上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1話で汐に(逆恨みで)辛く当たった図書委員の先輩・錦木千津香が再登場。汐は図書室へと向かう途中、かつ彼女と鉢合わせしてしまい……なんてところから始まる第6話『二人の夜』の感想をば。

汐に謝りたいという千津香と、それを避けてしまう汐、そしてそんな汐を心配だったりやきもきだったりが綯い交ぜになった感情を抱えつつ見守る純夏……とまあ、こんな感じのお話でした。

千津香から言付かった「仲直りしたい」旨の伝言をスルーし、純夏の家に遊びに行こうとする汐。
第1話での千津香の言動を見てると、即座に仲直りってのも汐としては難しいところなんでしょう。仲直りをするにあたって純夏からの後押しが欲しかったのか、どうすべきか迷ってアドバイスして欲しかったのか、細かいところは分かりませんが、純夏に頼ってしまうのは自然なんじゃないかなあ。

それにしても正直、千津香って結構自分勝手だなあ。
まあそんな彼女がキョリちゃんに託した伝言のおかげで、汐が純夏の家にお泊りすることになり、仲良くお風呂で背中の流しっこをしようとする汐だったり、彼女の裸体を見てのぼせてしまう思春期の青少年もビックリな純夏の姿だったり、某ストリートファイター(赤鉢巻に白道着、短く刈った髪に太い眉)そっくりな純夏の兄貴3人組だったりが拝めたわけで、そういう意味ではグッジョブ! とでも言っておくべきなのかしらん。

以下、個人的なチェックポイント。

・千津香がドジっ子であることが判明し、ならば汐好みの女の子になるにはドジっ子を目指すのが手っ取り早いというよく分からん朋絵の理屈で、バナナの皮を使った訓練が行われます。それはドジっ子とかではなくただの芸人なんじゃ……と思わんでもない。それはさておき、このシーンの見所は、付き合いきれなくなった純夏がぶん投げたバナナの皮で見事にすっ転げる朱宮くんの可憐な姿。彼のファンならば必見でしょう。

・上にも書いてますが、風呂場での純夏と汐の2ショットは良かったです。湯気の演出やくぐもった声も相俟って、妙にエロい。漫画に比べると色気のある絵柄なので、こういうシーンではそれが強みになるなあ……やっぱりDVDだと湯気がなくなってハッキリと見えるのかな!(←×

・次回はまたも朱宮くん大活躍のエピソード、『少年少女』。百合作品的にはそこまでオイシイ話でもないので、アニメが1クールな分あまり本筋と関係ないことばっかりやれないだろうしカットかなあと思ってたので、これは嬉しい。朱宮くんの艶姿マジ楽しみです。

関連:『ささめきこと』感想(3)(4)(5)
アニメ版『ささめきこと』感想第1話第2話第3話第4話第5話
テーマ:ささめきこと
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。