上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
COMICリュウをちびちび購読してるんで、メモ書き程度に何か書いておこうと思い立ちました。こうして記録しておくことで、どの号にどんなカラーページが載ってたかをパッと思い出せるという寸法です。



・『大正野球娘。』/伊藤伸平(原作:神楽坂淳)

表紙を飾っております。浴衣姿が涼しげ。髪をアップにしてる乃枝さんが可愛いなあ。
巻頭カラーページでは、アニメ声優陣への短いインタビューを交えた特集らしきものもあるので、アニメ版ファンの方は書店で手に取ってみてはいかが。

現実世界の季節に合わせて、今月号は大礒の海水浴場にて納涼……ではなく、足腰の鍛錬。砂浜で運動することで、高い効果を得られるってヤツですね。鉄腕男子2号も登場したりして、乃枝さんのマッドサイエンティストぶりがまたも発揮される回でした。

読者サービスの演出担当は乃枝さん。読み手に向かって「(水着になる必要があるの? なんて聞かれて)っつかあるイミ絶対必要といえるのよ でしょ?」なんて口走っちゃいます。乃枝さん、(一部の)読者の心理が分かってるなあ。
メンバーの水着姿を下から覗くような感じに描かれているカットもあったりして、伊藤伸平さんの絵が好きな人間にはなかなかなサービス回だったんじゃないでしょうか。僕はかなり満足です。

関連:『大正野球娘。』(1)感想(2)感想



・『第七女子会彷徨』/つばな

今月から毎月連載ということで、巻中カラー。

衣替えの日、いつも乗るはずのバスがストライキだとかで来ない。そこで、各々の通勤先などへと向かう人達に付いて歩く内に、何故かアメリカンドッグ移動販売の行列に並んでいる金やん。そんなシーンから話が始まります。
それからもストライキは終わらず、高木さんも交えて、アメリカンドッグを頬張りながらの登下校を楽しむようになる金やんですが……
走っていないはずのバスは、2人のすぐ傍で普段通りに運転しているのです。

衣替えという、ほんの小さな変化と共に訪れたアメリカンドッグ屋という非日常が、日常をいつの間にか浸食していく様子は、少しホラーチックでもあります。取り留めのない日々の生活は、確かなように見えてその実は危うい。そんなことを思わせるエピソードでした。衒った演出もなく淡々と描かれているのが、尚更そんな気持ちに拍車をかけます。

ラストでは、学校が死人の生徒を受け入れることの発表があったり、新キャラらしき男子生徒が現れたりと、次の話からの激動(って程でもないか)を感じさせる感じ。楽しみだなあ。

関連:『第七女子会彷徨』(1)感想
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。