上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ら~マニア(1)

まんがぱれっとLiteにて連載中の4コマ漫画が、単行本化。
ラーメンブログとしてアクセス数トップを誇る「ら~マニア」の管理人、"ロッキー"こと黒木圭太の元に、塩ラーメンの精であるしお(表紙・青い髪)と豚骨ラーメンの精であるとんこつ(表紙・ピンクの髪)が突然やってくるところから物語は始まります。

どの味がラーメンの頂点に立つかを決定してもらうべくロッキーを訪問した3人の精が、何とも愛くるしい。
その毒舌のせいで、ブリっ子していてもその奥の黒さが見え見えだけど確かに可愛いとんこつに、「ら~マニア」マニアで妙に打たれ弱いクールビューティーなしお。犬猿の仲な2人の後を追ってロッキーに接触したところ、彼のダメっぷりにすっかり熱をあげてしまった鶏白湯ラーメンの精・パイたん(ちなみに彼女だけ、ロッキーの家に居候せずに外で働いています。どうでもいいけど巨乳キャラってことはやっぱり、このパイって胸にかけて(ry))。
ちょっと鬱陶しいこともあるけれど(とんこつが)、こんな子達に囲まれてラーメンを食べるのは何だかんだで楽しそうだなあ、と思わせます。

そんな彼女達の中心にいるロッキーもまた、一風変わった青年。
引きこもりの大学5年生、普段は人見知りが激しいせいでバイトもままならず……といった感じなのに、ラーメン絡みの話題になると途端に饒舌になって人とのコミュニケーションも何とも円滑になるわ、ラーメン屋に入れば肌はツヤツヤし始め、顔付きもすっかり変わってイケメンになるわ、と局地的には立派なリア充です。
にも関わらず、ラーメン屋でバイトを始めてみても皿は割るわ、麺を茹でる鍋の前では涎を垂らしてぼーっとしてるだけだわ、何とかなりそうな接客でも明らかに不要な知識を延々と客に向かって喋ってるわ(この辺りはヲタクならではといいますか。僕も人のことは笑えません)、リア充相手にはガクガクブルブルし始めるわ……とまあ、根っこのドジでダメな部分は抜けてなくて、何だか目が離せないんですよね。ちょいダメ男に惹かれるぱいたんの気持ちが、ほんの少し分かる……ような気もする。

ところでこの漫画に登場するしおやとんこつ、パイたん達はあくまでラーメンの精ですが、とんこつからは豚骨の匂いがするそうなので、ラーメンが萌え擬人化されたものでもあります。そうなってくると僕が気になるのは、彼女らって一体どの辺りまで「ラーメン」なのか、という点。
麺に相当する部分はあるのか、あるとすればそれは口にすることが可能なのかとか、お湯に浸けておくとスープが取れるのか、そうなってくるとそのスープって要は体えk(ry
……とまあ、あまり書き過ぎると変態っぽく捉えられそうなことばかりを考えてしまうわけです。これ以上何か書くとボロが出そうなので、終了ー。



こもわた遙華先生のサイトはこちら→"HIRUIKAHARIYAMA"
スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。