上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一緒にかえろう(1)

まんがタイムファミリーにて連載中の4コマ漫画が単行本化。
ちょっとガサツな女の子・時沢春は、小学4年生の時に出会った近藤詩緒に一目惚れ。詞緒が引っ越してしまった後も文通を続けていたところ、詞緒がまた春の近所に住まいを移すという手紙が届きます。どんな男の子になったのかな、と6年ぶりに再会してみると、何と詞緒は胸の大きな女の子だった……といった具合に始まるお話。一言しておくと、詞緒が女の子になっちゃった!というTSものではありません。

試読はこちらで。

少しずつ形を変えていく、少年少女の友情・恋愛模様

詞緒は口下手だったり泣き虫だったりする上に、転校が多かったせいか人間関係の形成に関しては非常に不器用。春が通う高校に転校してきた当初は、春以外のクラスメイトに対してはポーカーフェイスを保って、「キツイ」イメージを持たせてしまうような女の子なのです。
そんな彼女ですが、春に励まされ、春の幼馴染である真名にも守られ、伊藤(クラスの男子)に他のクラスメイトとの橋渡しをしてもらい……と、色々な人の好意や偶然の助けを得て少しずつ前進し始めます。1巻終盤に訪れる春との喧嘩の際、自宅に引きこもっていただけでは事態は好転しないと一念発起して学校へと向かう彼女の姿に、序盤とは明らかに違うある種の強さが見出せ、何となくホッとしてしまったのは僕だけでは無いと思いたい。

一方、そんな詞緒の支えとなり彼女を引っ張っていた春も、詞緒との友情を育んでいく中で、少しずつその心情を変容させていきます。その様子がよく分かるのが、上でも触れた2人の喧嘩。正確には喧嘩というか、春が一方的に詞緒に対してそのワガママをぶつけてしまうというエピソードなんですが……事の発端を客観的に見ると、伊藤と詞緒がやや仲良くなった悪くないシーンなので、ここでの春は自分勝手にも思えます。
ですが、その感情の爆発が突然のものなために目立ってしまう違和感とワガママっぷりを置いておいて、よくよく考えてみると、詞緒が周囲に溶け込み始めていく様子を横でずっと見ていた春は、嬉しさだけでなく相当な寂しさも感じていたはずなんですよね。となると、春の胸に蓄積されていた想いは相当なものだったろうし、そこで抑え切れなかった激情を詞緒にぶつけてしまったのも仕方無いのかなあと思わないでも無い。
最初は春以外に頼るどころかきちんと喋ることができる相手すらいなかった詞緒が、ほんのちょっとしたことで泣き出してしまった詞緒が、そして6年間ずっと2人だけの関係を作ってきた特別な相手であるはずの詞緒が……なんて具合に春の胸中を想像してみると、あんまり悪く書けないんですな。

勿論僕なんかより春のことをよく分かってる詞緒はその辺りの事情をきちんと察し、そんな状態を作り出してしまった要因が自分の依存にあったことを反省する姿を見せてくれます。そこに、2人の関係性はやっぱり特別なものなんだと感じさせるものが確かにある気がしました。
春から詞緒への、詞緒から春への「一緒にかえろう」という温かで切実な気持ちに溢れた1巻終盤は個人的にはかなり読み応えがあったなあ。

ところで、この作品の面白さは春と詞緒の関係性だけでなく、それを中心にして広がっている人間模様にもあるように思います。なもんで、小見出しを上のようにしたわけです。
詞緒の本当の笑顔が見たくて悩む少女・真名。
詞緒に惚れ、何度も後退しつつもじっくりと距離を縮めているようにも見える少年・伊藤。
そんな伊藤を密かに思っているような様子を見せるのは、詞緒に誰よりも辛く当たろうとし、周囲に"イジワル"な子として捉えられている少女・杉山。
そして春に好意を寄せており、1巻ラストにはちょっと暴走気味の行動をとって次なるトラブルを生み出してしまった少年・葉月。
それぞれが皆、何とも不器用で、行き当たりばったりなところがあって、時には誰かを傷つける。いやはや、こうも愛しくなる面子が揃っている4コマは、個人的には久し振りです。なかなかお気楽に笑えるシーンがちょこちょこあったりするのも、彼らの日常生活に浸らせてくれる感じで嬉しい。



ちなみにこの作品、百合成分もほんのりと入っています。12日発売のつぼみにゲスト掲載されるそうなので、百合好きな方がそちらを見て『一緒にかえろう』の単行本に手を伸ばしてくれたらいいなあ。

矢直ちなみ先生のサイトはこちら→"雨告鳥"
スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
・『トリセツなカテキョ』/山東ユカ

隔月連載としてスタート。

人を寄せ付けない雰囲気の持ち主である井原先輩(その身にまとったキツそうな空気のせいで"イバラ"なんて陰で呼ばれていたりします)と、彼女にたまたま残念な答案を見られ、あまりの出来の悪さを笑われ、それが縁で勉強を教わっている後輩・春吉の微妙な関係がどう転ぶか楽しみ。

ところで井原先輩は真面目で少し取っつき難いだけで、柱にあるようなツンツン系とはちょっと違う気がします。イイ子じゃないか……



・『球場のシンデレラ』/小坂俊史

間も無く開幕となる女子野球リーグ。今話では、4つの参加球団の代表が集まって記者会見を開きます。勿論東京メルヘンズからは我らが郁代が、リーグ唯一の(留年してるけど)現役女子高生として参加。とはいえリーグ最年少選手が他にいてバレてしまうわけですが。いっそのこと、リーグ唯一の現役留年女子高生とか何とか言って、留年してることを売りにすればいいと思います。

桶川さんは前回の腰痛を引き摺ったまま、また怪我してます。今後、彼女に活躍の機会は来るのか。



・『先生のたまご』/みなづき忍

GW明けということで、先生達も頭が働かなかったりやる気が出なかったり。
唯一シャキッとしてそうな保取先生も実は……というのが最後の4コマで明かされてなかなか楽しめました。ああ、GW終わらないでくれぇ……



・『マチルダ!-異文化交流記-』/茶崎白湯

試験が近付いてきたので、誰とどんな風に勉強しようかな、とあやが色々考えを巡らせているところ、その思考内容をビシッと言い当ててしまうマチルダちゃん。あや限定ではあるけれど、実は読心術が使えるなんてことを言い出す彼女ですが、マチルダちゃんならそういう能力を持ってても不思議じゃないかな、と納得してしまいそうになります。
実際は、数ヶ月に渡って撮りためたあやの映像をプロファイリングチームに分析させた結果、あやの行動が予測出来るようになっただけだそうですが……むしろそっちの方が怖いよ。



・『明日もひまわり荘!』/松田円

衣替えのついでに、色々なものを虫干ししようとするはなさん。何とその中には「昭和の」(←みずきがここを強調しています)ボディコンスーツが。興味津々に眺めていたみずきがそれを着用したところ、バストとお尻の辺りはキツイけれどウエストは緩いとか何とか。おお、はなさん……やっぱり体型が昭和なんですかね(←×



・『極限ラボ』/のしお

隔月連載でスタート。うーん、これは嬉しい。

研究所の地下には、αそっくりな巨大ロボ・グレードαが眠っていたことが判明。突如現れた地球外生物に対抗するためにαはそれに乗り込むわけですが、全く活躍しないままに、この手のギャグではお約束である見事な自爆姿を見せてくれます。頑張れα負けるなα。



・『花咲だより』/高原けんじ

取引先に用事があったとかで、咲太達の元を訪れるお母さん。お菓子を食べ散らかし、ソファに寝転んでごろごろしている姿やら何やらろくでもないところばかり見ていたので、お姉さんが旅館の跡継ぎだということをすっかり忘れていました。



・『花の委員長』/大西輪

「前髪つくったら可愛くなりそう」なんて花の言葉に大きく反応し、髪をいじってもらい嬉しそうにしている委員長が可愛過ぎる。花の保護者みたいなポジションに落ち着いている彼女ですが、やっぱり女の子なんですねえ。
どうでもいいけど、デコ出しで可愛い子って割とレアだと思うんですよね。昨日、橋本楓ちゃんを見てそんな風に感じました。眼福であった。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。