上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めいぐる(2)

やたらと高圧的かつ暴力的なメイド・天馬乃恋と、幸か不幸かそのご主人様になることになった重度のヲタ少年・植木山路の、妄想とバイオレンスに彩られた生活を描いた作品です。

山路のお父さんが雇ったメイドなはずなのに、いつの間にか家庭内のヒエラルキーの頂点に君臨している乃恋。そんな彼女が山路に対して繰り出す、多彩な技が作品の魅力の1つ。
打撃あり関節あり武器使用あり……ギャグ漫画で、ここまで戦闘に特化したメイドはあんまり見ない気がします。まあ僕が知らないだけな可能性も高い。

この乃恋、とにかく山路に容赦しません。直接的な暴力は勿論のこと、山路が大切にしている所有物も躊躇せずに売却したり破壊したり……残虐非道な女の子です。彼女には踏まれたいとかあんまり思わないですね。
さて、料理洗濯はお手の物、掃除だって裁縫だってこなしてしまい、外には多数のファンを抱えるまさに完璧なはずのメイドさんたる乃恋。そんな乃恋が山路と対面すると、彼の変人ぶり、並外れた耐久性や回復力の前についつい攻撃的になってしまうというその関係性は魅力的。ちょっとしたきっかけで恋情になったりとか、絶対にないとは言い切れないんじゃないかなあ。作中でも、山路の言動に照れて頬を赤らめたりしてますし。

で、そんな乃恋のご主人様たる山路は、重度の『魔女っ子メイドもえみちゃん』(という作中アニメ)ヲタ。部屋には無数のグッズが並び、大量のフィギュアへのお出かけの挨拶やお悩み相談(という名の一人遊び)を欠かさない彼の、もえみちゃんに対する愛情は本物といえるでしょう。
そんな山路なので、乃恋に対しての要求もある意味高レベル。可愛げが足りないだの何だのと、鬱陶しいことこの上ありません……多少は同意できなくもないけど。

ちなみにこの作品で目を引くのは、もえみちゃんグッズの数々。個人的には、腰に手を当てたポーズのもえみちゃんの腋から通した箸がお気に入り。この発想はなかったなあ、と笑ってたわけですが……現実もそう変わらない領域まで迫っていたわけです。こういうの考える人って凄いですよね。



久々の更新。定期試験が終わった途端、色々と気力が萎えた上に、文章が頭の中でまとまらなくなってしまいました。これは困った。
スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。