、ジローの理性はもう飛びそうになってたりします。それでも結局は手を出せないジロー。何かアクションを起こせれば、それが無理ならいっそ空寝のまま本当に眠れていればまだ楽だったろうになあ……とはいえ、彼のこういった純で半端にダメなとこがイイんですよね。
こんな感じのエピソードを始め、普段は変人扱いされてて実際に突飛な行動が多いジローをふと近くに感じる瞬間が、幾つも作中に散りばめられているように感じました。いや、勿論ジローの方が余程スペック高い(ビジュアルにせよ精神的な面にせよ)んですけどね、変な仲間意識みたいなものが1巻から少しずつ形作られてるんですよ。決してリア充とはいえないグループの中で、それでも誰か1人が一皮むけそうな時に、「がんばれがんばれフトシーッ!(仮名)」と応援してるみたいな気持ちとでもいいますか。分かり辛いな。

そういえば今巻にて、今後準レギュラーキャラとなるキョーコ乙型が登場しました。キョーコが風邪を引いた際に家事を手伝ってみて、その大変さを痛感したジローがキョーコのサポートのために作り出した家政婦ロボです。
ちなみに、キョーコが風邪で寝込んだエピソードでは、自らの不甲斐無さに涙するジローにおぶさった状態のキョーコがギュッと抱き付いて慰めていたりして(まあ風邪で頭がぼんやりしていたせいでの行動ではありますが)、ジローの心の成長であるとか、2人の関係のゆるやかだけども確実な進展であるとかにほっこりさせられました。個人的には、上に挙げた第28話と並んでこの話が特にお気に入りかな。



藤木俊先生のブログはこちら→"藤木屋"

関連:『はじめてのあく』感想(1)(2)
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
そういえば2月号の感想を書き損ねてたなあ。何かすっかり忘れてるような気はして(ry

・『球場のシンデレラ』/小坂俊史

新連載。
女子野球の1チームである"東京メルヘンズ"にドラフト下位(の下位の下位の……)で指名され、入団することになった郁代が主人公。

そもそも指名理由からしてロクなもんじゃないし、指名順位も残念な数字、郁代の実家にやってきた監督は珍プレーの乱闘でお馴染みの……なんて具合にスタートしているので、今後訪れるであろう、順風満帆とは程遠い郁代の野球生活が楽しみです。
それにしても、こんなチームが存続できるのかどうかがまずアヤシイ。


・『タマさん』/森ゆきなつ

今回も、タマさんもバイトしている猫カフェが舞台です。
ひょんなことから猫になってしまった杏と楓。元から楽天的な上に、タマさんと一緒にいることが多いため不思議現象への耐性もある杏に、とにかく危機感がなくて笑ってしまいます。こういう肉体変化系のシチュでは、精神もその容器に対応してしまうのは常だというのに……


・『明日もひまわり荘!』/松田円

節分のお話。
「年の数だけ食べると食べ過ぎ」とは、はなさんに対する誠さんの台詞。一般に食べ過ぎっていうとどの程度の数なのかを考えれば、そこからはなさんの年齢が分かる……かもしれません。まあ可愛ければ幾つでもいいんですけどね。二次元なら。

大学の試験が近付いたとのことで、みずきが(売り物の)各種講義のまとめコピーなんていうものを用意してますが、私立文系だった人間にはこの光景は見慣れたもので(ry
といっても、僕にはコピーを売ってくれる知り合いすら(ry


・『マチルダ!-異文化交流記-』/茶崎白湯

小さくて可愛い(どうしてか僕にはロボットにしか見えない)留学生・マチルダちゃんと、彼女のホームステイ先の子であるアヤの異文化交流が描かれている作品。何気に黒い言動の目立つマチルダちゃんに振り回されるアヤの苦労が微笑ましいです。

話が進めば進む程、マチルダちゃんのベースになってる文化って何処のものなんだろう、という疑問が湧いてきます。やっぱり人間じゃないんじゃ(ry


・『極限ラボ』/のしお

3回連続ゲストの3回目ということで、この号で終了。ちょっと寂しい。
心も体も軟弱なロボットと、その真逆にインチキくさい程頑丈な妹ロボの対比がベタながらも嬉しいです。

それにしても、「おて!」にも「ふせ!」にも反応しないくせに特定の言葉では笑顔を見せる、ペットロボのポチの卑猥さには困ったものです。出番は4コマほんの数本だけで終わってしまいましたが、惜しいキャラを亡くした……


・『花咲だより』/高原けんじ

バレンタイン! すっかり忘れてたよバレンタイン。もうこの7年程この時期は春休みなので、その手の騒動に巻き込まれていません……と思ったんですが、そもそも中高時代も同じようなものでした。

梅沢さんの手作りチョコバナナは欲しいなあ。自分で味見してない辺りに、彼女の真面目に見えてかなり適当な部分が見えてイイですね。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。