上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちの姉様(2)

まんがくらぶオリジナル・まんがライフMOMOの2誌で連載されている漫画の単行本、2冊目。
とにかくマイペースで自分の価値観に従って突っ走る東大生・日高涼音と、その弟・倫、妹・るる達が過ごすコミカルな日常生活を描いている作品です。

以下では主人公である涼音についてはあまり書かず、涼音への片思いが止まらずストーキングしてしまう遠野くんと、その友人である堅葉見くんについてだらだらと語りますので、作品のあらすじが知りたいって方にはすみません。彼らコンビには相当笑わせてもらってるので、どうしても記憶に残ってしまうんですよね。

というわけで、相変わらず遠野くんと堅葉見くんのやり取りが実に面白い。
涼音の好物である「フランスあげパン」を手に取り物思いに耽る遠野くんに、堅葉見くんは「俺も彼女の好物を食べたりするぞ」と声をかけます。1巻の感想でも触れましたが、堅葉見くんは妙に細かい部分まで詰められた妄想彼女と、中学生の頃から真摯に付き合っており、その好物(と設定されているもの)を自分も口にすることでラブラブ気分を味わうわけです。それは彼曰く「遠距離間接キス」とも言うべきもの。恥ずかしげも無くそういうことを口にするところも凄いですが、何よりも妄想彼女との現実における接点を作り出そうとする彼の熱意にはちょっとした畏怖すら覚えます。
そしてそんな訓示を受けた遠野くんは遠野くんで、「フランスあげパン」片手に周囲を気にしつつ公園のベンチに座り「別に食べたくなど ないのだ」なんてソワソワしているわけです。誰も聞いてないのに、頬を赤らめながらの自分への言い訳をする姿が堂に入ってて、遠野くんのツンデレっぷりはさすがやで……と感嘆。

他にも遠野くんとの色々なやり取りをもって笑わせてくれる堅葉見くんですが、個人的に1番ツボに入ったのが、彼のバイト先のジムに涼音が体験に来た際に、無料招待券を持っていたにも関わらず遠野くんにそれを敢えて渡さなかったというエピソード。
その理由が分からない遠野くんに対して堅葉見くんが放った台詞が、「妄想をして欲しかったからだ」……そう、彼は遠野くんにも妄想の楽しさ、幸福感を味わってほしかったようなのです。ただ、堅葉見くんの妄想は現実同様に上手く行かないこともあるので(むしろ今巻ではちょっとした事情があって、妄想彼女と会えない日々が続いている様子)、それはそれで辛そうな気も。
ストーキングしても咎められないし、陰から写真を撮っても通報されないし、飲み終わったペットボトルを堂々と入手しようとしても怒られないし……と、涼音のマイペース云々以前のいい加減っぷりに救われる形で、彼女の傍にくっ付いていられる遠野くんの方が幸せそうにも見えます。妄想の中ですら、彼自身のツンツンした態度は軟化しないようですしね。筋金入りだなあ。

さて、遠野くんは上記の通り涼音のストーカー(かなりガチな)として暗躍することが多いので、2人の関係の進展はとてもゆっくりしたものなんですが(ホントに前進してるかもアヤシイかもしれません)、今巻では携帯のメアドの交換が行われていて、ちょっと進歩した感じ。
涼音から持ちかけたメアド交換に対してツンツン状態になってしまった遠野くんを完全に無視して、涼音が勝手に携帯をいじっている様子を見ていると、共に奇人変人ということで割とお似合いなんじゃないでしょうか。僕は遠野くんの恋が花咲くように応援しております。あと誰か他の人に通報されないことを祈っております。

単行本巻末には遠野くんのプロフィールも掲載されているので、彼のファンは是非購入しようではありませんか。次巻ではきっと堅葉見くんの情報も入手できるに違いない……今から楽しみです。



野広実由先生のサイトはこちら→"末広八宝会"
ところで野広先生のブログって消えちゃったんですかね。だいぶ前から見られないんですが……

関連:『ダブルパティシエール!』感想(1)
『なないろレシピ』感想(1)
『うちの姉様』感想(1)
『パティシエール!』感想(4)
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。