上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神のみぞ知るセカイ(7)

週刊少年サンデーにて連載中の、「ギャルゲーを現実世界に当てはめて攻略してみよう」漫画『神のみぞ知るセカイ』の第7巻が発売しました。これと『ハヤテのごとく!!』だけ、他のサンデーコミックスより店頭に並ぶのが2日早かったみたい(土曜日には販売開始)ですね。小学館の萌えヲタに対する本気が窺える……ような気がする。

主要キャラの紹介に加えて、既刊の試読ページもある公式サイトはこちら

今巻に登場するヒロインは、桂馬の幼馴染である鮎川天理ただ1人。前巻とは異なり、インターバル的な話は挿入されていません。ついでに桂馬によるヒロイン攻略も行われません。
天理を巡るエピソードは、有体にいってしまえば設定話なんですね。桂馬は、天理の内に潜んでいる"女神"ディアナによって、『神のみ』の根幹となる話を知らされる、という……
女性の心のスキマに忍び込む"駆け魂"を新悪魔(エルシィやハクア達)達が封印した際に協力していたのがディアナ達天界の人間であること、ディアナが天理の内に入り込んでいるのには桂馬も一枚噛んでいたこと、桂馬は幼い頃に"駆け魂"に出会っていたこと等々。

今まで小出しされてきた世界観に、きちっとした背骨が出来た感じでしょうか。桂馬にしろエルシィにしろ、ただひたすら"駆け魂"を捕獲することに奮闘してきたわけですが、その"駆け魂"が人間界に逃走してしまったことの背後には、地獄に起こっているであろう何らかの異変があった、と。
そこを見据えて行動を起こしているディアナ(と天理)が近くにいる以上、桂馬達が取る行動の意味合いも少し変わってくるんじゃないでしょうか。

個人的に気になったのは、幼少時の天理の中に"駆け魂"が入れなかったということ。
「話しかけられるのも怖い」なんてことを桂馬に喋っていた小さい頃の天理ですが、別にそれが心のスキマになっていなかったというだけの話なのか、それとも既に、アクシデントに見舞われても冷静さを失わず、ゲームに没頭することで現実とのある種の断絶を成功させていた「強い(天理には、確固たる自分を持って振る舞っている様子がそう見えたんでしょうか)」桂馬に恋慕を抱き、そんな彼と一緒にいたことによって、そのスキマは(一時的に?)埋まっていたということなのか。
そんなの関係なくて、幼女には(大きさ的な意味で)入れないとかだったら興奮する(←×

どうでもいいチェックポイントとしては、過去編の麻里さんは髪の毛を下してて若奥様っぽくてイイなあ、とか褐色肌で巨乳だとかノーラさんはエロイなあ、とかその辺りでしょうか。ゲーマーズで配布している特典ペーパーがノーラさんなので、そこで買うといいですよ!

若木民喜先生のブログはこちら→"HoneyDipped"

関連:『神のみぞ知るセカイ』感想(2)(3)(4)(5)(6)
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。