上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三色だんご(3)

まんがタウンにて連載中の4コマ漫画の単行本、3冊目。
ズレにズレた母娘の織り成す、傍迷惑な日常を描いている作品です。

売れない女優ながらも異様にプライドが高く突飛な言動が目立つなでしこを始め、その恋人でドMでファッションセンスゼロな市川さん、とにかくのんびり異常なまでのマイペースっぷりを発揮するはこべさん、ツッコミをこなしつつもやっぱり何処かオカシイよもぎの4人が主人公格。基本的には彼女達だけで話を回していて、とにかくテンポの良い会話とハイなノリが特徴的です。
シリアスなエピソードは皆無に等しい(今巻にはほんの少し含まれてますが……)ですし、BL作品に出てきそうなイケメン同士のちょっとした絡みも無いので、イロモノ揃いの山田まりおさんの作品の中では、かなり気軽に読める方なんじゃないかと思います。

奇人揃いの登場キャラの中でも一際異彩を放っているのが、長女のなでしこ。
時折獲得した仕事でも、とにかく場当たり的な行動が目立ちます。そもそもよくオーディション通ったな……と言いたくなる程の仕事ぶり。そんな彼女は今巻ではほとんど仕事が無く、主にプライベート方面で活躍しています。
家に置いてあるネズミ捕りに引っかかったり、親知らずを抜いたら何故か顔全体がぱんぱんに膨れ上がったり(某アンパンの人みたいになってます)と、言動でない部分でも笑わせに来る彼女のアグレッシブさには惚れ……ないか。

そんななでしこの母親でありながらも、全く異なってゆるーい空気を身に纏っているのが、マイペースな未亡人・はこべさん。
その天然ママっぷりはたまりません。親戚に借りた別荘に遊びに行っても、何故か持参している飯盒でご飯を炊こうとしたり、作り過ぎたおせちを重箱に見立てた引き出しに盛り付けてみたり……山田まりお先生が描く同じタイプのキャラである『ママさん』の和美さんよりも、個人的にはこちらの方が好き。娘達とのんびりと暮らしているだけなので、背負ってるものが少なくて気楽に見えて、そこが和むんですよね。

さて、なでしこには市川さんという、同じく売れない俳優として頑張っている彼氏がいます。なでしこに虐げられつつも付き合いを続けているだけあって、これが非常にマゾい。時には、右の頬をぶたれれば左の頬を差し出すような精神の持ち主です。
そしてファッションセンスが酷い。とはいえ、そのヘタレっぷりと妙にマッチしているからたまりません。「巻き貝」という文字と小さな巻貝がプリントされてるTシャツを着こなせるのは、市川さんだけ!

そんな彼がひょんなことからメジャーなドラマに抜擢され、人気が少しずつ出始め、共演者の人気女優(これがまた恐ろしくドSな女性。酔うと本来の意味で相手を食うのです……よく考えたらこれ、ドSとは関係ないですね)との関係が噂されるようになり……とまあ、この作品にしては珍しく少しシリアスなエピソードが描かれているのがおの3巻なわけです。
ただ、そんな空気を物ともせず各所で笑わせてくれるので、ハイテンションなギャグが好きな方にはオススメな作品。



山田まりお先生のサイトはこちら→"まりお御殿"(BLネタは隔離されているので、興味ない方はクリックせんようにしましょう)
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。