上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木造迷宮(3)

COMICリュウにて連載中の漫画の単行本。
鳴かず飛ばずの小説家であるシバタニコーイチ(通称ダンナさん)と、素直で可愛く仕事もきっちりこなす住み込みの女中・ヤイさん、2人が織り上げる温かなスローライフを描いている作品です。

今巻前半のお気に入りは、古びたゲタに着古した着物……と、いつでも同じ格好をしているヤイさんを見かねて、サエコさん(コーイチの従妹)がヤイさんを連れて都会へ買い物に出かけるエピソード。
勝手が分からず戸惑うヤイさんを色々な服に着替えさせるサエコさんが、とても生き生きとしています。鼻息を荒くしてヤイさんのファッションショーともいうべき状況を楽しんでいる様子がとてもオッサンくさいんですが、これはこれでイイ。そこには、肉体的にも年齢的にもオトナになってしまった自分では着られないものをヤイさんに……みたいな感情も少しぐらいはあるのかな。少女趣味な恰好をしたサエコさんも、こちらとしては見てみたいんですが。

このエピソードでの見所は、何といってもデパートの屋上遊園ではしゃぐヤイさんの姿でしょうか。
大ダンナさんのお屋敷の前に捨てられていたのを拾われ、今はコーイチの家に住み込んで働いている彼女は、普通ならば子供の頃に遊びに連れて行ってもらうような場所に全く縁が無かったんだなあ、ということがはっきりと分かる場面でした。
それでも歪むことなく真っ直ぐ育ち、遊具を見て子供のように瞳をキラキラさせているヤイさんが愛らしい。彼女には本当に幸せになってもらいたいものです。

後半のヤイさん慰安旅行の話については、雑誌掲載時に既にちょろっと感想を書いてるんで、あまり言うことは無いような感じ。
単行本描き下ろしとして、『温泉迷宮-そのころのサエコさん-』という4P漫画が収録されています。ヤイさんが書置きを残してかつて働いていたお屋敷へ足を運んだ日、サエコさんがどうしていたか(といっても、本編でも言っていたようにお風呂に浸かってるだけなんですが)が描かれているので、サエコさんスキーはこれだけのためでも買うべき!なわけですよ。
ところで、ヤイさんがサエコさんのその豊かな胸に驚くシーンがあるんですが、雑誌掲載時は湯気で隠れていた部分がもしかしたら単行本では解禁……そんなふうに考えていた時期が僕にもありました。
ちなみにこの描き下ろしでは、かつてヤイさんと共に働いていたタエさんの一糸まとわぬ姿が堪能できるので、彼女のファンも手に取ってみてはいかが。



関連:『木造迷宮』感想(2)
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。