上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神のみぞ知るセカイ(6)

週刊少年サンデーにて連載中の恋愛攻略漫画『神のみぞ知るセカイ』の第6巻が発売になりました。メタ的な世界観、設定について思索を巡らすもよし、細かいパロディやガジェットにわくわくするもよし。色々な楽しみ方ができる作品だと思います。

主要キャラの紹介に加え、既刊の試読ページもある公式サイトはこちら

今巻に登場するヒロインは、中等部の水泳部に所属する生駒みなみ1人。他はインターバル的なものやら、桂馬以外の"バディー"雪枝さん(ハクアと組んでいます)が登場するエピソードやらで埋まっています。

インターバルでは、既に桂馬によって攻略されたヒロインである小阪ちひろ、高原歩美の2人に、エルシィと寺田京を加えた舞島学園高校2-B女子バンドの雄姿が拝めます。
心のスキマを埋めたちひろは元気にやってるんだなあ、と彼女が好きな僕としては嬉しい限り。しかしまあ、やはり桂馬によって攻略済みであるアイドル・中川かのんに触発されて、「もっとキラキラしたい!」だとか「やるなら、もっと真剣にやろう!」なんて言葉を口にするなんて、個別エピソードであんなに無気力な姿を見せていた彼女とはもう別人だよなあ。

みなみについてのエピソードは、終始彼女の視線から進む作りになっていて新鮮でした。
桂馬の出番がやや少なめなんですが、その分みなみの心情描写は普段に比べてより丁寧になされていて、ヒロインが桂馬に心動かされ、そして恋愛感情が形成されていくその1つ1つの瞬間がよく分かって面白かったです。

彼女のエピソードの詳細は単行本で確認していただくとして、以下にちょこっと表紙の話でも。
彼女の攻略は七夕祭りが終わり、それまでの喧騒が嘘のようにひっそりと静まってしまった頃、鳥居の前で佳境に入るわけですが、その鳥居が今巻の表紙の背景になっています。で、この表紙のデザインから受ける印象は、ちょっと今までのそれとは異なる感じがしたんですよね。これまでの表紙の背景はどれも非現実的な空間だったわけですが、この鳥居は作中に確かに実在するものなので、その差異からくる違和感とでもいいますか。

リアルにおけるヒロインを、ゲーム内のヒロインと同様に、攻略する側の人間(「落とし神」)という、ある意味では上(または枠組の外)からの視点で見つめていた桂馬が、ヒロインと同じ立ち位置にまで下りてきた様子が描かれている……とかそんな風に考えるのが、割と素直なのかな。
印象的だったのが、表紙をめくるとそこに桂馬の姿は見えなくなってしまうことでした。鳥居はそのままの形で残っているのに、桂馬はいない。リアルのヒロインと同じ視点に立った神様は、再びリアルの外へとお帰りになってしまったんでしょうか。そう考えると、みなみ編終了時の「みなみは終わって次に進みますが、桂馬は・・・。」という若木先生のコメント(こちらのエントリ)が、何とも寂しいものに感じてしまう僕です。

若木民喜先生のブログはこちら→"HoneyDipped"

関連:『神のみぞ知るセカイ』(2)感想(3)感想(4)感想(5)感想
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
幻視境 ささめきこと ささめきこと. 2009-10-17(Sat). ちょっと気になって録画して見たら見事にストライクしますたwww 主人公の村雨純夏。身長が高く男らしいとよく言われるのがコンプレックス。 WS000189_20091016102931.jpg あずまんがのに似てる気が…。うん。 ...(続...
2009/10/17(Sat) 14:53:04 |  ヲタのマニアニュースダイジェスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。