上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一年生になっちゃったら(4)

まんがタイムきららフォワードにて連載中の漫画の単行本。
ひょんなことから小学1年生の幼女になってしまった高校生男子・高遠伊織(幼女としては「いおり」と表記されています。表紙・左)の過ごす、色々な初体験とエロに溢れた2度目の小学生ライフを描いた作品です。

試読はこちらで。

いわゆるTSもののコメディです。といっても、性差を意識させるのはえちぃネタに関してのみで、社会的にどうとか難しいことを考えなくていいので、まさに僕向けだったりします。主人公のいおり自身からして、中身は高校2年生の男子のままなので、僕らは彼と同じ視線から小学生女子達のブルマ姿なり下着姿なりを堪能できるわけです。まあいおりはロリコンの気が全くないんで、アレですが……
以前は幾らか描かれていた、意識と身体のズレに悩まされる彼(彼女)の姿も鳴りを潜めてきて、エロコメディ一直線って感じがとてもよし。

全体的にテンポ良く進む会話、えちぃシーンでは頻繁に使われる大ゴマ、パンツとかたくさん出てくる怒涛の展開、と息もつかせない作品なので、読む人をやや選ぶ感もありますが、おバカに幼女を描いた作品としては秀逸だと思われるので割とオススメ。
少女の姿や、彼女達と世界との関係をしっかりと描くような作品はシリアスになりがちで、心の弱い僕にはキツいので(LOとかたまにチェックすると、心にダメージを負います)、これみたく、お手軽に読めるタイプのロリ漫画がもっと増えるといいなあ。

さて、この作品と直接に関係はありませんが、大井昌和さんも執筆されているようなので、"チェンジH pink"をご紹介しておきます。
とらのあな新宿店にはチラシが置いてありました。TSや女装みたいな、その手のジャンルが好きな方はとっくにご存知でしょう。執筆陣がちょっと気になるので、一応覚えておこうっと。

大井昌和さんのブログはこちら→"大井昌和の報告"

関連:『一年生になっちゃったら』(3)感想
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。