上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
甲高く響く打球音、青い空に舞う白球、そして涙を流す汐に、その手を握る純夏の「私 風間を泣かせてしまった」というモノローグで始まる第8話『Ripple』の感想でもちょろっと。

今話ではついに蒼井さんが純夏達と絡みます。今まで画面の端々に登場し、そのキャラクターはある程度視聴者に提供されているので(第4話の「破廉恥よ」とか)、そのちょっとオカシなところもすんなり受け入れられたんじゃないでしょうか。

朋絵とみやこを百合だとか何だとか囃し立てるクラスメイト達に向かい、またも破廉恥という言葉を投げかける蒼井さん。女の子同士の愛情は秘めた部分にあるべきという信念を持つ彼女からすれば、確かに朋絵とみやこの関係性ってのはあまりにもあけすけ過ぎるんだろうなあ。
さて、色々あって朋絵にキスされてしまった蒼井さんですが、真の見せ場はそこから。「……汚されてしまった」の呟きから始まる、憧れの百合小説作家である織野真紗香(汐の兄のペンネーム)を妄想相手とした痛々しい独り芝居が始まるわけです。純夏も色々と脳内でアレな場面を展開させますが、蒼井さんはそれが外に出ちゃう辺りもう少しダメな感じですね。

で、純夏もあまりメジャーではない織野真紗香を知っているというところに共感を覚え、純夏と仲良くなりたいと願う蒼井さんが可愛いんだなあ。人とのコミュニケーションに微妙に慣れてない感じが、非常に心をくすぐります。
更に蒼井さんは突っ走ってしまう性質も持ち合わせているんですが、そこもなんか結構好きです。ただ最初の勢いがいい分、彼女の希望通りにことが運ばずふと立ち止まった時に訪れる、何とも言えない寂しさは見ていて苦しいんですよね。この蒼井さん、何かと精神的に厳しい状況に置かれてしまうことが多いですし。
今話でいうと、純夏の家を訪れた彼女が女子部(仮)の面々の和気藹々としたサークル内に入り込めないで、1人その場を後にするシーンなんかはキツイ。決して疎んじられてるわけではないんだけど、歓迎されてるのとも違う微妙な空気と、鞄からこぼれるファンジン(同人誌)やらお菓子やらが相俟って哀愁を誘います……ああ、純夏と一緒に甘いものでも食べながら百合小説談義したかったんだろうなあ。
原作では、蒼井さんが純夏の家で朋絵やみやことギャーギャーやってそれで終わりなんで、ダメージはそんなになかったんですが、アニメ版はなかなか応えます。ただ、これはこれで蒼井さんのキャラが活かせてイイのかもしれないなあ。

以下、メモ書き程度に個人的なチェックポイント。

・純夏が蒼井さんを押し倒している(実際は一緒に階段からこけただけなんですが)のを見て、涙を流す汐。作中では、純夏が乱暴な男の子とダブったなんて苦しい言い訳をする汐ですが、その実際のところは好意を寄せている純夏が他の女の子と……といった点にショックを受けたのかな。これ以降、汐も純夏を想っているような描写がちょくちょく出てくるんで、多分そういうことなんでしょう。

・朋絵とみやこを質問攻めするクラスメイト達の言葉遣いが、原作よりもソフト。原作ではヘンタイとかキモいとかそういう暴言を浴びせる彼女達だったんですが……まあこれはこれで。朋絵とみやこのカップル、ひいては女子部というサークルを外から見たら「気持ち悪い」のか「好奇心の対象」なのかってのは紙一重な感じがします。

・教室でモメて大変だから、クラス委員の純夏に何とかしてよと縋るクラスメイト。そこで純夏が「朱宮くんは?」と朱宮くんに任せてはどうかと提言してみたところ、何と「誰それ」との返答が!これは酷い……

・朋絵が蒼井さんにキスをしたシーンで、みやこが口にするのが「人にできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!」……言わずもがなの有名な台詞のパロですね。

関連:『ささめきこと』感想(3)(4)(5)
アニメ版『ささめきこと』感想第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話
テーマ:ささめきこと
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。