上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔法少女☆皇れおん(仮)

まんがタイムきららMAXにて連載されていた4コマ漫画が単行本化。
変態で科学者な母親・皇みちるの手によって、くしゃみをすることで魔法少女に変身するようになってしまった、ショートヘアの似合う可愛い(男子)高校生・皇れおんの日々を描いている作品です。

試読はこちらで。

今月は、未だに『魔法少女チキチキ』のそれしか漫画感想を書いていないので、奇しくも魔法少女モノの感想エントリが続くことになりましたが、まあこちらは魔法少女といっても女装魔法少女(字面だけ見るともうわけ分かりませんね)なので、かなり趣は異なるかもしれません。

上に書いたようにこの作品の主人公は、くしゃみをすると(途中から感情が高揚するだけでも)魔法少女へと変身してしまうれおん。
ちなみに魔法少女といっても、反重力とかで体を浮かしたりする以外には何もできなかったりします。いわゆる魔法少女モノの世界ならば、一流魔法少女(魔女?)を目指すへっぽこ魔法少女としての奮闘、なんて話がメインになっていくんでしょうが、れおんは特に頑張りません。
それもそのはず、この作品の舞台は至って普通の世界。なので、魔法も魔法少女も実在していないのです。れおんの反重力とやらも、あくまでみちるによって開発された科学技術でして、要するにれおんはいつでも何処でも魔法少女の衣裳に変身できる、ただの女装少年なんですね。

意図せぬ着替えが頻発するとなると、れおんは日常生活を送るのにも支障をきたしそうですが、実際のところはそうでもありません。
まずそのキュートな外見のため、どんな格好をしててもただの可愛い女の子にしか見られず、間違っても変態がいるぞ!なんて事態にはならないわけです。驚かれるとしても、せいぜいはその変身速度ぐらい。
また、最初は外でくしゃみをしないように気をつけていたれおんも、ころころ変わる衣裳にどんどん順応していって、最終的には女装したままでも全く気にせず街中を歩き回るようになってしまうのです。

それはそれでどうよと思わないでもないんですが、むしろれおんは女装した自分を人に見てもらうという快感を覚えてしまったのかもしれません。
そう考えると、鼻炎持ち(花粉症も患っているようです)であるにも関わらず、マスクも何もせずに生活していることの説明もつく……ような気がします。くしゃみで変身してしまうことを理解してるのに、学校でも街中でも素顔を晒しているってのも、何だか不自然ですし。
また、感情の高ぶりによっても変身すようになってからある程度経った頃、くしゃみで魔法少女化してしまうことを忘れてたなんてエピソードもあるんですが、本当に女装した状態で生活することに不快感を持ってるなら、そういった重要なことは覚えてるんじゃないかなあ、と思うのです。
まあこの見解は、僕の願望がかなり強く出てる嫌いがあるので、れおんきゅんはその辺りの女子なんかよりよっぽど純粋なんだ、天使なんだ、だからあんなに可愛いんだ!なんて方はあまり気にしないで下さい。

色々と書きましたが、基本的にはひたすられおんを愛でる感じで読めばいい、そんな作品なんだと思います。
誰よりも魔法少女コスがピッタリなれおん、巫女さん姿だってバッチリ決まってるれおん、細い四肢のおかげで裸エプロンでも全く違和感のないれおん、スク水を着た時はちょっとおっぱい出っ張ってるように見えるれおん、だけどやっぱり、幼馴染のささめ(彼女の説明をすっかり忘れてました)に頼らずとも何でもできるようになりたかったりする辺りは男の子なれおん……
ちなみに、ささめに頼らずとも~なれおんは、物語の終盤まで登場しません。それまでのれおんは、女性的な側面もかなり見受けられる非常に中性的な主人公兼ヒロインのままです。女性の持つある種のキツさみたいなものを持っていなくて、だけど男性のようにガサツであったり触り心地の悪そうなところもない、そんな感じでしょうか。
まあ難しいことは抜きにして、彼のキュートな活躍を楽しみたいところです。

桜みさきさんのサイトはこちら→"桜伝説"
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。