上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
晴晴劇場(1)

COMICリュウにて連載中の4コマ漫画が単行本化。
一風変わった女子高生達が過ごす、ゆるーいスクールライフが描かれているコメディ作品です。

表紙を飾っているのは、春日晴。田舎から都会の学校に転校してきた、元気いっぱいな女の子です。
通学路にある川で鯉を捕まえてきちゃうとか、鞄の中にはブーメランを始めとする玩具が大量に入ってるとか、田舎暮らしが長かったからそういう行動に出るというわけでもなく、ただ単にアホの子なんでしょう。
といっても表紙に載っている4コマを読むだけでも分かりますが、人に注意されたりすればきちんと謝ることはできますし、いつも一緒にいる円に迷惑をかけた(と晴が判断できた)時には涙目になってオロオロしたり……と、面倒事を起こしたりもするけれど、どこか憎めない感じ。田舎育ちゆえの訛りも、そこに資してるのかも。
とにかくパワフルなので、守ってあげたいなんて感情は育ちませんが、知らず知らずの内に「またこの子はわけのわからんことして……」みたいな目線で(生温かく)見ててあげたくはなります。小さい子供へのそれに近いのかな。

途中までは大人しい常識人といった立ち位置だったにも関わらず、晴との付き合いの中で少しずつバカっぽくなってきてしまった遠山円(表紙の4コマで晴と喋っている子)の晴を見る目も、上に書いたのと同じような感じなんじゃないかと思います。
自然に囲まれて育った晴のために森林公園へのピクニックを計画したり、お金がないという晴に「おこづかい千円アップしたから♪」なんてアイスを複数個おごってあげたりと、どこかお姉さん風を吹かせつつ晴に接する円が、何とも愛らしい。普通の子なら、お小遣いが1000円増えたぐらいで、遠慮とか知らなそうな晴にそういった話を持ちかけようとは考えませんよ、多分。
そんなこんなで、晴にとっては頼れるお姉さんキャラな円(実際には極度の運動音痴だったり、ちょっど抜けてたりするんですが)。晴には「妹だけどお姉ちゃん(晴の談によると)」っぽいしっかりした妹がいるらしく、その妹に円がやや似てたりするそうで、晴も円によく懐いてるんですよね。そんな彼女達の、姉妹っぽい側面もある友達関係が好きです。

晴と円以外のキャラクターも、なかなか魅力的。
以前リュウの感想を書いた時に触れたインチキ(?)予知能力少女・岬も勿論ですが、容姿端麗かつ成績優秀かつお嬢様な織原舞子なんかも、僕は結構好きです。
いつでもクールなので、ツッコミキャラ的なポジションに収まりつつある彼女なんですが、何故か晴と対面すると一気に精神が低年齢化したり、何気に執念深いところなんかも見せてくれたりと、話が進むごとに魅力が増していくんですよね。
ちなみに背表紙にはツンデレって書いてあるけど、別にデレてはいない気がします。何かと晴達と一緒にいることが多くなったけど、晴とはライバルみたいな……いや、ライバルというとカッコよすぎるか。

さて、女の子達のゆるーいやり取りが描かれている本作品ですが、きらら系の同じような作品(一くくりにはできませんが、当ブログが取り上げてるような学園ものとか)とは少し雰囲気が違うように思う人もいるかもしれません。少なくとも僕はそうでした。
画風の問題なのかな。女の子の絵そのものは「可愛い!」って感じではないんですよね(勿論、動いたり喋ったりすれば可愛いんですが)。非常にアッサリしてるし、デフォルメもあまり用いられないし。まあよく分からん。
ちなみにこの漫画は一応4コマの形をとってはいますが、4コマで完結していないこともよくあります。結構適当な感じが作品の雰囲気に合ってていいかなあと思うんですが、まあそういうのが嫌いだって方もいますので、その辺りはご注意を。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。