上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合金さんちの日常(1)

まんがライフオリジナルにて連載中の4コマ漫画の単行本。
外見があまりにもロボっぽい鉄矢(表紙・左)と、小さい体に童顔のあげは(表紙・右)の新婚夫婦の日常生活を描いた作品です。

ロボ顔の鉄矢は、周囲の人間から本当に人間なのかどうか微妙に疑われつつ、それでも何事も無く平和に生活しています。正体が気にはなるんだけど、有能だし気配りも出来るし、何よりいい人(?)だし、まあ人間でもロボでも問題無いよね……みたいな感じなのかも。
ところでどうしてか分からないけど、僕も鉄矢がロボなのかどうか気になってたまりません。松田円さんの作品に限らず、4コマには特異な能力を持ったキャラがよく登場するんですが、普段はどんなに突飛な設定でも気に掛ける事って無いんですけども。人間なのかなと思わせる描写があるかと思うと、やっぱりロボっぽくも描かれたりするので、その辺りの情報提供のバランスの妙なのかしらん。
しかしあげはと一緒に成長してきているようだし、やっぱり人間なのかなあ。顔に全く変化が無い辺りは、『スーパーマリオくん』だったか何かで、配管工が赤ん坊の頃から髭面だったのと同じような、ギャグキャラの宿命を感じました。

そんな鉄矢の幼馴染にして、鉄矢が勤める合金エレクトロニクスの社長令嬢でもあるあげはは、まるで子供のような外見に似合わずやたらと怪力。バーベキューなんかに使う鉄板なんか、片手でひょいと持ち上げます。むしろこっちがロボじゃないのか、と突っ込みたくなる。腕力的な面では、明らかに鉄矢の方が守られる対象になってしまいそうな気がします。

さて、メインキャラである合金夫婦に加え、この漫画には一風変わったキャラが幾人か登場するわけですが、個人的にお気に入りなのは合金社長の秘書を務める山田さん。

優秀な秘書らしく、いつでもビシッとした服装で魅せてくれます。ウルトラマンみたいな眼鏡してるくせに(←×)フリル好きってのは、ギャップがあっていいですね。(2次元だと)可愛く感じる。まあ実際にこの山田さん、眼鏡を外すと美女なんですけどね。誰にも素顔を見せていないけれど。

どうでもいいんですが、竹書房の4コマ堂はここまで作ったんだから、新刊だけでもいいから試読ページ作ってくれたりしないかなあ、とずっと期待してるんですが全くその気配がありません。寂しいです。

松田円さんのサイトはこちら→"アマネマツダ情報板"

関連:『さくら町サイズ』(6)感想
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。