上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気付けば1月号。そうか、もう年の瀬も近いのか……全然勉強は進んでないし、ダイエットするはずが逆に体重増加してるしでイヤんなります。



・『大正野球娘。』/伊藤伸平(原作:神楽坂淳)

安定して落ちるようになってきた晶子の球をなかなか捕球できない小梅に、打撃が全くモノにならないことに焦るたまちゃん。そこで(お雪に吹き込まれた)乃枝さんが提案したのが、ピッチングマシーンの球をキャッチする小梅の眼前で、たまちゃんにバットを振ってもらうというもの。
傍目に見ると小梅の集中力を高めることと、たまちゃんの打撃力の向上に繋がって一石二鳥っぽいんですが、実際のところたまちゃんのバッティングは望み薄。乃枝さんもそのことを把握していて、練習終了後にはたまちゃんもそれを知らされます。

勿論、その話を聞き気を悪くするたまちゃん。まあ小梅の練習にいいように使われた形になってしまったことよりも、自分は試合には役に立たないということをハッキリと思い知らされたその悔しさの方が強いんでしょうが……
そして皆から離れた場所で1人涙を拭うそんな彼女を慰めに行くのは、その親友であるところのお雪。たまちゃんの打撃には期待できないこと、それを小梅のために利用することを乃枝さんに提言した彼女こそが、ある意味たまちゃんを泣かせてしまった原因。
ですが、たまちゃんを用いた練習法の提案にしろ、その終了後の事情説明にしろ、損な役回りを乃枝さんに回しているため、たまちゃんはお雪のフォローを素直に受け止めることができます。
勿論、たまちゃんの士気を削ぐことなくチーム全体の力を底上げし、チーム内での役割が皆それぞれに異なることをしっかりと意識させる、そういった点を意識してのお雪の言動だとは思うんですが、それと共に自分とたまちゃんとの仲を深めてしまう手管はさすが。

まあそんな感じで、たまちゃんとお雪の関係性が楽しめる回でした。全く関係ありませんが、悔し泣きするたまちゃんが可愛い。

関連:『大正野球娘。』(1)感想(2)感想



・『第七女子会彷徨』/つばな

今号では2本立て。といっても両方合わせて16ページなんで、特に多いわけじゃないです。

その内1本は、高木さんがメイン。
人間大のウサギに、不思議な空間に無理やり連れて行かれる高木さん。意識を取り戻した高木さんが見たのは、"記憶再生機"によって自分の記憶を覗き見て楽しんでいるウサギ達の姿でした。
高木さんの日常は人気が高く、普段は遠くから観察しているんだけど、今回は特別に直接頭の中から覗かせてもらっているなんて言い出すウサギ。
ちょっとした人気者(割とバカにされている感じではあるんですが)扱いな高木さんですが、これってプライバシーも何もあったもんじゃないわけで、いやはや不憫な子だなあ。
それにしても、これはなかなか怖いなあ。絶対に知られたくないことが、自分の気付かないところでバレてて、しかもその事実を明かされてしまうわけですから。自分では想像もできない謎の技術によってなされてるから、まだ不思議感がクッションになってますけど、これがいわゆるストーカー的手口だったら完全にサスペンス(又はホラー)だなあ。

しかしこうして人外にまで徹底的にイジられる辺り、高木さんの溢れんばかりの魅力はこの世界の共通認識といえるんじゃないでしょうか。
機会があれば、僕も彼女の日常を盗み見たいもんです。え?高木さんが怖がる?……だがそれがいい(←×

関連:『第七女子会彷徨』(1)感想



・『木造迷宮』/アサミ・マート

疲れているのか、どうにもパッとしないヤイさん。
そんな彼女を伴って温泉への慰安旅行へと赴くサエコさんの優しさと、湯気では隠し切れないセクシーボディが今話の僕的見所です。

で、ストーリーっぽいものの進展もあるので、こちらも気になるところ。ヤイさん達が訪れた温泉のすぐ傍に、かつてヤイさんが幼少時を過ごしたお屋敷、そして大ダンナ様のお墓があるということが判明するんですね。
ヤイさんの過去はこれまで断片的に語られてきてはいるんですが、次の話でもっとハッキリしたことが分かるのかもしれません。2ヶ月後が楽しみだなあ。

関連:『木造迷宮』(2)感想
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
創刊3周年(厳密には+1号みたいですが)ということで、連載作家陣のサイン色紙のプレゼント企画があります。当たりはしないんだろうけど、一応つばなさんの目当てにハガキを送っておこう。



・『ねこむすめ道草日記』/いけ

巻頭カラーです。こうやって色の付いた状態で見ると、黒菜のホットパンツと太股の組み合わせであるとか、ノースリーブの服のためにちらちらと覗く腋がやっぱりエロいな。

先々月から学校の怪談篇ということで、学校を舞台にいつも通りのドタバタコメディが繰り広げられていましたが、それも今号でおしまい。夏・夕立・学校というオイシイ環境の中、オーソドックスなものに加え、学校の怪談らしく都市伝説的なコミカルな妖怪も登場してきて、絵面を見てるだけでなかなか楽しめたエピソードでした。
黒菜の友人であるダイキを巡る、黒菜と千夏の三角関係もどきも、少女2人に友情らしきものが芽生えて一旦収束。黒菜に新しく友達ができて良かった良かった。

単行本3巻は来月発売らしいです。

関連:『ねこむすめ道草日記』(2)感想



・『大正野球娘。』/伊藤伸平(原作:神楽坂淳)

キャッチャー姿の小梅が妙に凛々しいセンターカラー。

今話は、胡蝶がポニョのテーマソングの替え歌らしきものを口ずさみながら硯で墨を磨っているシーンから始まります。彼女が家族に向け、チームメイト達のことを書いた手紙の内容に沿って、だいぶ形になってきた各キャラの練習風景が描かれていくという構成。

原作では触れられていなかった巴の投球練習だとか、鏡子の守備での動きだとかを、きちんと補完しながらも面白おかしく読ませてくれるので、ありがたいことです。
それに加えて女の子同士のかしましい感じもしっかり出ていて、こういったストーリー自体はあまり進展していないエピソードも、結構好きだったり。

関連:『大正野球娘。』(1)感想(2)感想



・『第七女子会彷徨』/つばな

かつての金やんの同級生であり、7年間の冷凍睡眠から目覚めた清水くんが登場。回想(?)シーンでは、彼が眠りに入る時に泣き出してしまう純な金やんの姿が拝めます。妙に飄々としている現在の彼女とはえらい違いだ。

清水くんの抱える、周囲の大きな変化とその状況に付いていけない自分の間にあるギャップに対する戸惑い(このエピソードにおいては、その表徴として首輪だけ残された犬小屋が出てきます。これは応えるだろうなあ)というのは、SF的設定ならではの興味深い悩みですよね。ウラシマ効果的な……
また、そんな状態に置かれる人間というのが現在の生活からは想像しにくい(無理やり考えるなら、植物状態からの復活とかかな)という意味で、読み手である僕らにとってもそこにはギャップがあったりして、それもそれで面白いかもしれません。

さて、そんな清水くんに手を差し伸べるのは勿論金やんの役割です。やっぱり金やんは頼りになるんだよなあ。どんな状況に陥っても何だかんだで落ち着いて物事に対処する姿は、高木さんでなくても縋りたくなるってもんです。
ここでの「困ったことがあったら助けてあげるって言ったでしょ?」と微笑む金やん、そしてそれを受けて彼女は変わっていないと感じる清水くんのやり取りはなかなか微笑ましい。清水くんにとっては「変わっていない」ように思えても、やっぱりビジュアル的にも精神的にもお姉さんな金やんと、返事に子供らしさを残した清水くんの対比がイイんですよね。

そしてオチの1ページには大層笑わせてもらいました。現実は夢がないなあ(笑

関連:『第七女子会彷徨』(1)感想



そういえば、コメディじゃないんで当ブログでは取り上げていない『フルイドラット』が最終話でした。
もう少し色々と、終盤の話を描いてほしかったなあ。「ネズミ女」の都市伝説、そして現実の脅威としての暗躍は続くんであろうことを匂わせるラストはかなり好みな分(更に、ここ最近インフルエンザが流行ってるというのもこう、妙な符合になってて面白いです)、そこに至るまでの淡泊な部分がちょっと物足りなく感じてしまいました。
まあ局地的に見ればハッピーエンドなので、それは救いですかね。最終巻は12月発売だそうです。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
創刊3周年ということで、付録(高野文子手ぬぐい・手塚治虫クリアファイル)あり。そのせいでちょっと高くなってます。



・『メルモちゃん』/福山けいこ(原作:手塚治虫)

恥ずかしながら、実は原作を読んだことがありません。アニメ版をちょっと見たことがあるだけなんですよね……なので、原作とふくやま版の差異とかはほとんど分かりません。
スター・システムによるトビオやロックの出演は、この『メルモちゃん』オリジナルなのかな。多少は見知ったキャラクターが出てくると、何となく嬉しいものですね。

全体的な感想としては、ふくやまけいこさんの描くメルモは可愛らしいなあ、とかその程度のことしか出てこなくてアレなんですが、それぐらいロリッとしたふくやま版メルモは魅力的でしたよ、というお話でした。
そうそう、大きくなった状態のメルモは容姿の関係でお転婆っぷりが増したように見えて、それはそれで良かったです。開口一番「ワダアキコみたくなっちゃった」には笑ってしまった。



・『大正野球娘。』/伊藤伸平(原作:神楽坂淳)

乃枝さんと、朝香中学(晶子の許婚である岩崎の通う中学校)野球部の捕手である北見のランデヴーの様子やら、少し本格的になった野球の練習やら。

原作では、ランデヴー時に乃枝さんの正体が割れてるような描写は(多分)ありませんでしたが、こちらの北見は乃枝さんを手玉に取る程のやり手というような感じに描かれていて、強敵だなあと思わせます。

しかし今号の注目点は北見のキャラ云々よりも、2人の別れ際でしょうか。
コミック版の北見はちょっと不細工気味な顔の作りだったので、原作にあるように2人がイイ仲になれるのかなあ、なんて思ってたんですが……その顔が乃枝さんの好みだったことが発覚するシーンには笑ってしまった。一昔前の少女漫画よろしく、バックに花が散ってたりするのはまだ我慢できるんですが、北見の微妙な不細工っぷりがその背景と不釣り合いで不釣り合いで(笑

それにしても、乃枝さんの好みの男性の「顔」については既に伏線が張ってあったのには驚かされました。しかも割とハッキリと、2度に渡って。この辺りは、原作を上手くアレンジしてあって非常に面白いです。

関連:『大正野球娘。』(1)感想(2)感想



・『第七女子会彷徨』/つばな

今回の話は金やんがメイン。
光子(金やんの家に居候している遊歩探査……まあロボットみたいなもの)が転送を受けた未来道具(作品の舞台自体が近未来なんですが、それよりも更に未来ってことです。何か面白いな)「多元宇宙ボタン」によって、自分が存在しない並行世界へと飛んでしまった金やんが、世界のバランスを保とうとする宇宙のヒズミから逃げつつ、見覚えがあるにも関わらず、金やんの過ごしたそれとは何処かズレている風景を見て回る……といったような、SF色がやや強めなエピソードでした。

並行世界が、金やんの知っている世界とほんの少し、だけど決定的に異なることを感じさせたのが、高木さんの存在。並行世界にも高木さんはいるんですが、彼女と友達選定でペアになっているのは金やんでない女の子なんですね。だから金やんのことを知らない高木さんは、その名前すら明らかにされない女の子と一緒に行動している。
決して珍しい話の作りではないんだけれど、普段の金やん・高木さんコンビを生温かく見守っている(気分になっている)僕には、何ともいえない気持ち悪さを感じさせました。

それでも2人は感覚的に惹かれ合うんですよね。並行世界の高木さんが金やんに向けた「よくわかんないけど私 あなたのこと好きかもしれないな」という台詞は、どんな形で出会ったとしても2人の仲は上手くいく! みたいなことを僕に確信させてくれたわけです。ここの金やんの嬉しそうな顔がまた、たまらなく可愛いんですよねー。

関連:『第七女子会彷徨』(1)感想



・とりから往復書簡/とり・みき&唐沢なおき

ネット上ではちょっとしたニュースになってたんで、"からまんブログ"(唐沢なをきさんのブログ)をご覧になってる方は勿論、そうでない方もご存知であろう『マンガノゲンバ』の件(詳細はこちら、その後の顛末なんかはこちら)について、唐沢なをきさんが触れてらっしゃいます。

僕もたまに見てる番組だったんで、どれもこれもヤラセだったらヤだなあだとか、漫画家さんも大変だよなあとか、その程度の感想しかないんですけども、一応取り上げてみました。もしかしたら知らない方もいるかもしれませんし……こんな場末のブログをわざわざ見にくるような方なら、そんなことはないと思いますが。
漫画関連のことを映像で目にすることができる機会ってそんなにないんで、今後は問題なく収録、放送されるといいですね。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
COMICリュウをちびちび購読してるんで、メモ書き程度に何か書いておこうと思い立ちました。こうして記録しておくことで、どの号にどんなカラーページが載ってたかをパッと思い出せるという寸法です。



・『大正野球娘。』/伊藤伸平(原作:神楽坂淳)

表紙を飾っております。浴衣姿が涼しげ。髪をアップにしてる乃枝さんが可愛いなあ。
巻頭カラーページでは、アニメ声優陣への短いインタビューを交えた特集らしきものもあるので、アニメ版ファンの方は書店で手に取ってみてはいかが。

現実世界の季節に合わせて、今月号は大礒の海水浴場にて納涼……ではなく、足腰の鍛錬。砂浜で運動することで、高い効果を得られるってヤツですね。鉄腕男子2号も登場したりして、乃枝さんのマッドサイエンティストぶりがまたも発揮される回でした。

読者サービスの演出担当は乃枝さん。読み手に向かって「(水着になる必要があるの? なんて聞かれて)っつかあるイミ絶対必要といえるのよ でしょ?」なんて口走っちゃいます。乃枝さん、(一部の)読者の心理が分かってるなあ。
メンバーの水着姿を下から覗くような感じに描かれているカットもあったりして、伊藤伸平さんの絵が好きな人間にはなかなかなサービス回だったんじゃないでしょうか。僕はかなり満足です。

関連:『大正野球娘。』(1)感想(2)感想



・『第七女子会彷徨』/つばな

今月から毎月連載ということで、巻中カラー。

衣替えの日、いつも乗るはずのバスがストライキだとかで来ない。そこで、各々の通勤先などへと向かう人達に付いて歩く内に、何故かアメリカンドッグ移動販売の行列に並んでいる金やん。そんなシーンから話が始まります。
それからもストライキは終わらず、高木さんも交えて、アメリカンドッグを頬張りながらの登下校を楽しむようになる金やんですが……
走っていないはずのバスは、2人のすぐ傍で普段通りに運転しているのです。

衣替えという、ほんの小さな変化と共に訪れたアメリカンドッグ屋という非日常が、日常をいつの間にか浸食していく様子は、少しホラーチックでもあります。取り留めのない日々の生活は、確かなように見えてその実は危うい。そんなことを思わせるエピソードでした。衒った演出もなく淡々と描かれているのが、尚更そんな気持ちに拍車をかけます。

ラストでは、学校が死人の生徒を受け入れることの発表があったり、新キャラらしき男子生徒が現れたりと、次の話からの激動(って程でもないか)を感じさせる感じ。楽しみだなあ。

関連:『第七女子会彷徨』(1)感想
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
・『大正野球娘。』/伊藤伸平(原作:神楽坂淳)

今号は、約20ページに渡って2つの男子野球部(小梅に惚れている高原が通う中学校と、晶子の許婚である岩崎の通う中学校のそれ)の練習風景なんかが描かれていて、女子分は非常に少なめです。寂しい。

そんな中、岩崎の所属する野球部の人間と、レストランらしき場所(原作では資生堂になってます)でランデヴーする乃枝さんは可愛かった。ちょっと髪にパーマがかかった感じで、とっても綺麗。
コミック版の乃絵さんは普段、長い黒髪をそのままにしています。なので、前回、今回と三つ編みお下げで登場してたので、はて? と思ってたんですが、髪に癖を付けるために敢えてそうしてたみたいです。なるほどなるほど。それにしても今号の乃枝さんはとっても推せるな。

関連:『大正野球娘。』(1)感想(2)感想



・『第七女子会彷徨』/つばな

前号では、学校が死人の生徒を受け入れることを発表していました。そうなってくるとやっぱり、単行本1巻にてお亡くなりになっている坪井さんが再登場するわけです。今のところ、他に「死人」はいませんしね。

さて、そんな坪井さんが(もしかしたら生前よりも)ハイテンション気味に隣の席に座る飯島くん(前号ラストで意味ありげに登場した男子生徒)に話しかけてみると、何とリモコンで声量を調節されてしまいます。飯島くんが何故そんな道具を持っているかは割愛。
ここで僕が感じたのは、「ああ、やっぱり死人はデータとして管理されてる身なんだなあ、自由じゃないんだよなあ」ということ。最初の数ページでは、坪井さんのタレ目や八重歯が可愛かったり何だりで、彼女と他の生徒との差異を忘れてしまいそうになりましたが。しかしそんな状態にあっても、やたら脳天気な坪井さんは凄い子だ。言動を見てる限り、努めて明るく振る舞ってるというわけでもなさそうなので、自らの死についてはとりあえず吹っ切れたんでしょう。単にアホなだけかもしれないけど。

関連:『第七女子会彷徨』(1)感想



・『晴晴劇場』/山坂健

今号より第二部開始。

今号で何となく印象に残ったのが、つかさが紗苗に言った「お前いっつも敬語だよな」という台詞。
別に年齢がそんなに離れてるわけでもないのに、敬語を使ってしまう相手ってのは確かにいるんですよね。別に仲が良くないとかそういうんでもなく……何なんだろう、アレ。柱にある「敬語が身についてる人は、それが実は楽なのです。」ってのは、当たり前のことではあるんだけれど、そう言われればそうかもしれないなー、という程度には納得です。



・来月号の話

ふくやまけいこさんが『ふしぎなメルモ』をリメイク、だそうです。メルモといえば、たまたまアニメを見てたら大人に変身するシーンが妙にエロくて、ちょっと興奮したような思い出があります。ふくやまけいこさんだったら、えちぃ大人状態よりも可愛らしい子供状態のメルモをたくさん描いてくれた方が個人的には嬉しいなあ。何にしろ、楽しみです。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。