上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月号の感想を書こう書こうと思ってたんですが、気付くと既に6月号が発売してしまってたわけです。まあいいか。

・『ベツ×バラ』/曙はる

社長のお嬢さんが職場復帰するということで、いつもよりも気合を入れて服を選ぶたまきさん。ジャケットもストールもしっくり来ず、最終的にチョイスしたのは勝負下着……うん?あれですかね、見えないところもオシャレすることで身が引き締まるような感覚が得られるとかそういう……

さて、件の社長令嬢・カナさんですが、これが非常に綺麗なお姉さんなのです。PCが苦手な彼女のため、原田くんに教授させてみたはいいものの、楽しげにする2人を見て複雑な感情を抱いたんでしょう、居酒屋で1人酒を飲むたまきさんが可愛いんですな。
それにしても原田くんったら、寂しくなったたまきさんが彼に連絡を取ろうと携帯に手を伸ばした途端に現れるとか、どんだけタイミングがいいんだよー。カナさんと一緒でなければ、ずっと近くに潜んでたんじゃないかと疑ってしまいそうです。



・『恋愛ラボ』/宮原るり

統一学力テストの塾内順位が面白いことに。リコ・ナギ、マキ・ヤンの2組が同点なのです(前者ペアは最下位、後者は首位という違いはありますが)。共に生徒会役員をこなしつつ上位成績ということで、微妙な対立はまだまだ続きそうです。ただ、生徒会の仕事をエクスキューズに使わない分、マキの方が余裕がありそうに見えますし、実際その辺りにはヤンも感じるところがありそう。

とはいえ実は今話で重要なのはそこではなく、そのキッツイ態度のせいで学校では女子に寄りつかれなくなってしまっているヤンが、塾では割と普通に人と接することが出来ている理由が判明する点なんじゃないでしょうか。
彼が塾では"普通"でいるようになったきっかけは、小学生の時分にリコの勉強を見てあげたこと……とてもいい笑顔のリコがヤンの回想シーンに登場しているのを見ると、彼もリコのことが……?なんて思わせます。リコ、自分で気付いていなかっただけで、ホントにモテモテだったのかもしれませんね。

関連:『恋愛ラボ』感想(2)(3)(4)



・『トンネルの華子さん』/松田円

今号では前後編仕立てです。といってもストーリーか何かがあるわけでも無いので、後ろから読んでも何ら問題ありませんが。

さて、色白でスタイルも良くて金髪なお姉さん(の幽霊)、華子さん。実は白人(英語圏?)の血が少し混じっていることが判明しました。なる、その素晴らしいビジュアルにも納得です。ただ日本育ちなため、英語が得意ということも無いようで、夏休みの宿題を手伝わせようとした広海としては残念な結果に。

ところで後編に「華子さんに会えるのは…」「一人で困ったり悩んだりしている人です」なんてナレーションがあるんですが、その理屈で行くと広海は常に困ったり悩んだりしてるんですかね。ネガティヴ発言が目立つ彼女なので、そんな状態でもおかしくはありませんが……



・『うぇざーはいつ』/野広実由

先日、『ダブルパティシエール!』の連載を終えられた野広先生の新作スペシャルゲストです。

私生活ではのんびりもたもたとしていて、テキパキと物事を片付けるしっかり者の貴子に「トロイね!」なんて言われてしまう眼鏡っ娘・楓がヒロイン。とても大人しそうな風貌で推せます。

そんな彼女のお仕事は、お天気お姉さん。普段の姿からは想像出来ない程に、明るくはきはきと喋っています。眼鏡は外してしまっていますが、まあこれはこれで。
くるくると回って風を表現したり、バランスボールに乗って不安定なお天気を演出したりと、体を使ったその仕事ぶりは好印象です。
うーん、野広先生が描く女の子の中でも、特に好きになりそうだ。



・『笑って!外村さん』/水森みなも

Tシャツとジーパンしか持ってない、ちょっと残念な外村さん。年頃の女の子としてさすがにそれはどうよ……ということで、春野さんの誘いで買い物にお出かけすることに。

デパートにて、好きな服を同系統で揃えてみてはどうかというアドバイスを受けた外村さんですが、彼女が好きなのはちょっと微妙な柄物らしく、大道芸人みたくなってます。
その後に春野さんがチョイスしてくれた服も胸のところがスッカスカだったり値段的に手を出せなかったりで、2人はフリマに足を向けることに。フリマでは外村さんの笑顔(下から睨め付けるような)での交渉が見られます。勿論彼女には悪気は無いんでしょうけど、恐喝してるようにしか(ノ∀`)

それはともかくとして、外村さんの心からのにっこりとした笑顔はなかなかの威力でした。



・『ごめんね、委員長!』/いけだじゅん

ラブリーから出張ゲスト。

着ぐるみに身を包み学校内を歩く、パソコン部部長が登場。
とにかく意味の無い嘘をつき、委員長をおもちゃ扱いして翻弄する彼女ですが、そんな子でもしっかり相手してあげる委員長の寛容さが感じられるエピソードでした。

ところでこのパソコン部部長、ちょっとおっぱいが大きい。



・『シュガービーチ』/下村トモヒロ

5月号に続き、ゲスト2回目。

「だってほら 学校終わってからさ 浜辺で水着でバレーなんて超楽しそうじゃない!?」なんて軽いノリ(というか、完全にお遊びだと勘違いしてます)で、ビーチバレー部への入部を決めた運動音痴でドジっ子な湊、自らはビジネス研究会に入ろうと考えつつも、普段から湊の保護者的な立ち位置にいるため、ビーチバレー部に彼女を置いていくことに不安を覚えたのか、マネージャーとしての入部を決めたエミの2人に焦点が当たっていたのが前話。

今話では湊達を除く1年生2人と、唯一2年生の部長がどんなキャラかがざっと描かれています。
水着でバレーした方が可愛いということでビーチバレー部に入り、今は部長を務めている潮(黒髪ロング、素晴らしいスタイル)はともかくとして、ビーチパラソルの下で優雅に昼寝がしたくて入部した千倉(アホ毛と猫口が可愛らしいです)、内向的で体も弱い自分を変えようと入部したはいいけれど、帽子とパーカーで防御しているにも関わらず陽射しにやられ倒れてしまう奈子(お嬢様風。はぁはぁと辛そうな吐息がエロティック)と、ビーチバレー部の今後に不安を抱かせる人材が揃っている感じ。

この作品、連載にならないかなあ。絵も可愛いし、凄く好みです。



・『ミニパトッ!』/大富寺航

リコマートで働くことになった沖縄出身の祭里ちゃん、肌が黒いせいで東南アジアの女の子にしか見えない……なのでカタコトではない台詞に違和感を覚えてしまいます(←×

そんな祭里ちゃんはまだレジに慣れていない新人なわけですが、ひょんなことから強盗まで改心させてしまうその純真さには脱帽。



・『お天気小春ちゃん』

岬がやっと出来た女友達・大島アマミを部屋に連れ込もうとしたところ、小春ちゃんが部屋に蛙やらかたつむりやらを発生させます。この行動は悪戯心と嫉妬心、そのどちらから来るものなのかな。



・『放課後エア部』/サカザキ

この作品が掲載されていたのは5月号ですが、妙にツボったのでメモ程度に。

5月号掲載話では、女子高生3人組が繰り広げるちょっとイタイお嬢様ごっこが楽しめました。「~ですわ」なんて語尾を使ってみたり、ファミレスを高級レストランに見立てて食事に行ってみたり……
多分、何年か経ってから振り返ると恥ずかしい黒歴史的扱いになってしまうんだろうけど、若い内はそういった余計なことを考えなくてもいいんだよなあとちょっと眩しささえ感じさせます。ツッコミ不在な分、勢いがついたまま止まらなくなりそうなのも面白かった。

それにしても、彼女達のノリに乗っかってくれつつも抑止すべきところは抑えてくれる、ファミレスのウェイトレスがいい味出してます。



どうでもいいんですが、キーワードクイズに使われている4コマに誤植らしきものが。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。