上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェブ上において一所に腰を落ち着けることが何故できないんだろう、とよく思います。現実世界では家から出ることすら面倒臭がってしまうというのに。

というわけで、旧ブログ"漫画メモとか。"より移転しました。自前の画像(漫画の一部を、撮影やスキャンしたもの)をなるべく使わずに記事を書こうという決意の下に、かつて記事内で使ったそれらを消去する作業を始めてみたはいいものの、画像ありきで説明している作品紹介みたいなものが非常に多かったので、それならいっそ以前のものも一定期間残しておいて、新しくブログ始めちゃうか……という流れです。幾つかの記事は、以前のところからそっくり持ってこようかなーという考えもあります。

今後は表紙の画像だけ、amazonから引っ張ってこようかと思います。ついでにリンクも貼っちゃいますので、ご注意。
そんな感じで画像の使用が少なくなるだけで、以前のブログとやることは変わらないと思います。漫画(4コマがやや多め)の簡単な紹介とか、下らない雑記とかをちびちびと書き溜めていこうかな、と。



早速、最近読んだ漫画のメモでも。

・『駅弁ひとり旅』(8)/はやせ淳(監修:櫻井寛)



漫画アクションにて連載中の、鉄道と駅弁についての漫画の単行本。
弁当屋を営む大介(表紙の髭。弁当の食べ過ぎで太いんだと思います、多分)は、奥さんから結婚10周年記念に日本一周鉄道旅行をプレゼントされます。幸せな髭ですね。そんな彼の旅行の様子を描いている作品です。

試読はこちら

今巻の舞台は、岩手から宮城(南下中です)。石ノ森萬画館なんてのが出てきたりしました。
駅弁と鉄道を2本の柱にして進む漫画なので、基本的にはその情報だけで紙面は埋まってしまいますが、時には大介が旅先で触れた風景や文化なんかも描かれているので、パラパラとページをめくっていると意外な発見があったりもします。

さて、僕が今回最も気になった弁当は「注文の多い料理店」。言うまでもなく宮沢賢治の作品が由来の弁当なんですが、実際には『注文の多い料理店』ではなく『ビヂテリアン大祭』にヒントを得て作られたものらしいです。弁当の包み紙の写真も載っていたりして、なかなか可愛らしいものでした。実物を見てみたいなあ。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。